コラム

「#MeToo 」1年。米ドラマや映画の中の「女性たち」の描写に変化は?

「#MeToo 」1年。米ドラマや映画の中の「女性たち」の描写に変化は?

テキスト
辰巳JUNK
編集:後藤美波
メイン画像:『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』 ©2018 MGM Television Entertainment Inc. and Relentless Productions LLC. All Rights Reserved.

「#MeToo」が溢れた2018年の米ドラマ

「アメリカを愛する全ての人に思いを込めて 私たちは屈しない」
(『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』シーズン2、11話より)

2018年、アメリカのドラマは#MeTooまみれとなった。性的暴行やセクシャルハラスメントの問題を扱った作品が多発したのである。

弁護士事務所を舞台にする『The Good Fight/ザ・グット・ファイト』シーズン2では「リアリティショーで出演者たちが同意なき性行為に導かれたか否か」を法的に検証するエピソードを放映。1980年代の女子プロレス団体を描く『GLOW: ゴージャス・レディ・オブ・レスリング』シーズン2は、キャスティングカウチ(いわゆる枕営業)を断った主人公が同性の同僚から責め立てられる物語を提示した。『アンブレイカブル・キミー・シュミット』シーズン4では、悪気なくセクシャルハラスメントをする女性や、#MeToo陰謀論に染まっていく男性がトリッキーに描かれた。

『アンブレイカブル・キミー・シュミット』シーズン4 courtesy of Eric Liebowitz/Netflix
『アンブレイカブル・キミー・シュミット』シーズン4 courtesy of Eric Liebowitz/Netflix

大御所ドラマも負けていない。医療ドラマ『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』はシーズン14にして「偉大な男性医師」が性的暴行の常習犯だと発覚する展開を描き、賛否両論を呼んだ。

『侍女の物語』『ウエストワールド』...「怒れる女性」ムーブメントの到来

#MeToo的な要素を扱ったドラマにおいて、女性たちは怒っていたし、作品自体もその怒りを矮小なものとして扱わなかった。「怒れる女性」ムーブメントの到来とも言える。

筆頭例に挙がるのは『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』だ。シーズン2では、主人公オブフレッドを含め、合法的に強姦される立場にある侍女たちが権力に反抗していく様が描かれる。一方、侍女たちを虐げる権力階級であるセリーナも、複雑なかたちで女性や男性に「怒り」を抱えていく。また、HBOのSF大作『ウエストワールド』シーズン2では、繰り返し性暴力を受けてきた女性アンドロイドのドロレスが反乱のリーダーとなる。

『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』シーズン2予告編。『侍女の物語』は出生率が異常に低下した近未来で、子作りのために侍女として上位階級の司令官に仕えることを強要された女性の戦いを描く作品

必ずしも「好かれやすい」キャラではない「怒れる女性たち」。より多面的な女性キャラ描写が生み出された

こうした「怒れる女性」表現は、ドラマ界の表現の拡張ともされている。Vanity Fairで語られたように、多くのポップカルチャーが女性の怒りを「ヒステリックで無秩序なもの」のように描いてきた。今はそうした傾向が変わりつつある。しかも「女性の怒り」が軽んじられなくなっただけではない。「怒り」の描写を通して、人気ドラマの女性表現はより複雑でパワーあるものになった。今年の『エミー賞』ノミネート時にコメントを寄せたジェシカ・ビールの言葉を借りれば「大衆が信頼できない多面的なキャラクター」が生み出され続けたのである。

前述した『侍女の物語』のセリーナも『ウエストワールド』のドロレスも、明らかに「好かれやすいキャラ」ではない。前者は「女性差別システムの構築に貢献した女性活動家」、後者は「隣人を犠牲にする過激な革命家」である。どちらも視聴者が共感しにくく、同時に簡単に突き放せないキャラ造形となっている。こうした複雑な女性キャラクターの活躍は、表現の拡張と進歩と言えるだろう。

『ウエストワールド』シーズン2の紹介映像。『ウエストワールド』は、開拓時代の世界が再現され、アンドロイドたちが来場者をもてなすテーマパークを舞台に、人工知能の目覚めと反乱を描くSF作品

「怒れる女性」ムーブメントは、2018年の『エミー賞』にも波及した。『侍女の物語』のオブフレッド(エリザベス・モス)とセリーナ(イヴォンヌ・ストラホフスキー)、そして『ウエストワールド』のドロレス(エヴァン・レイチェル・ウッド)を演じた女優たちは皆ノミネートを受けた。InStyleは、これまで「愛情深く仲間を守る女性キャラ」が強かった同賞女優部門において「利己的で残酷で複雑な女性」が認められたと評している

『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』でイヴォンヌ・ストラホフスキーが演じたセリーナ(左)©2018 MGM Television Entertainment Inc. and Relentless Productions LLC. All Rights Reserved.
『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』でイヴォンヌ・ストラホフスキーが演じたセリーナ(左)©2018 MGM Television Entertainment Inc. and Relentless Productions LLC. All Rights Reserved.

#MeToo運動前から女性への抑圧や性的暴行を主題としていた作品も

#MeToo後のドラマ界では、ある共通点も浮かび上がった。『13の理由』『ボージャック・ホースマン』『ジェシカ・ジョーンズ』の新シーズンは、どれも性暴力やハリウッドにおいて女性が受ける被害、つまりは#MeToo的な問題を描いたものだった。明らかにタイムリーだ。しかしながら、この3作のすべてのクリエイターは「#MeToo前から構成を決めていた」と口を揃えたのである。

『13の理由』のシーズン1は2017年3月にNetflixで配信がスタートしたcourtesy of Beth Dubber/Netflix
『13の理由』のシーズン1は2017年3月にNetflixで配信がスタートしたcourtesy of Beth Dubber/Netflix

この共通点から導けるのは、2017年の#MeTooムーブメント以前からアメリカのドラマ界は性暴力問題を積極的に扱っていたということだ。『13の理由』、『ジェシカ・ジョーンズ』、『侍女の物語』そして『ウエストワールド』、これら4作すべてが#MeToo以前に制作された第1シーズンから女性への抑圧や性的暴行を主題にしていた。性的暴行問題は、#MeTooムーブメントで唐突に発生したものではない。現実世界にしても同様である。#MeTooを機に「女性の怒り」が軽視されにくくなり、さらには「怒り」を表明する女性も増えていったのではないか。アメリカのドラマは、そうした社会の変動を映し続けている。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 1

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  2. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 2

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  3. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 3

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  4. 稲垣吾郎&草彅剛&香取慎吾がAmazon Music日本初テレビCM出演 CM曲配信 4

    稲垣吾郎&草彅剛&香取慎吾がAmazon Music日本初テレビCM出演 CM曲配信

  5. 『グータンヌーボ』7年ぶりに復活、新MC陣に長谷川京子、西野七瀬ら 5

    『グータンヌーボ』7年ぶりに復活、新MC陣に長谷川京子、西野七瀬ら

  6. 映画『空母いぶき』に本田翼、片桐仁、中井貴一、深川麻衣、斉藤由貴ら出演 6

    映画『空母いぶき』に本田翼、片桐仁、中井貴一、深川麻衣、斉藤由貴ら出演

  7. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 7

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  8. 特番『星野源のYELLOW RADIO』再び、ゲストに長岡亮介&銀シャリ橋本 8

    特番『星野源のYELLOW RADIO』再び、ゲストに長岡亮介&銀シャリ橋本

  9. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 9

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  10. 星野源の新曲“Pop Virus”PV公開、リリース間近の新アルバムタイトル曲 10

    星野源の新曲“Pop Virus”PV公開、リリース間近の新アルバムタイトル曲