特集 PR

異端のアイドルグループBiSのマスコットにして悩み多き20歳の女子、のぞしゃんことヒラノノゾミが各界の著名人に人生相談して回る本連載。第1回目のゲストは『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』や『ピューと吹く!ジャガー』などの代表作を持つ漫画家・うすた京介さんです。BiSのファンであることを公言しているうすた氏が、のぞしゃんの悩みを一刀両断……してくれる!?

ヒラノノゾミ

誕生日/1992年5月15日
愛 称/「のんちゃん」
マイペース担当。座右の銘は「きりたんぽうめぇよ?みんな、秋田のことなめたらのんのんのん!のんちゃんこと、ヒラノノゾミです。」

Twitter@BiS_nozomi
BiSオフィシャルサイト

うすた京介

1974年生まれ。漫画家。主に『週刊少年ジャンプ』でギャグ漫画を発表。1996年に『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』でデビュー。その他、代表作に『ピューと吹く!ジャガー』がある。

Twitter@k_usuta

インタビュー・テキスト:南波一海 撮影:菱沼勇夫

あの、私とお付き合いしたいなと思って下さったことありますか? (ヒラノ)

ヒラノ:うすた先生が最初にTwitterで私たちのことをファンだって仰ってくださったじゃないですか。BiSを知って下さったきっかけはなんですか?

うすた:音楽関係の動画を見てる時に、たまたま”nerve”のPVか何かを見て、いいなって思って。で、色々見てたら、ももクロを追っかけしてたやつがありましたよね。

ヒラノ:突撃しましたね。

うすた:みんなコスプレして。サザエさんです、孫悟空ですって。のんちゃんなんだっけ?

ヒラノ:草間彌生。

うすた:そうそう、草間彌生ですっていうのを見た時に「これはすごい」と思って(笑)。草間彌生って別にコスプレの対象にならない人だから、すごいアイドルがいるなと思って、そこから色々見始めたんです。で”primal.”で曲が好きになって、いつのまにかCD買ってて。

―色々アイドルがいる中で、BiSのどんなところがよかったですか?

うすた:もともとアイドルってあまり見たことがなくて、Perfumeが好きなくらいだったんですけど、Perfumeはそんなにアイドルっぽくないじゃないですか。アイドル見てみようかなって漁ってた時期があったんですけど、その時は音楽にあまり食いつけなくて。でもBiSは音楽的にはアイドルっぽくない曲なので、入りやすかったですね。

ヒラノ:ありがとうございます。

―ありがとうございますの一言だけ(笑)。

うすた:おれしか喋ってないことになっちゃう(笑)。

悩めるアイドル・ヒラノノゾミ(BiS)、人生相談に行く

ヒラノ:じゃあ、それまでうすたさんはアイドルさんにはあんまり興味のないまま、バンドさんとかを聴いてらっしゃったんですか?

うすた:うん、だいたい邦楽のロック系のバンドばっかり聴いてて。で、若干洋楽に行ったりしたんですけどちょっと飽きて、いまアイドルばっかり聴いてる。最近はハロプロばっかり。BiSきっかけでハロプロに行きついたんですよ(笑)。

ヒラノ:すごい! 嬉しいですね。

うすた:ハロプロ聴くと、なんでも聴けますね。もう全アイドルの曲を聴けるようになっちゃって。東京女子流とかもそうだし、ももクロも好きです。

ヒラノ:すごい、たくさん聴いてらっしゃるんですね。

うすた:のんちゃんの草間彌生きっかけでこんなことになって(笑)。

ヒラノ:今って楽曲が良いアイドルさんたち増えてますもんね。

うすた:そうですよね。とは言っても、やっぱ普通にアイドルを聴いてない人たちからすると多分、ハードルがあると思う。BiSは丁度その中間ぐらいだったから、BiSが好きになるまではやっぱり壁は感じてましたよね。

ヒラノ:おー。本当に取り払えたら嬉しいですよね。

うすた:そうですよ、取り払える存在だと思いますよ。

ヒラノ:嬉しいです。あの、私ってこんなキャラクターですけど、私とお付き合いしたいなと思って下さったことありますか?

―いきなりすごい質問(笑)。

うすた:いやいや、それはみんなそうなんじゃないんですか?(笑)

ヒラノ:ほんとですか?

うすた:いや、全然、可愛いと思いますよ。

―その辺がのんちゃんの悩みだったりするんです。

うすた:え、そうなんですか?

ヒラノ:はい。最近BiSは新メンバーを加えて5人組になったんですけど、Twitterとかでファンの人たちがそっちに流れようとしていて…。

うすた:新メンバーに行っちゃうと。

ヒラノ:「推し変」っていうのがBiSでも行われるようになってきてるんです。

―例えばTwitterを見てると、プロフィールに「ヒラノノゾミ推し」って書いていたファンが、いつの間にか新メンバーに流れてたりとか。それを今ちょっと気にしてるんです。

うすた:そうなんですか。でもそういうもんじゃないの? アイドルファンって。結構フラフラするでしょ?(笑) おれもフラフラするし(笑)。

―今はみんな誰でも好きって状態ですよね。でもやっぱり本人からしてみると、それは。

うすた:嫌だと。

ヒラノ:前に優しくしてくれてた人が、新メンバーのアイコンにして、名前も変えて、私へのリプライがそっけなくなって。あーそういうことなんだなって。

うすた:そっかー、それはショックだろうねぇ。漫画家だとそういうことをいちいち報告してくれる人もいないですからね。だから、気づかないうちに離れていってるんだね、おれらの場合は。だからあんま気にならないんだけど、そういうの露骨に見ちゃうとたしかに気にするかもしれないですね。

ヒラノ:そうですねぇ。

うすた:でも、『ONE PIECE』の尾田栄一郎さんも、ファンっていうのは常に入れ替わっていくものだと言ってましたよ。新しく再生されていくもんだから、新規のファンがどんどん増えてくれればいいわけだし。

ヒラノ:新規獲得できますかね?

うすた:いや、できるでしょ(笑)。でも人数増えちゃったもんね。選択肢が増えちゃった。

―逆に、どうして流れていっちゃったんだと思います?

ヒラノ:やっぱり、オタの人もがっつくじゃないですか。リプライちょうだい、どういう子か知りたいから教えてーみたいな。それで新メンバーの子も頑張るんですよね、最初は、Twitterのリプライを。やっぱりリプライもらえるのってすごく嬉しくて重要なことなんだろうなって思いましたね。

うすた:でも、どうにもできないよね。いいんだよ、そういう人はそういう人で、また戻ってくるかもしれないし。色々だと思うんだよ、その時その時で。それこそ最近ハロプロのMV見てると、それぞれのソロバージョンとかあるでしょ? 一個一個見てると、そのとき見てる人のことが好きになるから、やっぱり(笑)。

PAGE 1 > 2 > 3 > 4

悩めるアイドル・ヒラノノゾミ(BiS)、人生相談に行く

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント 1

    長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント

  2. 美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん 2

    美術を学び直して、はやく人間になりたい! / 美術のトラちゃん

  3. 解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中 3

    解体迫る中銀カプセルタワービル・カプセル保存のためのクラファン実施中

  4. K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る 4

    K-POP歌手でありバーチャルなウサギ、APOKIとは?本人らが語る

  5. 別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」 5

    別府の街に多様な人々が集う。老舗劇場に見る「生きやすい場所」

  6. セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も 6

    セカオワFukaseが描く初絵本『ブルーノ』10月刊行、直筆サイン入り特装版も

  7. 伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感 7

    伊賀大介×篠崎恵美×森永邦彦 「花と服」から得られる自己肯定感

  8. キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート 8

    キングレコード民族音楽シリーズ全150タイトルのハイレゾ配信がスタート

  9. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 9

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  10. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 10

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」