岩田剛典が本麒麟イベントに登壇。30代の抱負は趣味を持つこと

「おいしいもの好き」な3人が集合

2019年2月22日、都内でキリンビールの「本麒麟」完成披露会が開催され、ゲストとして岩田剛典(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE、EXILE)、小嶋陽菜、土田晃之が登場。今年1月中旬製造品よりリニューアルされた「本麒麟」を手に、乾杯と試飲を行なった。

左から:小嶋陽菜、土田晃之、岩田剛典

いわゆる新ジャンルの商品となる「本麒麟」は、「ビールに近い卓越したうまさと品質」がウリのアルコール飲料。「おいしいもの好き」という共通点で紹介されたゲストの3人は、新しくなった「本麒麟」に期待することを問われ、「飲み飽きないことが重要」(小嶋)、「いつも気にしているのはコクがあるか」(岩田)などと回答。土田は「作っている人たちのこだわりが、うまさにつながる」と、うんちく好きならではの意見を述べていた。

岩田が「ハンパじゃない……」と驚く、「味の番人」が語るこだわり

このゲストたちの期待に対して、キリンビール株式会社のマスターブリュワーである田山智広が解説。マスターブリュワーとは、「味の番人」とも言われる商品の味を決める責任者で、登場するなり土田から「こだわりハンパなさそう」と言われた田山だったが、その第一印象を体現するかのように「本麒麟」へのこだわりを語り始める。

キリンビール株式会社のマスターブリュワー田山智広

田山によると、「本麒麟」の味の秘訣は「新ジャンルの技術にビールの技術を組み合わせたおいしさ」。新ジャンルはビールと比べて麦芽使用量に制限があるため、コクを与えにくい一方で、スッキリ飲めることが特徴となっている。しかし「本麒麟」では、このコク不足を解消するため、キリンビールが100年以上培ってきたホップによってコクを与える技術を駆使して作られているそうだ。

さらに田山はホップへのこだわりを続ける。「本麒麟」に使用しているドイツ産のホップは、まず最初に苦味を感じるが、すぐに苦味は引き、喉を通るときに冷涼感が生まれ、香りの余韻が残る。この構造が「また飲みたい」と思わせるそうだ。新しくなった「本麒麟」では、このホップを増量させることで、さらに力強いコクを実現している。

岩田も「こだわりがハンパじゃない……」と驚きの表情を浮かべたところで、いよいよ試飲タイム。

「新しい本麒麟、完成。カンパーイ!」と唱和し、テイスティング

小嶋:田山さんの説明でかなり期待値が上がっていたんですけど、それを超えるうまさでした!

岩田:本当にスッキリしているんですけど、しっかりコクがあって、飲み終わったあとにずっと香りが残る。想像以上にうまくてビックリしてます!

土田:田山さんからこだわりを聞いたあとなので、さらにうまく感じますよね。いろいろ考え抜かれて作られたんだなと伝わってきます。

その後、Twitterで約310万人、Instagramで約240万人のフォロワーを持つ小嶋は、司会者から「本麒麟のおいしさ、何いいね! くらいもらえますか?」という無茶振りに、「100万いいね! もらえると思います(笑)」と答えて完成披露会はお開きに。

岩田が30歳の目標を語る。「映画を100本見るとか」

最後には岩田の囲み取材も行なわれた。最近は朝まで飲むことは減り、家飲みが多くなったそうだが、「本麒麟」を飲みたいシーンとしては、「後輩も増えてきたので、家に呼んで本麒麟で乾杯してもいいかな」と語った岩田。

思わずほしくなったおつまみには「餃子」を挙げ、一緒に飲みたい後輩は「パッと思いつかないですけど」と前置きしつつ、GENERATIONSの片寄涼太とは飲みに行く約束をしていることを明かしていた。

また、3月6日に30歳を迎えることに対しての質問には、「自然体で過ごしていけたら、きっと充実した30代になる気がします」と、あえて気負わない姿勢で臨むことを表明。「今は趣味と言える趣味がないので、何か人生の趣味を見つけたい」と目標を話し、例として「映画鑑賞が大好きなので、ちゃんと趣味と言えるレベルまで、たとえば年間で100本以上目指して見るとか」と言及したものの、「最近は時間にあまり余裕がないかもしれないです」と売れっ子ならではの悩みを吐露していた。

リリース情報
本麒麟(ほんきりん)

発売地域:全国
リニューアル発売日:2019年1月中旬製造品より順次切り替え
容量 / 容器:350ml缶、500ml缶
価格:オープン価格
アルコール分:6%
酒税法上の区分:リキュール(発泡性)①
販売予定数:約1,380万ケース(175,000KL)※大びん換算

プロフィール
岩田剛典 (いわた たかのり)

1989年生まれ、愛知県名古屋市出身。三代目J Soul Brothers、EXILEのメンバー。

小嶋陽菜 (こじま はるな)

1988年4月19日生まれ、埼玉県出身。O型。アイドルグループ・AKB48の元メンバーで、第1期生。愛称は“こじはる”。2017年4月にAKB48を卒業。

土田晃之 (つちだ てるゆき)

お笑い芸人。1972年9月1日生まれ、埼玉県出身。AB型。1991年にお笑いコンビ・U-turnを結成。後にU-turnが解散し、ピン芸人へと転向。アニメ、家電、サッカーなどに造詣が深く、数多くのバラエティ番組で活躍している。



フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Life&Society
  • 岩田剛典が本麒麟イベントに登壇。30代の抱負は趣味を持つこと

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて