特集 PR

サム・スミスが『Love Goes』で、より自由に表現した愛の形

サム・スミスが『Love Goes』で、より自由に表現した愛の形

サム・スミス『Love Goes』
テキスト
木津毅
編集:久野剛士、山元翔一(CINRA.NET編集部)

ラブソングにおける性的マイノリティーの居場所

ラブソングは個人的なものなのだろうか、それとも普遍的なものなのだろうか。いや、それを両立させるものこそが愛の歌である……。

とはいえ、世の中で作られたほとんどのラブソングは、無意識的に異性愛を前提としてきた。歌詞で描かれる物語であったり、代名詞のジェンダーであったり、あるいはミュージックビデオのイメージであったりと、ちょっとしたことではあるものの、そこではシスジェンダーのヘテロセクシュアルにおける性愛を前提としていることが端々に表れているのだ。それは歌い手の多くが性的マジョリティーであるため、自然なことではある。

サム・スミス<br>イギリスのシンガーソングライター。『BBC Sound of 2014』で1位を獲得し、2014年に発表したデビューアルバム『イン・ザ・ロンリー・アワー』が全英1位、全米2位を獲得(日本デビュー盤は2015年1月)。2017年発表のセカンドアルバム『スリル・オブ・イット・オール』は、全米・全英1位を獲得。最新作『Love Goes』を2020年10月30日にリリース。
サム・スミス
イギリスのシンガーソングライター。『BBC Sound of 2014』で1位を獲得し、2014年に発表したデビューアルバム『イン・ザ・ロンリー・アワー』が全英1位、全米2位を獲得(日本デビュー盤は2015年1月)。2017年発表のセカンドアルバム『スリル・オブ・イット・オール』は、全米・全英1位を獲得。最新作『Love Goes』を2020年10月30日にリリース。

同時に、広く世に流通してきたラブソングに性的マイノリティーの居場所は少なかったのではないか、とも思う。そこで歌われている感情に共感を抱くことはあっても、その描写が異性愛に基づくものであれば、「自分のものだ」と感じられなくなってしまう性的マイノリティーもいるだろう。たとえば本稿の筆者はゲイだが、同性愛者であることをカミングアウトしている歌い手によるラブソングにはずいぶん励まされてきたし、その描写が具体的なものであればさらに感情移入できるものとなった。あるいはフィメール・ポップシンガーがゲイの間で人気が高いのも、恋の相手が男性のラブソングのほうが、女性を相手にした男性によるラブソングよりも共感しやすいということもあったかもしれない。

だが近年、とくに欧米では数えきれないほどのミュージシャンが性的マイノリティーであることをカミングアウトしていることで、ラブソングの幅もずいぶん広がっている。多彩なグラデーションを持ったラブソングたち……それらは、性的指向と性自認(SOGI)の多様さを知らしめることにも繋がっているし、さらには、性的マイノリティーのリスナーの感情をより解放することにもなっていると思う。ラブソングをもし「普遍的」と言うのなら、そこには性的マイノリティーの居場所があってしかるべきだ。

個人的な体験と、普遍的な感情の両立を目指す、サム・スミスの楽曲

サム・スミスはかつて自身をゲイ男性であると自認し、そうカミングアウトしていた。その歌は自身の感情や経験に基づいた個人的なものであったことは何度も語られてきたし、セクシュアリティーが率直に反映されたものも少なくなかった。その代表はたとえばセカンドアルバム『The Thrill of It All』(2017年)収録の“HIM”。そこでスミスは「彼」という代名詞を強調することで、このラブソングが同性愛を描いていることを宣言していた。

サム・スミス『The Thrill of It All』を聴く(Apple Musicはこちら

いっぽうでスミスはセクシュアリティーやジェンダーを限定しないラブソングを得意としてきた人でもある。たとえば代表曲“Stay With Me”の歌詞にはジェンダーを固定する代名詞は登場していない。過ぎ去った一夜限りの恋を想う主人公の痛みをエモーショナルに歌うことで多くの人の共感を得て、大ヒット曲となった。また、“Too Good At Goodbyes”のミュージックビデオでは、女性同士のカップルと女性と男性のカップルが等しい扱いで登場する。「Goodbyes」が複数形であるのは、歌の話者が過去に複数の別れを経験してきたということでもあるだろうし、聴き手が誰でも感情移入できる歌だということを示してもいるだろう。ビデオの中では、スミスその人が男性と抱き合って、(発表当時は)ゲイの恋愛の描写を代表していた。この歌は個人的なものであり、普遍的なものであるのだと。

サム・スミス“Stay With Me”MV

サム・スミス“Too Good At Goodbyes”MV

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

リリース情報

サム・スミス『Love Goes』
サム・スミス
『Love Goes』(CD)

2020年10月30日(金)発売
価格:2,750円(税込)
UICC-10051

1. Young
2. Diamonds
3. Another One
4. My Oasis (feat. Burna Boy)
5. So Serious
6. Dance ('Til You Love Someone Else)
7. For The Lover That I Lost
8. Breaking Hearts
9. Forgive Myself
10. Love Goes (feat. Labrinth)
11. Kids Again

[Bonus Track]
1. Dancing With A Stranger (Sam Smith & Normani)
2. How Do You Sleep?
3. To Die For
4. I'm Ready (Sam Smith & Demi Lovato)
5. Fire On Fire
6. Promises (Calvin Harris & Sam Smith)

プロフィール

サム・スミス
サム・スミス

イギリスのシンガーソングライター。『BBC Sound of 2014』で1位を獲得し、2014年に発表したデビューアルバム『イン・ザ・ロンリー・アワー』が全英1位、全米2位を獲得(日本デビュー盤は2015年1月)。2017年発表のセカンドアルバム『スリル・オブ・イット・オール』は、全米・全英1位を獲得。最新作『Love Goes』を2020年10月30日にリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る 1

    テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る

  2. 川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々 2

    川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々

  3. 三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開 3

    三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開

  4. 平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」 4

    平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」

  5. 菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保 5

    菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保

  6. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 6

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  7. のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動 7

    のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動

  8. 石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で 8

    石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で

  9. 高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM 9

    高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM

  10. PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施 10

    PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施