特集 PR

恋愛の神髄を描いた、ガロッタの伝説的舞台が約30年ぶりに来日

恋愛の神髄を描いた、ガロッタの伝説的舞台が約30年ぶりに来日

萩原雄太

「ヌーヴェル・ダンス」と呼ばれるダンスがある。現在のコンテンポラリーダンスの源流と言われるこのダンスは1980年代のフランスで誕生した。長らくダンス界の権威とされてきたバレエからの脱却を試みたこのダンスからは、現在にまで影響を及ぼす数々の伝説的な作品が生まれている。このヌーヴェル・ダンスの中心人物である振付家ジャン=クロード・ガロッタの作品『ダフニスとクロエ』が今年4月、青山スパイラルホールで上演される。なぜ、この作品は伝説的なダンスとなり得たのか? アヴィニヨン演劇祭において絶賛をもって迎えられた初演から30年の時を経て、いまだ色褪せない輝きを放つこの作品の秘密に迫る。

「ヌーヴェル・ダンス」の第一人者、ジャン=クロード・ガロッタ

「コンテンポラリーダンス」と呼ばれるジャンルのダンスは、この10年で大きく認知度をあげてきたものの、それがどういうダンスなのかを説明するのが難しい。とてもダンスとは思えないような痙攣に似た動作を執拗に繰り返したり、ほとんど日常と変わらない動きをしたり、そうかと思えばしっかりと踊る人もいるし、逆に全く踊らないなんていうダンスも存在する。学ラン姿で踊るコンドルズも、テクノロジーと身体を融合させたダムタイプも、カニを振り回しながら踊るボクデスも、みんなジャンルとしては「コンテンポラリーダンス」に区分される。しかし、ダンサーたちに「コンテンポラリーダンスとは何ですか?」と聞いても、その質問に正確に答えられる人は少ないだろう。

「何でもあり」それが、コンテンポラリーダンスのほとんど唯一のルールであり醍醐味なのだ。そもそも「コンテンポラリー=現代の」という名前からして特定の様式を求めていない。様式や身体性では定義し得ないからこそ、ほとんど唯一の共通点である「現代に行なわれている」ということでしか束ねることができないのだ。

©Guy Delahaye
©Guy Delahaye

そんな、コンテンポラリーダンスの源流は諸説あるものの、1980年代にフランスで誕生した「ヌーヴェル・ダンス」に遡ると言われている。しかし、これもまたよくわからない名前だ。フランス語で「新しいダンス」という名前を持つこのダンスは、いったいどんなものなのだろうか? ものの本を紐解いてみよう。

「長らくバレエが独占してきたフランスやMベジャールの本拠地ベルギーのダンスシーンにおいて、アメリカのいわゆるポスト・モダンダンス、ドイツのタンツ・テアター、日本の舞踏といった雑多な影響によって生まれた」(『西麻布ダンス教室』白水社刊)

戦後、ニューヨークではジョン・ケージとコラボレーションを行ったマース・カニングハム、ドイツでは、先日ヴィム・ヴェンダースによる映画が話題となったピナ・バウシュや、アメリカ人ながらヨーロッパで活躍したウィリアム・フォーサイスらが活躍した。遥か遠くの国、日本でも土方巽や大野一雄が舞踏と言われる独自の身体性を確立してきた。それら世界各国のダンスシーンで勃興していたムーブメントを束ね、新たなジャンルとして確立させたのが「ヌーヴェル・ダンス」である。

この「ヌーヴェル・ダンス」の第一人者として、中心的な活躍を見せた振付家がジャン=クロード・ガロッタだ。

ニューヨークに留学し、マース・カニングハムらポスト・モダンダンスに影響を受けながら創作活動をしてきたガロッタ。その作品はすでに60作以上が発表されており、現在も世界中で上演されている。また、コンテンポラリーの作品だけでなく、リヨンやパリ・オペラ座バレエ作品の振り付けも手がけているフランスダンス界の大御所だ。

Page 1
次へ

イベント情報

『ダフニスとクロエ』

2012年4月25日(水)、4月26日(木)OPEN 19:00 / START 19:30
※26日(木)上演後、トークショー有 ゲスト:ジャン=クロード・ガロッタ、クロード=アンリ・ビュファール(ドラマトゥルグ)
会場:東京 表参道 スパイラルホール
料金:前売・日仏会員・学生3,500円 当日4,000円(全席自由)
主催:東京日仏学院
会場協力 :株式会社ワコールアートセンター
助成:アンスティチュ・フランセ

プロフィール

ジャン=クロード・ガロッタ

ニューヨーク滞在中にマース・カニンガムらのダンスに影響を受ける。1979年グルノーブルにて、現在のグルノーブル国立ダンスセンター(1984年設立)の前身となる、グループ・エミール・デュボワを結成。ダンサー、俳優、音楽家、造形芸術家などが集まるグループとなった。その創作・振付作品は60を超え、世界中で上演される。リヨンとパリのオペラ座バレエ作品の振付も多数手がける一方、日本でも静岡県舞台芸術センター(SPAC)ダンス・カンパニーの結成に携わり、1997年から99年にわたって監修を務める。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 4

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  5. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 5

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  6. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 6

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  7. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 7

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  8. KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る 8

    KANA-BOON×山岸聖太監督 共に歩んだ5年と、業界の変化を語る

  9. 韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感 9

    韓国で社会現象『82年生まれ、キム・ジヨン』邦訳刊行。女性から絶大な共感

  10. 橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら 10

    橋本環奈連ドラ初主演『1ページの恋』に板垣瑞生、濱田龍臣、古川雄輝ら