キモチ悪くも、圧倒的に美しい「現金顕微鏡」のミクロな世界

100円玉硬貨を電子顕微鏡で見てみたら……

ジャパンネット銀行が展開するキャンペーンウェブサイト「現金顕微鏡」がおもしろいことになっている。アクセスすると真っ暗な背景に表示されるのは大きな「100円玉」硬貨。10か所ほどクリックを誘導するポイントが表示されるので、それに従ってクリックしてみると、視点は100円玉にズームアップし、なにやら薄気味悪い写真をたくさん見ることができる。

「現金顕微鏡」ウェブサイト
「現金顕微鏡」ウェブサイト

魚のうろこ
魚のうろこ

しょうゆ
しょうゆ

電子顕微鏡を使って高精度撮影されたという、それらの写真のキャプションには、「魚のうろこ」「しょうゆ」「蝶の羽」「花粉」「ビール」「珈琲」「海水」「砂」「コスメ」「涙」などとある。ミクロな世界をじっくり見る機会も少ないので、スライドショーを展開させつつ、下にスクロールできそうな矢印をクリックしてみたところ、そこにはJNB Visaデビットカードの写真とキャッチコピーが。

「お金は天下の回りもの。カードはあなただけのもの。」

なるほど。お金はみんなが使うものだから、いろんな付着物があって汚い。だから自分だけのデビットカードを使いましょう、ということのようだ。

花粉
花粉

ビール
ビール

お金は天下の回りもの、だから付着物がいっぱい

たしかに「お金」は汚いものだと聞かされてきたし、その「付着物」を電子顕微鏡で拡大し、そこから想像を広げてしまうのは少し「気持ち悪い」ことでもある。しかし一方で、編み目の構造をした「海水(プランクトン)」や「珈琲(カフェインの結晶)」、重なり合った「蝶の羽」など、「美しい」ビジュアルも、100円玉の上にたくさん展開されているのが興味深い。

蝶の羽 
蝶の羽

海水(プランクトン)
海水(プランクトン)

珈琲
珈琲

さらに、それらのビジュアルに重ねて表示されるキャプションには、「このお金は、何度、南の島を旅したのだろう。」(砂)、「そのお金は何人もの女性を見てきた。」(コスメ)など、人から人へと渡り歩いてきた「お金」と「付着物」に、夢やロマンを馳せさせるような物語が。つまり「貨幣」に対して「不衛生」という斬新な視点から突っ込みを入れたデビットカードの挑戦は、一方で「不衛生な貨幣」に隠された「美」の魅力をも明らかにしているのだ。

コスメ
コスメ

涙

今回のキャンペーン関係者に話を聞いてみたところ、企画ではこの10案のビジュアル以外にも、現金に付着するさまざまなモノの可能性が挙げられたそうで、今後は最先端の電子顕微鏡を使った3Dでの撮影も試したいとのこと。この少し気持ち悪くもあり、美しいウェブサイトを眺めながら、「お金」のあり方について少し考えてみるのはいかがだろうか。今後の展開も楽しみだ。

キャンペーン情報


フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Art,Design
  • キモチ悪くも、圧倒的に美しい「現金顕微鏡」のミクロな世界

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて