特集 PR

あらゆる文化が渦巻く新宿で開催。『-shin-音祭』のカオスぶり

あらゆる文化が渦巻く新宿で開催。『-shin-音祭』のカオスぶり

『-shin-音祭』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
編集:川浦慧

ライブハウス、レコードショップ、劇場、アングラ劇団などの混沌とした文化が根差す、新宿の街

歴史的に様々なアートやカルチャーを生み出してきた新宿の街を「屋根のない博物館」と捉え、音楽やアート、演劇、伝統芸能など200以上のイベントからなる文化事業「新宿フィールドミュージアム」の一環として、10月6日(土)に新宿文化センターで音楽イベント『-shin-音祭』が初開催される。

『-shin-音祭』のコンセプトは、「文化的な混沌」と「今日的な洗練」。チケットはなんと4,800円で、総勢10組以上のアクトをこの料金で観られるのは非常に良心的だ。

『-shin-音祭』メインビジュアル。出演:Ovall、ミツメ、カネコアヤノ、OGRE YOU ASSHOLE、jan and naomi、おとぎ話、環ROYなど
『-shin-音祭』メインビジュアル。出演:Ovall、ミツメ、カネコアヤノ、OGRE YOU ASSHOLE、jan and naomi、おとぎ話、環ROYなど(サイトで見る

新宿といえば、数多くのライブハウスやレコードショップ、大小様々な劇場がひしめき合う街で、そこから数多くの伝説が生まれては、日本のアート&カルチャーを牽引してきた。例えば新宿には、新宿LOFTと、昨年惜しくも閉店してしまった新宿JAM(現在は西永福へ移転)という2つのライブハウスが存在していた。1976年にオープンした新宿LOFTは、オープンセレモニーで若き矢野顕子や鈴木慶一&ムーンライダーズらが名を連ね、以降も山下達郎、サザンオールスターズ、BOØWYといった日本を代表するアーティストを数多く輩出してきた。

一方新宿JAMは1980年にオープンすると、モッズ~ガレージカルチャーの聖地として知られるようになる。他にもスピッツやエレファントカシマシ、氣志團らが出演したが、中でもThe White Stripes(アメリカのロックデュオ / バンド)の初来日公演がここで行なわれ(2000年)、当時の動員10数人だったことは、今も語り草になっている。

また、今はなき新宿ツバキハウスでは、ロック系のクラブイベント『LONDON NITE』が1980年からスタート。主宰者の大貫憲章をはじめ、藤原ヒロシや高木完らがDJで出演していた(現在も場所を変えながら不定期で続いている)。1980年代~1990年代の新宿西口には、Vinyl JapanやRough Tradeといった輸入レコード店のほか、ブートレグショップなどもあった。

演劇の拠点としても賑わいをみせた新宿。今述べた「ロックの時代」より遡ること1950年代には、歌舞伎町に新宿コマ劇場や紀伊國屋ホールがオープンし、舞台俳優たちの登竜門となる一方、唐十郎の状況劇場や寺山修司の天井桟敷、鈴木忠志の早稲田小劇場など、数多くのアングラ劇団が誕生。1960~1970年代の新宿を中心に活動を始める。また、1965年にオープンした新宿ピットインでは、山下洋輔や渡辺貞夫、菊地雅章らのジャズミュージシャンが夜な夜な名演を繰り広げていた。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『-shin-音祭』
『-shin-音祭』

2018年10月6日(土)
会場:東京都 新宿区立 新宿文化センター

出演:
OGRE YOU ASSHOLE
Ovall
ミツメ
カネコアヤノ
jan and naomi
環ROY
眉村ちあき
おとぎ話
桑原あい ザ・プロジェクト
羊文学
Mom
Aaron Choulai×Daichi Yamamoto
中村月子
ManiMani
airlie
ザ・スパイシー
料金:4,800円
※小学生以上有料、6歳未満入場無料

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで