コラム

ピクサーCOOのジョン・ラセターが不適切な行為 半年間休職に

ピクサーCOOのジョン・ラセターが不適切な行為 半年間休職に

テキスト
後藤美波(CINRA.NET編集部)

ハグやキスをすることで有名だったジョン・ラセター

トイ・ストーリー』『カーズ』 などの作品を監督し、『アナと雪の女王』 をはじめとする数々のアニメーション作品で製作総指揮を務めたジョン・ラセターが、セクハラの発覚によって6か月間休職することがわかった。

ジョン・ラセター
ジョン・ラセター By Eric Charbonneau (From the photographer, Eric Charbonneau) [CC BY-SA 3.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)], via Wikimedia Commons

ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオおよびピクサー・アニメーション・スタジオのチーフクリエイティブオフィサー(COO)であるジョン・ラセター。アメリカの映画メディア『ハリウッド・レポーター』によると、ラセターは従業員や業界の人々を「ハグ」することで有名で、さらには身体を掴んだり、キスしたり、人の身体について何か言ったりすることで知られていたという。

報道を受けてラセターは従業員に向けて声明を発表。自らの行為を「過ち」だと認め、「皆さんを失望させたことを深くお詫びします。特に望まないハグや、いかなる形であれ一線を超えた行為を受けた人々に謝罪したい」と綴った。

ディズニーはラセターの声明を「率直で誠意がこもった謝罪」だとし、彼の休職を支持するとコメントしている。

ラセターの行為を告発する証言が次々と

ディズニーやピクサーの関係者などがラセターの評判を語った『ハリウッド・レポーター』の記事には、数々の生々しい証言が掲載されている。

「ピクサーの女性たちは、ラセターに会ったらキスを避けるために、素早く顔を動かすようになっていた」「ラセターが足に手を乗っけてこないように『the Lasseter』と呼ばれる動きを使っている人もいた」「2人の女性の間に立ったラセターの写真が不自然にトリミングされていたので、同僚に聞いたら『そうせざるを得なかったんだ。どこに彼の手があったと思う?』という返事が返ってきた」。ラセターの行為は1度の過ちなどではなく、常態化していたことがうかがえる。

『トイ・ストーリー4』脚本家が降板「女性や非白人に平等な機会を与えていない」

2019年公開予定の『トイ・ストーリー4』の脚本家に起用されていた女優のラシダ・ジョーンズとウィル・マコーマック(映画『セレステ∞ジェシー』の脚本家コンビ)は降板を発表。

当初はラセターのセクハラ問題が原因とされていたが、ラシダ・ジョーンズはこれを否定し、降板の理由は「クリエイティブな面での、そしてより重要な部分ですが価値観の違い」と『ニューヨーク・タイムズ』に寄せた声明で明かしている。

さらにジョーンズはピクサーが女性や非白人に平等な活躍の機会を与えていないことを指摘し、ピクサーにより多様性に富んだ、そしてより多くの女性の作家やリーダーを支え、雇用を促進することを求めた。

『アナ雪』続編や『Mr.インクレディブル』続編など公開予定作はどうなる?

ジョン・ラセターは『トイ・ストーリー』『トイ・ストーリー2』『カーズ』『バグズ・ライフ』で監督を務め、『モンスターズ・インク』『ファインディング・ニモ』『Mr.インクレディブル』『アナと雪の女王』『ベイマックス』『ズートピア』『モアナと伝説の海』などの作品に製作総指揮として関わってきた。

ジョン・ラセターを追ったドキュメンタリー

さらに本日11月22日から全米公開される『COCO』(日本では『リメンバー・ミー』の邦題で3月公開)や、来年本国で公開の『Mr.インクレディブル』の続編、2019年公開予定の『アナと雪の女王』の続編、『トイ・ストーリー4』といった作品が控えている。

『Mr.インクレディブル』の続編『Incredibles 2(原題)』のティザートレーラーは先日公開されたばかり

ハリウッドのプロデューサーであるハーヴェイ・ワインスタインへのセクハラ告発に端を発し、相次ぐ映画人による性的嫌がらせ行為の発覚。「作品と作り手は別物」という議論もしばしばなされるが、子どもに夢を与える数々の作品を送り出してきたクリエイターの行為はそう簡単に看過できるものではないはずだ。

Page 1

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 1

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは

  2. あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催 2

    あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催

  3. 曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか? 3

    曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか?

  4. 山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開 4

    山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開

  5. 『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施 5

    『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施

  6. 星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM 6

    星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM

  7. のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開 7

    のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開

  8. 表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活 8

    表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活

  9. シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔 9

    シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔

  10. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 10

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される