特集 PR

第4話:不法侵入中に、HIROKIさん(Dragon Ash)へインタビュー -連載・コラム:CINRA.NET

謎多きパンクバンド「秘密ロッカー」について調査を続けるさなか、プロデューサーを務めるDragon AshのHIROKI氏から突如呼び出しを受け、ギターのタモ(森田祐介)氏に会うため都内某所の彼の自宅へと向かったHIROKI氏と私。しかし、家に到着してもタモ氏は姿を見せず、鍵は開けっ放し。「入って待ってようぜ」というHIROKI氏の言葉につられて、ついつい不法侵入してしまったが、よく見ると部屋の中は秘密ロッカーの「ヒミツ」を紐解くアイテムがいっぱい。タモ氏がいないのをいいことに、好き放題部屋を捜索する二人だったが、タモ氏が帰ってくる気配は一向になく、ついには冷蔵庫の缶ビールを勝手に飲み始めることに……。アルコールの力もあってか、普段は怖いHIROKI氏もなんだか饒舌になってきたところで、私は思い切ってずっと気になっていた質問を投げかけた。

不法侵入中に、HIROKIさん(Dragon Ash)へインタビュー
タナカ

―あのー、HIROKIさんって、そもそもどうやって音楽始めたんですか?

HIROKI

HIROKI:なんだよ急に。ギター始めたのは21才のときだったかな?

タナカ

―えっ、そんな遅いんですか? 学生のときにやってたとかじゃなくて?

HIROKI

HIROKI:学生のときはバンドブームだったけど、楽器ができないからボーカルやってたよ。GASTANKがインディーデビューしたくらいのハードコアが流行ってた時期で、ギズムのコピーとかしてたなぁ。

タナカ

―出身はどこなんですか?

HIROKI

HIROKI:岡山。18才で東京に出てきて、ふらふらしてたら「金になる仕事あるよ」って言われて、ついて行った先がヤ○ザみたいなところだったんだよ。そこでしばらく働いてたんだけど、本格的にヤバそうになってきたから、海外に行くっていう体裁でやめさせてもらったんだよね。で、急に暇になったから、「バンドでもやるか」って。そこから一緒に辞めた親友とバンド始めたら面白くて、いまもずっと続けてる。

タナカ

―そのバンドでギターを始めたんですか?

HIROKI

HIROKI:そうそう。ろくにコードもわかってないくらいのレベルだったのに、「ギターちょっと弾けるよ」って(笑)。親友はベースだったんだけど、「シド・ヴィシャスになりたい」って言ってたくらいだから、俺よりもヘボかったな。だからスタジオ入ってもコピーできないからオリジナル作ってた(笑)。

タナカ

―そんな理由でオリジナル曲を(笑)。でも、そこから弾けるようになるもんなんですね。

HIROKI

HIROKI:ライブはけっこうやってたんだけど、対バンのヤツにギターの弾き方を教えてもらってたね。「それどうやってんの?」みたいな。そのクセがあって、いまでもタモに「それどうやってんの?」って聞いたりしてて。

通好みなシブいフレーズから、圧倒的な存在感を放つテクニカルなフレーズまで自在に操るHIROKI氏が、まさかギターを21歳で始めたなんて、思いもよらなかった。しかし、さらに話を聞いていくと、こんなエピソードは序の口と思える波瀾万丈な物語が……。

当時はバブルだったから、俺はたくさん金を出すメーカーと契約したくて(笑)。
タナカ

―その後、そのバンドはどうなったんですか?

HIROKI

HIROKI:3年くらいやったんだけど、ベースが「ちょっとイタリアに行ってくる」って言っていなくなっちゃったんだよ。だから、スタジオミュージシャンやってる先輩に、「一緒にバンドやってもらえませんか?」ってお願いして、新しいバンドで2年くらいやったのかな。そこですごい鍛えられたんだよね。それで、その後にJASONSってバンドを組んだんだけど、それがトントンと人気が出て。当時はWRENCHとか、SUPER JUNKY MONKEYとか、COKEHEAD HIPSTERSとか、Hi-STANDARDとか、あの辺のバンドがみんないたんだけど、一緒にやってるうちにシーンがどんどん盛り上がって。楽しかったね。昼間はトラック乗ってバイトしてたんだけど、夜クラブに行ったらVIP待遇みたいな。

タナカ

―確かJASONSがそのままSTROBOに発展したと思うんですけど、どういう経緯で?

HIROKI

HIROKI:JASONSにメジャーから契約したいって話が来て。俺が契約交渉とかやってたの。で、当時はバブルだったから、俺はたくさん金を出すメーカーと契約したくて(笑)。「お前、いくら出せるの?」みたいなこと言ってたなぁ。

タナカ

―それでメジャーデビューしたんですか?

HIROKI

HIROKI:バンドを組んで1年後くらいにアンティノス(いまはなきソニー系のレコード会社)の社長から契約したいって言われて、俺は「ヤダ。いくら出せるの?」って言ってたんだけど、メンバーがしゃぶしゃぶをごちそうになったあたりから心が揺らいで。

タナカ

―わかりやすい(笑)。

HIROKI

HIROKI:それで、曲がたまり次第出そうということで仮契約をして、毎月60万くらい育成費みたいなのをもらうようになったんだけど、急にバイトも半分くらいで済むようになったから、気合い入れて週に3回とかリハをやってたの。そしたらだんだんバンドがギスギスしてきて(笑)。ボーカルのヤツが歌詞を書いてこないから、「給料減らすぞ」とか言ってたら、「金は要らないから、もう辞めたい」ってなっちゃって、結局脱退したんだよ。

タナカ

―えっ、契約はどうなったんですか?

HIROKI

HIROKI:それから3人で代わりにボーカルやりながら続けたんだけど、その頃には音響系の音楽が好きになってたから、BOREDOMSとか出てるような山のパーティーに出入りするようになって。最終的には歌無しのダンスミュージックをやるようになって、それがSTROBOになったの。アンティノスはいわゆるミクスチャーバンドを出したいと思って契約してくれたから、このまま金もらってても申し訳ないし、「やめさせてください」って言ったら、社長から「プロデューサーにならないか?」って言われて。俺だけアンティノスのお抱えプロデューサーみたいになったんだよね。

PAGE 1 > 2 > 3 > 4

秘密ロッカーのヒミツ大捜索 連載もくじへ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性