特集 PR

葛飾北斎『諸国瀧廻り』 200年前に魅せたインスタ映え表現

葛飾北斎『諸国瀧廻り』 200年前に魅せたインスタ映え表現

『変幻自在! 北斎のウォーターワールド』
インタビュー・テキスト
山瀬まゆみ
撮影・編集:木村直大

いつの時代もアーティストを魅了してきた水と先駆者北斎

横尾忠則は『滝狂―横尾忠則Collection中毒』(1996年刊、新潮社)という本を出版し、自身が収集した滝のポストカード13000枚を披露した。金沢21世紀美術館の常設作品でも名前が知られる、現代美術作家オラファー・エリアソンは約17億円という莫大なお金をかけてニューヨークに人工的な滝の作品を作り上げた。なぜ滝はここまで人を魅了することができるのだろう。そもそも滝に限らず、水そのものが魅力の根源なのだろうか。

そんな謎を解くキーパーソンが日本を代表するアーティスト、葛飾北斎(1760-1849年)だ。北斎と聞いたときに多くの人がまず思い浮かべるであろう、あの大きな波の作品。

葛飾北斎『冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏』すみだ北斎美術館蔵(後期は掲載とは異なる同タイトル作品を展示)
葛飾北斎『冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏』すみだ北斎美術館蔵(後期は掲載とは異なる同タイトル作品を展示)

これはグレートウェーブの愛称で海外からも多くの支持を集める、有名な『冨嶽三十六景』シリーズのうちの1つだが、北斎の代表的な作品の多くにはあらゆる形態の水が登場する。波、滝、そして川や海。まさに、北斎は水のすべてに魅了されたアーティストの先駆者なのだ。

葛飾北斎『冨嶽三十六景 東海道金谷ノ不二』すみだ北斎美術館蔵(後期展示)
葛飾北斎『冨嶽三十六景 東海道金谷ノ不二』すみだ北斎美術館蔵(後期展示)

葛飾北斎『雪月花  隅田』すみだ北斎美術館蔵(前期展示)
葛飾北斎『雪月花 隅田』すみだ北斎美術館蔵(前期展示)

そんな北斎と水の関係にフォーカスを当てたのが、すみだ北斎美術館で開催中の『変幻自在! 北斎のウォーターワールド』展である。北斎が水を多く描いた背景について、展示企画を担当した学芸員の山際真穂に話を聞いた。

山際:北斎はその生涯のほとんどを、すみだの地で過ごしており、作品の中でも隅田川が多く登場しています。北斎が水をテーマにした優れた作品をたくさん残した背景には、常に水を眺めて、その表情を観察していた日常の暮らしがあったのではと想像できます。

山際真穂(すみだ北斎美術館学芸員) / 衣装提供:UNITED TOKYO
山際真穂(すみだ北斎美術館学芸員) / 衣装提供:UNITED TOKYO

ジャポニスムの象徴、北斎も西洋絵画からの影響を受けていた

文化年間(1804–18年)に入ると、北斎は読本挿絵の制作を精力的に始める。画面が小さく絵師の力量が問われる難しい世界であったが、北斎はめきめきと頭角を現し一躍有名になる。

山際:当時から、北斎の絵は尋常じゃないほど細密ということで一目置かれていました。ですので、読本挿絵はむしろ得意分野だったのかもしれません。挿絵の中でも多くの波の絵を描いており、理想の表現を追い求めて試行錯誤を繰り返していたことがわかります。

葛飾北斎『椿説弓張月』続編 一 すみだ北斎美術館蔵 / 波を描いた読み本の挿絵
葛飾北斎『椿説弓張月』続編 一 すみだ北斎美術館蔵 / 波を描いた読み本の挿絵

挿絵制作の仕事の一方で、北斎は表現技法について解説する絵手本の制作もしていた。そこからは、意外な事実が読み取れる。

山際:『略画早指南』(1812年)という絵手本の中で、北斎はコンパスと定規を使った絵の描き方を丁寧に解説しています。

興味深いのは、これはもともと日本で考えられた描き方ではなくて、西洋絵画の技法からの影響であると考えられているところです。

葛飾北斎『略画早指南』初編 すみだ北斎美術館蔵 / 様々なモチーフについて、幾何学的に描く技法を解説している。右ページでは、波の描き方について
葛飾北斎『略画早指南』初編 すみだ北斎美術館蔵 / 様々なモチーフについて、幾何学的に描く技法を解説している。右ページでは、波の描き方について

ジャポニスムの象徴として、ゴッホやセザンヌなど錚々たる画家たちに影響を与えた北斎も、逆に西洋からの影響を受けていたというから面白い。あの『冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏』(グレートウェーブ)の印象的な波も、『略画早指南』を見るとわかるように、実はたくさんの円弧から構成されているのである。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『変幻自在! 北斎のウォーターワールド』

2018年4月24日(火)~6月10日(日)
前期:2018年4月24日(火)~5月20日(日)
後期:2018年5月22日(火)~6月10日(日)
会場:東京都 両国 すみだ北斎美術館
時間:9:30~17:30(入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜
料金:一般1,000円 高校生・大学生700円 65歳以上700円 中学生300円 障がい者300円
※小学生以下無料

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

けもの“ただの夏”

西田修大や石若駿らが参加した、けもの“ただの夏”のMV。日々のよもやまを何となく夏のせいしてみたり、夏ってだけで毎日はどこか特別になってしまうけれど、感傷的な赤い季節の魔力を前に立ち止まってみるのもいいかもしれない。<これはただの夏>のリフレインの合間に歌われる、<好きな人を 好きになってしまう>のラインにハッとした。(山元)

  1. 星野源&高畑充希がおにぎりを手に見つめ合う、『引っ越し大名!』新写真 1

    星野源&高畑充希がおにぎりを手に見つめ合う、『引っ越し大名!』新写真

  2. 4万本の薔薇に包まれて食を享受、「喰種レストラン」銀座某所に限定開店 2

    4万本の薔薇に包まれて食を享受、「喰種レストラン」銀座某所に限定開店

  3. 白石麻衣が“半額ブギウギ”で踊るソフトバンク新CM スマホ紹介動画も 3

    白石麻衣が“半額ブギウギ”で踊るソフトバンク新CM スマホ紹介動画も

  4. 志尊淳が夏帆や伊藤万理華とキス、『潤一』予告編&場面写真が公開 4

    志尊淳が夏帆や伊藤万理華とキス、『潤一』予告編&場面写真が公開

  5. 「天使」のような南米の連続殺人犯がモデル、『永遠に僕のもの』8月公開 5

    「天使」のような南米の連続殺人犯がモデル、『永遠に僕のもの』8月公開

  6. 全て曝け出したBLUE ENCOUNT 成功を超えたバンドの葛藤と本音 6

    全て曝け出したBLUE ENCOUNT 成功を超えたバンドの葛藤と本音

  7. 『Zipper』1号限りの復活 木村カエラが表紙&巻頭、テーマは「90年代」 7

    『Zipper』1号限りの復活 木村カエラが表紙&巻頭、テーマは「90年代」

  8. ディアステージとパーフェクトミュージックが経営統合を発表 8

    ディアステージとパーフェクトミュージックが経営統合を発表

  9. Dizzy Sunfistの、夢を貫く力。「仲間に頼れることが強さ」 9

    Dizzy Sunfistの、夢を貫く力。「仲間に頼れることが強さ」

  10. IKEA×現代美術作家オラファー・エリアソンがコラボ。太陽光の利用を促進 10

    IKEA×現代美術作家オラファー・エリアソンがコラボ。太陽光の利用を促進