特集 PR

最新弾き語りアルバムに見る、矢野顕子のオンリーワンの魅力

最新弾き語りアルバムに見る、矢野顕子のオンリーワンの魅力

矢野顕子『Soft Landing』
テキスト
柴那典
編集:久野剛士、矢島由佳子

オンリーワンな演奏の真価がわかる、ピアノの弾き語り

矢野:弾き語りっていうのは、私の中ではいつでもできるものですし、そこで自分の全てが出る、そういうプラットフォームのようなものです。世界中どこに行っても、電気がなくてもできるということもとても大切なことですね。そして、あくまでも全責任は自分にある。

矢野顕子は、自身のライフワークでもあるピアノ弾き語りについて、こう語っていた。2017年11月29日リリースのニューアルバム『Soft Landing』は、約7年ぶり5作目となる弾き語りアルバム。筆者は初回限定盤に付属する76ページの特製ブックレット内でのインタビューを担当した。アルバムについて語り下ろしてもらった取材から改めて見えたのは、さまざまな音楽活動を繰り広げてきた彼女の中でも、ピアノ弾き語りが最も「純度が高い」音楽表現であるということだった。

2016年にデビュー40周年を迎えた矢野顕子。これまでも多くのスタイルで活動してきた彼女は、近年も旺盛なコラボレーションや共作を繰り広げている。『飛ばしていくよ』(2014年)と『Welcome to Jupiter』(2015年)という2枚のアルバムは、AZUMA HITOMIやsasakure.UK、Seiho、tofubeatsなど若い世代のトラックメイカーを起用した意欲作だった。

2017年には矢野顕子×上原ひろみ名義で共演アルバム『ラーメンな女たち - LIVE IN TOKYO - 』をリリースし、ツアーを展開。こうしたコラボレーションから伝わってくるのは、多彩な世代やジャンルのアーティストとも自在に息を合わせる矢野顕子の柔軟さと言えるだろう。

一方で、彼女自身が「全責任は自分にある」と言う通り、ピアノ弾き語りに関してはどんな曲も矢野顕子の色に染めてしまう。ロックでもジャズでもクラシックでもない、彼女だけが持つ間合いと呼吸が息づく演奏。歌い始めた瞬間に空気を変えるようなオンリーワンの表現だ。

レコーディングも独特で、ドキュメントのように進められる。ピアノ弾き語り第一作の『SUPER FOLK SONG』(1992年)は、特に緊迫感が漂う真剣勝負の色合いが強く、その張り詰めたムードは録音工程を記録したドキュメンタリー映画『SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女。~』に色濃く刻み込まれている。

映画『SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女。~』で、矢野顕子が“SUPER FOLK SONG”を演奏するシーン

その『SUPER FOLK SONG』から過去全てのピアノ弾き語りシリーズの録音とミックスを手掛けてきた名エンジニアの吉野金次が、今回は監修を担当。彼の提案によって、これまでのスタインウェイではなくベヒシュタインのグランドピアノを弾いているのも本作のポイントと言える。録音は、2017年5月に神奈川県立相模湖交流センターにて行われた。広いホールにグランドピアノと機材を持ち込み音の響きを捉えながら録音を進めていく様子は、初回限定盤付属のDVDにも収録されている。

矢野顕子『Soft Landing』ジャケット
矢野顕子『Soft Landing』ジャケット(購入はこちら

歌における言葉へのこだわり。カバーの選曲も歌詞が基準

『Soft Landing』には、フジファブリック“Bye Bye”やYUKI“汽車に乗って”など本人の選曲によるカバー曲が6曲、オリジナル曲が7曲の全13曲が収録されている。まず注目は、前述したように、どんな曲でも自分のものにしてしまうカバーだろう。矢野顕子は、自身が「歌いたい」と思う曲をどう選んでいるのか。そのポイントは歌詞にあるらしい。

矢野:最初に、何か引っかかるものがあるっていうことですね。そこから『これはどういう曲かな?』と思って、まず歌詞をチェックします。そして歌詞のなかで私の考えとは違うものや、私の口からはこういう言葉は出ないなというものがある場合は、その曲は却下することになりますね。

また、YUKIと矢野顕子は2017年のイベント『ふたりでジャンボリー』でも共演を果たしている。そのときに得た手応えも大きかったようだ。

矢野:YUKIさんと一緒にやるのは、本当に楽しいですね。一緒にやることによって、彼女の中の秘められたいろんな素晴らしい点を私が発見していく。そういうことが数々ありました。

アルバムには奥田民生やYO-KING(真心ブラザーズ)らによるバンドO.P.KINGの“OVER”のカバーも収録。この曲を選んだ理由もYO-KINGが書いた歌詞の言葉にあった。

矢野:やはり、詩の素晴らしさにつきますね。私は倉持(陽一)くん(YO-KING)のファンなので。ファンではありますけど、私にも歌える彼の歌って、少ないんですね。その中の貴重な一曲です。私だけではなく多くの人々が心に触れるものだと思います。

一方、オリジナル曲の中での注目は、代表曲“SUPER FOLK SONG”の続編的ナンバー“SUPER FOLK SONG RETURNED”だろう。

この曲は昨年開催したライブイベント『ふたりでジャンボリー~糸井が書いて矢野が歌う1101曲(の予定)~』でも披露された一曲。アルバムには“野球が好きだ”“夕焼けのなかに”と、糸井重里とのタッグによる新曲3曲が収録されている。矢野顕子はこんな風にイベントと制作を振り返っていた。

矢野:いつかは糸井さんとの集大成をやりたいなと思っていたので、とても良かったですね。この二人でとにかく沢山の曲を作って、いろんなプロジェクトをやってきたわけですが、ほとんどの方はその全容がわからない。まあ、私たちも全部はわかってるわけじゃなかったですし(笑)。とても楽しかったです。それだけではなく、彼とは生涯の制作のパートナーなわけですから。なので、新しい曲も作りたいと思って。

アルバムにはNHKドラマ『ブランケット・キャッツ』のために書き下ろされた表題曲“Soft Landing”など、彼女自身が作詞を手掛けた楽曲も収録されている。「ドラマの持つ優しい感じに寄り添うものを書いたつもりです」という“Soft Landing”は、彼女の趣味の領域でもある宇宙関連の用語からとられたもの。カバーを選曲する際にも、歌詞を重視すると語っていた。谷川俊太郎の詩に曲をつけた“引っ越し”も含めて、それぞれの曲が持つ言葉の響きも見逃せない。

世代も、ジャンルも超え、どんなアーティストとも通じ合うことのできる音楽家、矢野顕子。「天性の才能」という言葉で表現してしまうのは安易に過ぎるかもしれないが、アルバムを聴けば、その核にあるものがしっかりと伝わってくるにちがいない。

Page 1

リリース情報

矢野顕子『Soft Landing』初回限定盤
矢野顕子
『Soft Landing』初回限定盤(CD+DVD)

2017年11月29日(水)発売
価格:6,480円(税込)
VIZL-1280

[CD]
1. Bye Bye
2. 野球が好きだ
3. Full Moon Tomorrow
4. 汽車に乗って
5. 引っ越し
6. かくれんぼの村
7. OVER
8. Drivin', Cryin', Missin' You
9. Soft Landing
10. Wives and Lovers
11. 六本木で会いましょう
12. 夕焼けのなかに
13. SUPER FOLK SONG RETURNED
[DVD]
1. the Making of Soft Landing
2. Piano Solo Live Rarities
3. Soft Landing Music Videos
※ブックレット付属

矢野顕子『Soft Landing』通常盤
矢野顕子
『Soft Landing』通常盤(CD)

2017年11月29日(水)発売
価格:3,240円(税込)
VICL-64817

1. Bye Bye
2. 野球が好きだ
3. Full Moon Tomorrow
4. 汽車に乗って
5. 引っ越し
6. かくれんぼの村
7. OVER
8. Drivin', Cryin', Missin' You
9. Soft Landing
10. Wives and Lovers
11. 六本木で会いましょう
12. 夕焼けのなかに
13. SUPER FOLK SONG RETURNED

イベント情報

TOKYO MIDTOWN presents矢野顕子 Album
『Soft Landing』Special Events

2017年11月30日(木)
会場:東京都 六本木 東京ミッドタウン
料金:無料

『さとがえる / ひきがたるツアー』

2017年12月7日(木)
会場:神奈川県 湘南台文化センター 市民シアター

2017年12月9日(土)
会場:福島県 郡山市民文化センター 中ホール

2017年12月10日(日)
会場:東京都 NHKホール

2017年12月12日(火)
会場:愛知県 三井住友海上しらかわホール

2017年12月15日(金)
会場:大阪府 サンケイホールブリーゼ

2017年12月17日(日)
会場:石川県 北國新聞赤羽ホール

プロフィール

矢野顕子
矢野顕子(やの あきこ)

1976年、アルバム『JAPANESE GIRL』でソロデビュー。以来、YMOとの共演や様々なセッション、レコーディングに参加するなど、活動は多岐に渡る。rei harakamiとの「yanokami」、森山良子とのやもりをはじめ、上妻宏光、石川さゆり、上原ひろみ、YUKIなど、様々なジャンルのアーティストとの共演も多い。近年の活動では、2015年、Seiho、tofubeatsなどのトラックメーカーを迎えアルバム『Welcome to Jupiter』をリリース。同年、20周年を迎えた「さとがえるコンサート」では、TIN PANと共演し、そのライヴをおさめた『矢野顕子+ TIN PAN PART II さとがえるコンサート』、スタジオ・ライヴ映像作品『Two Jupiters』を2作同時リリース。2016年、ソロデビュー40周年を迎え、所属レーベル・事務所の垣根を越えたALL TIME BEST ALBUM『矢野山脈』をリリース。2017年4月には、上原ひろみとLIVEアルバム『ラーメンな女たち-LIVE IN TOKYO-』をリリースし、全国にて白熱のピアノセッションを繰り広げた。6月、NHK総合 ドラマ10「ブランケット・キャッツ」の主題歌に新曲『Soft Landing』が起用され、同楽曲の配信限定リリースがスタート。

関連チケット情報

2018年8月1日(水)〜8月2日(木)
フジオロックフェスティバル 2018
会場:恵比寿ザ・ガーデンホール(東京都)
2018年8月4日(土)〜8月5日(日)
葉加瀬太郎 サマーフェス’18
会場:葛西臨海公園 汐風の広場(東京都)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

中村佳穂『SING US “忘れっぽい天使 / そのいのち”』(live ver.)

古来、歌というものは、すなわち「祈り」だった。中村佳穂というシンガーの歌を聴いて思うのはそんなこと。リリース前の音源を事前配布し、来場者と歌うという試み自体もすごいが、各々の歌う声が重なることにより生まれるエネルギーの躍動はもっとすごい。私たちは、ディスプレイを前にそんな音楽の奇跡を目の当たりさせられる。(山元)

  1. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 1

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  2. 徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦 2

    徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦

  3. 小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真 3

    小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真

  4. 欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編 4

    欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編

  5. King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内 5

    King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内

  6. サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため 6

    サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため

  7. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 7

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  8. Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付 8

    Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付

  9. チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て 9

    チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て

  10. ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く 10

    ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く