特集 PR

サム・スミスが『Love Goes』で、より自由に表現した愛の形

サム・スミスが『Love Goes』で、より自由に表現した愛の形

サム・スミス『Love Goes』
テキスト
木津毅
編集:久野剛士、山元翔一(CINRA.NET編集部)

ラブソングにおける性的マイノリティーの居場所

ラブソングは個人的なものなのだろうか、それとも普遍的なものなのだろうか。いや、それを両立させるものこそが愛の歌である……。

とはいえ、世の中で作られたほとんどのラブソングは、無意識的に異性愛を前提としてきた。歌詞で描かれる物語であったり、代名詞のジェンダーであったり、あるいはミュージックビデオのイメージであったりと、ちょっとしたことではあるものの、そこではシスジェンダーのヘテロセクシュアルにおける性愛を前提としていることが端々に表れているのだ。それは歌い手の多くが性的マジョリティーであるため、自然なことではある。

サム・スミス<br>イギリスのシンガーソングライター。『BBC Sound of 2014』で1位を獲得し、2014年に発表したデビューアルバム『イン・ザ・ロンリー・アワー』が全英1位、全米2位を獲得(日本デビュー盤は2015年1月)。2017年発表のセカンドアルバム『スリル・オブ・イット・オール』は、全米・全英1位を獲得。最新作『Love Goes』を2020年10月30日にリリース。
サム・スミス
イギリスのシンガーソングライター。『BBC Sound of 2014』で1位を獲得し、2014年に発表したデビューアルバム『イン・ザ・ロンリー・アワー』が全英1位、全米2位を獲得(日本デビュー盤は2015年1月)。2017年発表のセカンドアルバム『スリル・オブ・イット・オール』は、全米・全英1位を獲得。最新作『Love Goes』を2020年10月30日にリリース。

同時に、広く世に流通してきたラブソングに性的マイノリティーの居場所は少なかったのではないか、とも思う。そこで歌われている感情に共感を抱くことはあっても、その描写が異性愛に基づくものであれば、「自分のものだ」と感じられなくなってしまう性的マイノリティーもいるだろう。たとえば本稿の筆者はゲイだが、同性愛者であることをカミングアウトしている歌い手によるラブソングにはずいぶん励まされてきたし、その描写が具体的なものであればさらに感情移入できるものとなった。あるいはフィメール・ポップシンガーがゲイの間で人気が高いのも、恋の相手が男性のラブソングのほうが、女性を相手にした男性によるラブソングよりも共感しやすいということもあったかもしれない。

だが近年、とくに欧米では数えきれないほどのミュージシャンが性的マイノリティーであることをカミングアウトしていることで、ラブソングの幅もずいぶん広がっている。多彩なグラデーションを持ったラブソングたち……それらは、性的指向と性自認(SOGI)の多様さを知らしめることにも繋がっているし、さらには、性的マイノリティーのリスナーの感情をより解放することにもなっていると思う。ラブソングをもし「普遍的」と言うのなら、そこには性的マイノリティーの居場所があってしかるべきだ。

個人的な体験と、普遍的な感情の両立を目指す、サム・スミスの楽曲

サム・スミスはかつて自身をゲイ男性であると自認し、そうカミングアウトしていた。その歌は自身の感情や経験に基づいた個人的なものであったことは何度も語られてきたし、セクシュアリティーが率直に反映されたものも少なくなかった。その代表はたとえばセカンドアルバム『The Thrill of It All』(2017年)収録の“HIM”。そこでスミスは「彼」という代名詞を強調することで、このラブソングが同性愛を描いていることを宣言していた。

サム・スミス『The Thrill of It All』を聴く(Apple Musicはこちら

いっぽうでスミスはセクシュアリティーやジェンダーを限定しないラブソングを得意としてきた人でもある。たとえば代表曲“Stay With Me”の歌詞にはジェンダーを固定する代名詞は登場していない。過ぎ去った一夜限りの恋を想う主人公の痛みをエモーショナルに歌うことで多くの人の共感を得て、大ヒット曲となった。また、“Too Good At Goodbyes”のミュージックビデオでは、女性同士のカップルと女性と男性のカップルが等しい扱いで登場する。「Goodbyes」が複数形であるのは、歌の話者が過去に複数の別れを経験してきたということでもあるだろうし、聴き手が誰でも感情移入できる歌だということを示してもいるだろう。ビデオの中では、スミスその人が男性と抱き合って、(発表当時は)ゲイの恋愛の描写を代表していた。この歌は個人的なものであり、普遍的なものであるのだと。

サム・スミス“Stay With Me”MV

サム・スミス“Too Good At Goodbyes”MV

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

リリース情報

サム・スミス『Love Goes』
サム・スミス
『Love Goes』(CD)

2020年10月30日(金)発売
価格:2,750円(税込)
UICC-10051

1. Young
2. Diamonds
3. Another One
4. My Oasis (feat. Burna Boy)
5. So Serious
6. Dance ('Til You Love Someone Else)
7. For The Lover That I Lost
8. Breaking Hearts
9. Forgive Myself
10. Love Goes (feat. Labrinth)
11. Kids Again

[Bonus Track]
1. Dancing With A Stranger (Sam Smith & Normani)
2. How Do You Sleep?
3. To Die For
4. I'm Ready (Sam Smith & Demi Lovato)
5. Fire On Fire
6. Promises (Calvin Harris & Sam Smith)

プロフィール

サム・スミス
サム・スミス

イギリスのシンガーソングライター。『BBC Sound of 2014』で1位を獲得し、2014年に発表したデビューアルバム『イン・ザ・ロンリー・アワー』が全英1位、全米2位を獲得(日本デビュー盤は2015年1月)。2017年発表のセカンドアルバム『スリル・オブ・イット・オール』は、全米・全英1位を獲得。最新作『Love Goes』を2020年10月30日にリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表 1

    東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表

  2. 常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ” 2

    常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ”

  3. 異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生 3

    異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生

  4. 在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介 4

    在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介

  5. お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん 5

    お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん

  6. シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』 6

    シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』

  7. カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く 7

    カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く

  8. 「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載 8

    「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載

  9. 「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る 9

    「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る

  10. ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで 10

    ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで