コラム

『WAVES』 フランク・オーシャンの音楽と共に紡がれる悲劇と希望

『WAVES』 フランク・オーシャンの音楽と共に紡がれる悲劇と希望

テキスト
Casper(Shut Up Kiss Me Records)
編集:後藤美波(CINRA.NET編集部)

折り重なった断片が、後戻りできない臨界点に──。トレイ・エドワード・シュルツ監督が描く「今」

痛みや危険を感じながらも抑えきれない心情を、ダニエル・ジョンストンは疾走するバイク=「Speeding Motorcycle」になぞらえた。車と違って、バックできないバイク。ハンドルを握ることはすなわちそのまま前進し続けることを意味する。自転車も同じく、ペダルを逆に漕いでも空転するばかり。決して後ろには進まない。

ひとりの少女が自転車を漕ぐ。タイトルバック。場面は切り替わり、フェードインするAnimal Collective“FloriDada”のビート。ふたりの男女が歌詞を口ずさむ。「ブリッジ(橋=境界)なんてもうどうでもいいよ」。それに呼応するかのように、タイラーは車のハンドルを握ることを、そしてカメラはカットを割ることを拒否し、そのままふたりを映す三回転。厳格だが愛も感じられる父、優しく理解のある母、そして、共に人生を歩もうとする恋人。主人公の高校生タイラーのまわりはすべてがきらめいていて、人生はこれからというときに悲劇が起き──。いくつもの青春映画でなぞられたプロットと思うだろう。『WAVES/ウェイブス』がもたらす感情は、これまで観てきた青春映画とはどれとも似つかない。私がこの映画を観たのは、ちょうど先行で限定公開されていたロサンゼルスの映画館だった。まわりの観客がサウンドトラックに合わせて楽しそうに歌詞を口ずさんだかと思えば、あるシーンでは「ジーザス!」の声と小さな悲鳴が劇場をつんざき、マナティーに笑い、最後にはとても多くの人が泣いていた。あまり体験したことがない状況で、そのときのことはよく覚えている。私もまた、頭の整理ができないままこの映画に心をかき乱されていた。

『WAVES/ウェイブス』 ©2019 A24 Distribution, LLC. All rights reserved.
『WAVES/ウェイブス』 ©2019 A24 Distribution, LLC. All rights reserved.

監督のトレイ・エドワード・シュルツは弱冠31歳。長編デビュー作『クリシャ』(2015年 / Gucchi's Free Schoolの配給で今後公開予定)、第二作『イット・カムズ・アット・ナイト』(2017年)と、前作まではどちらかといえば「スリラー / ホラー要素」が目立つ作風であった。その「だんだんと精神に負荷がかかってくる」ような描写のうまさが、本作がその他の青春映画とは一線を画す理由のひとつだろう。あまりにも身近にあり、いとも簡単に中毒を誘発するオキシコドン=オピオイド系鎮痛剤。ティーンエイジャー相手にも平気で差別用語を吐き捨てる白人の大人。軍隊のような練習着を着せ、「俺は最新鋭マシン」と生徒に繰り返させる部活のコーチ。カラフルできらめくような『WAVES/ウェイブス』の描写の陰には、今のアメリカで生きるリアルな困難が刻まれている。それらの描写はどれも断片的だが、やがてその断片が折り重なる。バックはできない。気付いたときには止まれもしない。まるでフィードバックを制御できなくなったディレイが発振するかのごとく、なにもかもが振り切れ、やがて臨界点がやってくる──。

映画『WAVES/ウェイブス』予告編

タイラー・ザ・クリエイター主催フェスで流された本作の予告編

タイラー・ザ・クリエイター主催のフェス、『Camp Flog Gnaw Carnival』にフランク・オーシャンが出演するのでは? と騒がしかったのは昨年の10月。このフェスの転換の間に『WAVES/ウェイブス』の予告編が映されたときのビデオを、私は今でもたまに見返す。予告編で使用されたフランク・オーシャンの“Godspeed”にシンガロングする、疲れた表情のオーディエンス。この映像は、本作に与えられた「ミュージカルを超えた“プレイリスト・ムービー”」という宣伝文句があながち誇張ではないことを証明している。私たちは「その曲」が流れてさえいれば、ミュージカルでなくとも自ずと歌う。スマホさえあればあらゆる音楽を聞けるようになった、歴史上最も音楽との距離が近いであろう今のムードを、『WAVES/ウェイブス』は「今」から1秒も遅れることなく描き出す。

『WAVES/ウェイブス』海外公式Instagramより。昨年11月にアメリカ・ロサンゼルスで開催された『Camp Flog Gnaw Carnival』会場風景

フランク・オーシャンの『Blond』と『Boys Don't Cry』

本作で音楽が持つ役割は、単なるムードの演出だけではない。Tame Impala、H.E.R.、チャンス・ザ・ラッパー、SZA、Alabama Shakes、Radioheadまで、とにかく豪華なサウンドトラックのなかで、もちろん注目すべきは、最多の6曲が使用されたフランク・オーシャンだろう。「フランク・オーシャンの『Blond』は史上最高のアルバムの1枚だと思います。」『イット・カムズ・アット・ナイト』製作時、2016年にリリースされた『Blond』と『Endless』をずっと聞いていたというシュルツ監督は語る。「『Blond』がなかったらこの映画がどうなっていたか、想像もできません」。もともとウォン・カーウァイ監督の『恋する惑星』(1994年 / フランク・オーシャンのフェイバリット映画リストにも名前がある)からインスピレーションを受け、2部構成となった『WAVES/ウェイブス』。しかし「ある一点のカオスを経て、作品全体のトーンがガラリと変わる」展開は、『Blond』に収録された“Nights”のビートスイッチにヴァイビングした結果であるはずだ。

ミーム化する“Nights”のビートスイッチ

フランク・オーシャンが、初恋の相手は男性だったと自身のTumblrにポストしたのは2012年の夏。マスキュリニティが優先され、かつヘテロノーマティブな音楽業界、特にラップミュージック / R&Bの世界において、この告白は大きなニュースとなった。以降彼のリリックには、自らの恋愛体験や人生を踏襲したかのような思いが赤裸々に綴られるようになる。なかでも「涙」は繰り返し表出するモチーフのひとつで、ヴォルフガング・ティルマンスが撮影した『Blond』のカバーアートでは、彼が顔を隠す中で泣いているようにも見える。これは『Nostalgia, Ultra』(2011年)収録の“There Will Be Crying”の歌詞を踏襲しているかのようであり、さらには『Blond』と同時に限定配布されたZINEのタイトル『Boys Don't Cry』にも繋がってくる。

『WAVES/ウェイブス』 ©2019 A24 Distribution, LLC. All rights reserved.
『WAVES/ウェイブス』 ©2019 A24 Distribution, LLC. All rights reserved.
Page 1
  • 1
  • 2
次へ

作品情報

『WAVES/ウェイブス』
『WAVES/ウェイブス』

TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開中
監督・脚本:トレイ・エドワード・シュルツ
音楽:トレント・レズナー&アッティカス・ロス
出演:
ケルヴィン・ハリソン・Jr
テイラー・ラッセル
スターリング・K・ブラウン
レネー・エリス・ゴールズベリー
ルーカス・ヘッジズ
アレクサ・デミー
上映時間:135分
配給:ファントム・フィルム

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」