コラム

機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

テキスト
大島純
編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)

テクノロジーの革新とともに、そのサウンドを変容させてきた音楽、ヒップホップ。使用される機材によって、どれほどサウンドに影響を及ぼすのだろうか。ミュージシャンや楽器メーカーの開発担当らに取材しながら、機材とヒップホップの関係を記した『MPC IMPACT!-テクノロジーから読み解くヒップホップ』を今年1月に上梓した大島純。今回彼が、本書で記述した一部をさらに掘り下げ、「SP-1200」が支えた1990年代のヒップホップについて綴る。

テクノロジーと音楽の1980年代。SP-1200が生まれるまで

私は2019年の5月のある日曜日の午後9時、勤務先であるNYマンハッタンのニュースクール大学のスタジオでピート・ロックを待っていた。このインタビューセッションのために何度か電話連絡はしたものの、前回は直前で「用事が入った」とキャンセルになったので、今回は本当に現れるのかが不安だった。そんな土砂降りの中、ピートは真っ白のメルセデスのSUVでチェルシーのビルに現れた。ここはロバート・グラスパー、ホセ・ジェイムズ、黒田卓也を排出したジャズ学部のビルだ。ジャズのサンプルで世界を虜にしたピートがこの場所に現れることに、私はなにか特別なものを感じた。

「俺はMPC2000XLが出てくるまで全てのキャリアを通じてSP1200と結婚していたと言ってもいいだろう。俺の曲で君が聴いたことがあるもののすべては1999年までSP-1200で作られていて、1998年に出した『Soul Survivor』のアルバムには俺がSPを手で持っている写真が載っているよ」

1990年代を代表する最高のヒップホップ・プロデューサーの1人であるピート・ロックは私にこう言った。

ピート・ロック 撮影:大島純
ピート・ロック 撮影:大島純
Pete Rock & C.L. Smooth『The Main Ingredient』を聴く(Apple Musicはこちら

ヒップホップ初のレコード“Rapper’s Delight”がリリースされたのと同じ1979年に、世界初のデジタルサンプラーが発売された。それは米「シンクラヴィア・シンセサイザー」、そしてオーストラリアの「フェアライトCMI」の2台で、本格的デジタルワークステーションとして発売された。フェアライトは4万ドル、シンクラヴィアは家が買えるくらいの値段がしたため、一般のミュージシャンには手が届くものではなかった。1982年にリリースされたAfrika Bambaataaの“Planet Rock”ではRoland「TR-808」のビートに乗せて早速フェアライトが使われていた。坂本龍一の“Riot in Lagos”(1980年)に触発されたエレクトロ・ヒップホップの元祖といわれる革新的なビートパターンの曲である。ちなみにデジタルサンプラーが誕生した1979年は、ソニーの「ウォークマン」が発売された年でもある。新しいテクノロジーで音楽の作り方、聴き方が大きく変わってしまった1980年代の到来を予見するような年だったといえよう。

The Sugarhill Gang“Rappers Delight”を聴く(Apple Musicはこちら

Afrika Bambaataa“Planet Rock”を聴く(Apple Musicはこちら

坂本龍一“Riot in Lagos”を聴く(Apple Musicはこちら

1980年、カリフォルニアの弱冠24歳だったミュージシャン、起業家のロジャー・リンは、緻密なプログラミングが可能で、ドラマーが叩いた本物の単音を内蔵する、史上最も洗練されたプログラマブル・ドラムマシン「LM-1」を発表した。リアルな高音質で人が叩いたようなドラムをプログラムできるLM-1は瞬く間に人気となり、1982年に発売された2号機「Linn Drum」と共に1980年代のポップミュージック界を席巻した。マイケル・ジャクソンのアルバム『Thriller』(1982年)で全編に使われた、洗練されたタイムレスなドラムのサウンドといえば想像しやすいだろう。

マイケル・ジャクソン『Thriller』を聴く(Apple Musicはこちら

若きロジャー・リンが作曲したエリック・クラプトン“Promises”を聴く(Apple Musicはこちら

後にSP-1200を生み出すことになる「E-MU Systems」は、カリフォルニアの大学生たちが1972年にシリコンバレー近郊で起業した。南カリフォルニア大の学生であったデイヴ・ロッサムと、カリフォルニア工科大学のスティーブ・ガブリエル、そしてジム・ケッチャムによって設立されたこの会社は、もともとモジュラー・シンセを開発していたが、後にフェアライトやロジャー・リンに触発されてサンプラーの開発へと移行する。そして1981年に鍵盤付きサンプラー「Emulator」を生み出した。彼らが行ったのはフェライトCMIやシンクラヴァイアといった最高級デジタルワークステーションから、サンプラー機能だけを取り出したことだった。8,000ドルという価格設定もあり、発売されると瞬く間に人気のマシンとなった。

1984年には、この後継機となる「Emulator2」が前機種と同価格で販売される。「Emulator 2」はフェーダーやパネルデザインの外観がよりSP-1200に近くなり、サンプルの編集機能やローパスフィルターも追加された。VCF、LFOといったシンセサイザー的な機能の他にフロッピードライブだけではなく、内蔵の20MBのハードドライブを取り付けることができた。その当時は特にヒップホップに特化したマシンはなかったが、OBERHEIMのDMXやRolandのTR-808は初期のヒップホップで重宝された。

そして1984年にE-MUからはドラムに特化した「Drumulator」が発売される。これは内蔵音源を鳴らすドラムマシンだったが、翌年に発売された後継機種「SP-12」は24個の内蔵ドラム音の他になんと192KBの内蔵メモリーに1.2秒の外部音源のサンプリングが可能だった。「AKAI MPC60II」の使い手DJ PremierはGang Starr加入前のデモ作りからSP-12を使い始め、Gang Starrデビューアルバム『No More Mr. Nice Guy』(1989年)でも実際に使用していた。またリック・ルービンによるBeastie Boysの作品群や、De La Soul、Large Professorなどが好んで使用した。これはSP-1200に繋がる画期的なマシンで、Emulator2譲りのサンプル編集機能に、SP-12すなわち「サンプリング・パーカッション12」が意味する12ビットの26.040kHzのローファイサウンドが特徴だった。

Page 1
次へ

書籍情報

『MPC IMPACT!-テクノロジーから読み解くヒップホップ』
『MPC IMPACT!-テクノロジーから読み解くヒップホップ』

2020年1月23日(木)発売
著者:大島純
価格:1,980円(税込)
出版:リットーミュージック

プロフィール

大島純
大島純(おおしま じゅん)

映像作家・教育者。東京アドバタイジング、JWTでの6年間の広告代理店勤務を経て渡米。NEW SCHOOL大学院修士課程で映画制作を学ぶ。現在NYと東京に半々在住。撮影監督として参加した短編Surfaceが2010米アカデミー賞(学生部門)金賞を受賞。Google、Facebook、LVMH、Sony、NHKなどのプロジェクトを手がける。2016年NHK長編ドキュメンタリー「秋吉敏子:スウィングする日本の魂」にディレクター兼カメラマンとして携わる。その他音楽関係ではキース・リチャーズ、坂本龍一、マンデー満ちるを撮影する。2013年よりNEW SCHOOL大学院およびPARSONS美術大学教員として映像・メディアの制作を教える。2019年よりデジタルハリウッド大学特任准教授。2020年、大学院からの10年の研究をまとめた「MPC IMPACT!-テクロノジーより読み解くヒップホップ」をリットーミュージックより刊行。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催