コラム

ピクサーCOOのジョン・ラセターが不適切な行為 半年間休職に

ピクサーCOOのジョン・ラセターが不適切な行為 半年間休職に

テキスト
後藤美波(CINRA.NET編集部)

ハグやキスをすることで有名だったジョン・ラセター

トイ・ストーリー』『カーズ』 などの作品を監督し、『アナと雪の女王』 をはじめとする数々のアニメーション作品で製作総指揮を務めたジョン・ラセターが、セクハラの発覚によって6か月間休職することがわかった。

ジョン・ラセター
ジョン・ラセター By Eric Charbonneau (From the photographer, Eric Charbonneau) [CC BY-SA 3.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)], via Wikimedia Commons

ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオおよびピクサー・アニメーション・スタジオのチーフクリエイティブオフィサー(COO)であるジョン・ラセター。アメリカの映画メディア『ハリウッド・レポーター』によると、ラセターは従業員や業界の人々を「ハグ」することで有名で、さらには身体を掴んだり、キスしたり、人の身体について何か言ったりすることで知られていたという。

報道を受けてラセターは従業員に向けて声明を発表。自らの行為を「過ち」だと認め、「皆さんを失望させたことを深くお詫びします。特に望まないハグや、いかなる形であれ一線を超えた行為を受けた人々に謝罪したい」と綴った。

ディズニーはラセターの声明を「率直で誠意がこもった謝罪」だとし、彼の休職を支持するとコメントしている。

ラセターの行為を告発する証言が次々と

ディズニーやピクサーの関係者などがラセターの評判を語った『ハリウッド・レポーター』の記事には、数々の生々しい証言が掲載されている。

「ピクサーの女性たちは、ラセターに会ったらキスを避けるために、素早く顔を動かすようになっていた」「ラセターが足に手を乗っけてこないように『the Lasseter』と呼ばれる動きを使っている人もいた」「2人の女性の間に立ったラセターの写真が不自然にトリミングされていたので、同僚に聞いたら『そうせざるを得なかったんだ。どこに彼の手があったと思う?』という返事が返ってきた」。ラセターの行為は1度の過ちなどではなく、常態化していたことがうかがえる。

『トイ・ストーリー4』脚本家が降板「女性や非白人に平等な機会を与えていない」

2019年公開予定の『トイ・ストーリー4』の脚本家に起用されていた女優のラシダ・ジョーンズとウィル・マコーマック(映画『セレステ∞ジェシー』の脚本家コンビ)は降板を発表。

当初はラセターのセクハラ問題が原因とされていたが、ラシダ・ジョーンズはこれを否定し、降板の理由は「クリエイティブな面での、そしてより重要な部分ですが価値観の違い」と『ニューヨーク・タイムズ』に寄せた声明で明かしている。

さらにジョーンズはピクサーが女性や非白人に平等な活躍の機会を与えていないことを指摘し、ピクサーにより多様性に富んだ、そしてより多くの女性の作家やリーダーを支え、雇用を促進することを求めた。

『アナ雪』続編や『Mr.インクレディブル』続編など公開予定作はどうなる?

ジョン・ラセターは『トイ・ストーリー』『トイ・ストーリー2』『カーズ』『バグズ・ライフ』で監督を務め、『モンスターズ・インク』『ファインディング・ニモ』『Mr.インクレディブル』『アナと雪の女王』『ベイマックス』『ズートピア』『モアナと伝説の海』などの作品に製作総指揮として関わってきた。

ジョン・ラセターを追ったドキュメンタリー

さらに本日11月22日から全米公開される『COCO』(日本では『リメンバー・ミー』の邦題で3月公開)や、来年本国で公開の『Mr.インクレディブル』の続編、2019年公開予定の『アナと雪の女王』の続編、『トイ・ストーリー4』といった作品が控えている。

『Mr.インクレディブル』の続編『Incredibles 2(原題)』のティザートレーラーは先日公開されたばかり

ハリウッドのプロデューサーであるハーヴェイ・ワインスタインへのセクハラ告発に端を発し、相次ぐ映画人による性的嫌がらせ行為の発覚。「作品と作り手は別物」という議論もしばしばなされるが、子どもに夢を与える数々の作品を送り出してきたクリエイターの行為はそう簡単に看過できるものではないはずだ。

Page 1

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント 1

    映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント

  2. 『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」 2

    『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」

  3. 綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」 3

    綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」

  4. 橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」 4

    橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」

  5. 剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開 5

    剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開

  6. スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信 6

    スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信

  7. 『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開 7

    『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開

  8. シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ 8

    シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ

  9. 菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感 9

    菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感

  10. 折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い 10

    折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い