特集 PR

世界的人気「Lo-Fi Beatsチャンネル」、日本で始動したその意義

世界的人気「Lo-Fi Beatsチャンネル」、日本で始動したその意義

「Tokyo LosT Tracks -サクラチル-」
テキスト
柴那典
編集:矢島由佳子(CINRA.NET編集部)

新型コロナウイルス感染症拡大による、音楽カルチャーの変化

COVID-19(新型コロナウイルス)の感染拡大によって、世界中で日常がガラッと変わってしまった2020年。多くの人が外出制限の日々を過ごすようになり、生活様式の変化を余儀なくされた。満員電車に揺られて通勤や通学をするかわりに、自宅で過ごす人が増えた。リモートでのビデオ会議や打ち合わせも当たり前になった。オフィスではなく在宅で仕事をするようになった会社員、休校になった期間に自宅で学習をすすめる学生も増えた。

そのことで、音楽カルチャーにはどんな変化が起こっているのか。

すでに多く報じられているとおり、大きな打撃を受け、致命的な危機に立たされているのがライブエンターテイメント業界だ。ライブやコンサートの延期や中止はすでに数か月におよび、閉店を発表したベニューも少なくない。ライブの有料配信企画が活発に行われるようになったものの、長期間にわたってライブエンターテイメント業界全体が苦境に立たされることは確実で、そこで培われてきた音楽文化をどう支えていくかは大きな課題だ。

ただ、この記事では、音楽カルチャーの変化のもうひとつの側面についてスポットをあてたい。

需要が高まる「作業用BGM」。レーベルが集合して立ち上げた新コンテンツ

自宅で過ごす人が増えたことで、今、「Lo-Fi Beats」や「チルアウトミュージック」と呼ばれるジャンルへの注目が高まっている。仕事や勉強に集中するときに流しておく「作業用BGM」、会話や思考の邪魔にならないようなサウンドへのニーズが大きくなっているのである。

フェスやライブなどのいわば「ハレ」の音楽カルチャーが危機に瀕する一方で、アンビエントや環境音楽など過度な主張なく日常生活に溶け込む「ケ」の音楽カルチャーの存在意義が見直されている、とも言える。

そんな中で紹介したいのが、ソニー・ミュージックレーベルズが3月24日にスタートさせたLo-Fi Beatsチャンネル「Tokyo LosT Tracks -サクラチル-」(以下、サクラチル)だ。

「サクラチル」は、オリジナルアニメーションと共にチルアウトミュージックを24時間365日世界に配信するプラットフォーム。楽曲制作にはインターネットレーベル「Maltine Records」や音楽レーベル「術ノ穴」を運営する「ササクレクト」などが参画し、EVISBEATSやmaeshima soshi、kensuke ushioなどがトラックを手掛けている。

これらの楽曲はSpotifyやApple Musicなど各種ストリーミングサービスでプレイリストとして提供。

「Tokyo LosT Tracks -サクラチル-」(Apple Musicはこちら

一方、YouTubeチャンネルではオリジナルのループアニメーションと共に24時間365日エンドレスで楽曲を流し続けるライブストリーミング配信を行っている。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

リリース情報

「Tokyo LosT Tracks -サクラチル-」
「Tokyo LosT Tracks -サクラチル-」

ソニー・ミュージックレーベルズが手掛けるアニメーション・楽曲を軸とするLo-Fi Beatsチャンネル。「チルアウト」の空気を共有する動画・世界観と共に心地の良い音楽を24時間365日配信する。YouTube、Spotifyなどのプラットフォームで公開。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌 1

    米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌

  2. 「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売 2

    「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売

  3. 堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM 3

    堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM

  4. 蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」 4

    蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」

  5. 菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定 5

    菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定

  6. シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で 6

    シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で

  7. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 7

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される

  8. サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動 8

    サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動

  9. 新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示 9

    新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示

  10. 柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる 10

    柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる