コラム

金ローで『トイ・ストーリー』1&2放送。「革新的」だけではない歴史的名作

金ローで『トイ・ストーリー』1&2放送。「革新的」だけではない歴史的名作

テキスト
小野寺系
編集:矢澤拓(CINRA.NET編集部)

アメリカはもちろん、日本や世界で根強い人気を誇る『トイ・ストーリー』シリーズ。その最新作『トイ・ストーリー4』が、この度アカデミー賞長編アニメーション賞を受賞した。ファンにとっては衝撃的な展開も用意された作品だが、その挑戦的な内容が評価されたかたちだ。

そんななか、日本では地上波で、記念すべき第1作、第2作が隔週で放送される。ここでは、そんな2作品を振り返りながら、あらためてこのシリーズとは何だったのかを考えていきたい。

日テレ系『金曜ロードSHOW!』で『トイ・ストーリー』放送

メイン画像 ©2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

CGアニメーション作品の道を切り開いた『トイ・ストーリー』は、革新的な技術だけでなく、心温まるストーリーをも描いた歴史的傑作

CGアニメーション界の偉大な先駆者であり、いまやウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオと肩を並べる存在となった、ピクサー・アニメーション・スタジオ。その代表的な存在といえるのが、『トイ・ストーリー』シリーズだ。

ルーカスフィルムのコンピューター・アニメーションを担当する部署からスタートし、世界初のフルCGによる長編アニメーションを制作するまで16年。ピクサー作品の第1弾は、世界の観客を驚かせた、歴史的な重要作である。

『トイ・ストーリー』予告編

まだまだ初期の発展段階だったCGアニメーションは、研究開発や作業にコストがかかるため、作品のなかの一部に使用するのが当たり前だった。だが『トイ・ストーリー』は、81分間もの上映時間を、すべてCGアニメーションのみで成立させるという奇跡を達成したのだ。手描きアニメーションには無かった立体感や、リアルなライティングといった表現力にくわえ、そこには、心温まる人間的なストーリーも含まれていた。実験の過程ではない。初めから「本物の作品」を世に送り出したのである。

CGアニメーションが世界の大作アニメの主流となったいま振り返ると、それはあたかも、1937年に公開された、ディズニーの世界初の長編アニメーション『白雪姫』の再来といえる。『白雪姫』は、それまで愉快な内容ばかりを求められてきたアニメーションが、深い芸術性を持ち、感動的なドラマを描くことができることを、多くの観客に見せつけ、まさに時代を大きく変革する作品となった。それ以後、アニメーションの可能性は一気に開花していく。そんな偉大なアニメーションに並ぶ作品があるとすれば、『トイ・ストーリー』以外に考えられない。

『白雪姫』(1937年)予告編

嫉妬心に苛まれるおもちゃ、ウッディ。人間臭い葛藤を描いた作品は、ピクサーからディズニーへの反抗にも見える

『トイ・ストーリー』の物語は、「もしも、おもちゃに人格があったら」という発想が基になっている。主人公は、少年アンディの所有する数多いおもちゃのなかで、最もお気に入りであることを誇りに思っている、カウボーイ人形・ウッディ。そして、彼の完璧な世界を揺るがすのが、新しいアンディのおもちゃ、バズ・ライトイヤーだ。子どもの興味は移り変わっていくもの。自分が一番だと信じていたウッディの地位は揺るがされていく……。

注目したいのは、ウッディが嫉妬心にさいなまれていくところだ。前向きに試練を乗り越えていくことが比較的多いディズニー作品と比べると、ネガティブな物語になっているといえるだろう。だが、『トイ・ストーリー』はこのような人間くさい葛藤を描いているからこそ、深い共感が得られる部分があるといえる。ピクサーはその後の作品でも、ディズニーへのカウンターとなるような内容を繰り出していく。

『トイ・ストーリー』の監督はジョン・ラセター。彼はかつてディズニーの社員だったが、ディズニー内でCGアニメーションの制作を主張したことでスタッフらの反感を買い退社に至ったといわれている。しかし、『トイ・ストーリー』の成功後、ピクサーは次々に大ヒットを連発し、その配給を担当していたディズニーは、その破竹の勢いと、新しい技術による圧倒的な表現力に脅かされることになっていく。

©2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
©2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

続く『トイ・ストーリー2』で描かれる、おもちゃとしての生き様

ふたたびラセターが監督となった『トイ・ストーリー2』(1999年)では、さらに表現力が向上。キャラクターたちのアクションはもとより、感情表現が飛躍的に豊かになっている。

『トイ・ストーリー2』予告編

この作品でウッディは、ある陰謀によって連れ去られ、その場所で自身に関連したおもちゃに初めて出会う。ウッディ人形は、西部劇をテーマにしたTV番組の人形劇『ウッディのラウンドアップ』の主役おもちゃだったことが分かるのだ。カウガールの人形ジェシーは、ウッディが現れたことで、ウッディとともに日本のおもちゃ博物館に展示されることになり、真っ暗な倉庫からついに出られると大喜びだ。

しかし、ウッディはあくまでアンディのおもちゃである。博物館に飾られることよりも、本来の生き方である、子どもの遊び相手になる存在でいたいと主張する。ジェシーはその考えに対し、過去の悲しい出来事を語っていく。そこから始まる曲“ホエン・シー・ラヴド・ミー(彼女が私を愛していたとき)”と、美しくはかない映像は、涙なしに鑑賞することができない。CGアニメーション作品が、ついに観客の心を震わせる領域に到達したのである。しかし、なぜこのシーンはここまでエモーショナルなのだろうか。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

番組情報

日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』

『トイ・ストーリー』
2020年2月28日(金)21:00~

『トイ・ストーリー2』
2020年3月13日(金)21:00~

監督:ジョン・ラセター

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開