コラム

衝撃の松重豊。『きょうの猫村さん』の猫役に至る、確かな道のり

衝撃の松重豊。『きょうの猫村さん』の猫役に至る、確かな道のり

テキスト
橋本達典
編集:矢澤拓(CINRA.NET編集部)

2月22日(ニャー、ニャーニャー)、「猫の日」に『きょうの猫村さん』が、テレビ東京にてドラマ化されることが発表された(4月8日スタート、毎週水曜日24時52分~58分)。原作は累計330万部以上を誇る、ほしよりこの同名人気コミック『きょうの猫村さん』(マガジンハウス)。猫の家政婦の日常を描くとあって、主人公の「猫村さん」は本物の猫が? それともCGで再現されるのか……? と思えば、な、なんと俳優が、それも松重豊が演じると聞いて二度驚いた。さらには、着ぐるみ……ともちょっと違う、猫の「かぶりもの」という予想の斜め上をいく鮮烈なビジュアル。2012年、本作と同じく実写化困難とされていたコミックのドラマ化に挑んだドラマ『荒川アンダー ザ ブリッジ』(MBS)で河童と星に扮した小栗旬・山田孝之をもしのぐインパクトだ。

最高のビジュアルインパクト©テレビ東京
最高のビジュアルインパクト©テレビ東京
『きょうの猫村さん』

松重といえば、同じくテレ東深夜の看板シリーズ『孤独のグルメ』が広く知られる。2007年にはNHK連続テレビ小説『ちりとてちん』でヒロインの父親を演じ、柔和で家庭的な役柄も増えてはいたものの、営業先で見つけた食事処にふらりと立ち寄り、その時々で食べたいと思ったものを自由に食す、下戸で甘党の主人公・井之頭五郎役が転機となったことは間違いないだろう。強面の大男――であることは今でも変わりないが、狂暴性や威圧感を伴っていたそれまでのイメージががらりと一変し、近年は親しみを感じる役も増えた。『孤独のグルメ』のスタートは2012年1月。松重が49歳の時だった。

メイン画像©テレビ東京

役名のない役や名字だけの役も多かった1990年~2000年代前半。主役より目立つ高身長が役柄の幅を狭めた

1963年1月19日、福岡県生まれの57歳。明治大学文学部文学科で演劇学を専攻し、在学中より演劇活動や映画の自主制作を開始。映画仲間だった三谷幸喜が旗揚げした劇団「東京サンシャインボーイズ」に参加する。ちなみに、学生時代にアルバイトをしていた東京は下北沢の中華料理店「珉亭」のバイト仲間には、後にTHE BLUE HEARTSとしてデビューする甲本ヒロトや俳優の梶原善も。日本エンタメ界の梁山泊か、はたまたトキワ壮か。才能あるところには才能が集う。その当時のエピソードをぜひ、ドラマ化してほしいものだ……と、そんな話はさて置き、大学を卒業した松重は蜷川幸雄が主宰する劇団「蜷川スタジオ」に入団。同劇団の退所、一時期俳優を辞めて建設会社で働くなど紆余曲折ありながらも、その後はフリーとして国内外の舞台はもとより、ドラマや映画、Vシネマなど数多くの作品に出演していく。

が、しかし。あの強面にして大男である。映像の仕事で求められる役柄は、ヤクザや殺し屋などアウトローな役が多かった。何しろ身長190cm(現在の事務所の公式プロフィールは188cm。加齢等の理由で縮んだそうだ)。そのため身長を1cm過少申告。松重と同サイズの阿部寛も、かつてはそうしていたと聞く。成人男子の平均身長が171cmくらいだった時代だ。強面に加え、主役よりも目立ってしまう高身長は、演じる役柄の幅を狭める理由のひとつになったはずだ。

等身大パネルはこの大きさ©テレビ東京
等身大パネルはこの大きさ©テレビ東京

試しにWikipediaを開いてほしい。1990年~2000年代前半の多くが連続ドラマのゲスト出演か単発もので、レギュラー出演はほどんどない。役名のない役や名字だけの役柄もたくさん。刑事ドラマやサスペンスドラマの悪役・犯人役も目立つ。先の阿部もしかり。今では逆に強面の大男であるがゆえに、哀愁や滑稽さを醸し出し、時に誠実さや勤勉さもにじませ、それが俳優として武器となっているが、そうした役柄に巡り会うまでにはもう少々時間を要する。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

番組情報

テレビ東京
『きょうの猫村さん』

4月8日(水)深夜0時52分放送開始

出演:
濱田岳
石田ひかり
市川実日子
松尾スズキ
小雪
池田エライザ
水間ロン
染谷将太
安藤サクラ
荒川良々
監督:松本佳奈
脚本:ふじきみつ彦
主題歌:“猫村さんのうた”
作曲:坂本龍一
作詞:U-zhaan
歌:松重豊
原作:ほしよりこ『きょうの猫村さん』(マガジンハウス)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『名探偵ピカチュウ』、キャラ造形や原作との違いの意図を探る 1

    『名探偵ピカチュウ』、キャラ造形や原作との違いの意図を探る

  2. 土屋太鳳が凶悪事件を起こす女性役 映画『哀愁しんでれら』来年公開 2

    土屋太鳳が凶悪事件を起こす女性役 映画『哀愁しんでれら』来年公開

  3. 吉田類がリモート収録で乾杯、BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』特別編 3

    吉田類がリモート収録で乾杯、BS-TBS『吉田類の酒場放浪記』特別編

  4. 坂本龍一のドキュメンタリー映画『CODA』が1週間限定で無料配信 4

    坂本龍一のドキュメンタリー映画『CODA』が1週間限定で無料配信

  5. 『SONGS』特別編に嵐、宇多田、あいみょん、椎名林檎、ミスチル、欅坂46ら 5

    『SONGS』特別編に嵐、宇多田、あいみょん、椎名林檎、ミスチル、欅坂46ら

  6. 蒼井優と高橋一生が夫婦役、黒沢清監督ドラマ『スパイの妻』放送日決定 6

    蒼井優と高橋一生が夫婦役、黒沢清監督ドラマ『スパイの妻』放送日決定

  7. 星野源『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』急遽放送、初のリモート収録に挑戦 7

    星野源『おげんさんと(ほぼ)いっしょ』急遽放送、初のリモート収録に挑戦

  8. ヨーヨー・マ、バッハ『無伴奏チェロ組曲』全曲をライブ配信 8

    ヨーヨー・マ、バッハ『無伴奏チェロ組曲』全曲をライブ配信

  9. 有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る 9

    有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る

  10. YOASOBI、ボカロ文化と繋がる「物語音楽」の新たな才能の真髄 10

    YOASOBI、ボカロ文化と繋がる「物語音楽」の新たな才能の真髄