特集 PR

意外と身近にある みんなのメディア芸術 Vol.2 アート系ミュージックビデオの奥深さ 関和亮×カジヒデキ対談

意外と身近にある みんなのメディア芸術 Vol.2 アート系ミュージックビデオの奥深さ 関和亮×カジヒデキ対談

タナカヒロシ
撮影:小林宏彰

ミュージシャンが心底ノッた作品は、いいものになる

―カジさんの印象に残っているご自身のMVはなんでしょうか?

カジ:1999年に出した“Queen Sound Babbles Again”のときは、スウェーデンのストックホルムにいる監督さんにお願いしたんですけど、すごく印象に残っています。当時、スタンリー・キューブリックの『シャイニング』がマイブームだった頃で、監督さんに「デカダンス(退廃)を感じさせる作品にしたい」っていう話をしたんです。すると監督さんがそれに応えてくれたんですが、スウェーデン人の女性と僕が絡むシーンがあったんですよ(笑)。しかもその女性は下着が見える衣装だったんですけれども、ちょっとどぎつい下着を着ていて。僕はそんなキャラでもなかったので、違う衣装に変えてもらうということがありました。

:MVは名刺みたいなものですからね。あんまりキャラじゃないことするのも、違いますよね。

カジ:でも、絡みのシーンはどうしても撮らなきゃいけなかったので、なんとか頑張りましたよ。監督さんは僕の過去作品をいくつか見てもらっていたんですけど、キャラクターまでは知らなかったと思いますので、すごくチャレンジしてくれました。あのときはちょっと困りましたけど、結果的にはすごく好きな作品になりましたね。

関和亮×カジヒデキ対談

―本人が出演するMVって、ミュージシャンにチャレンジしてもらわなきゃいけないこともありますよね?

:そうですね。「水の中に潜って」とか、「ここからここまで走って」っていう要望を遠慮していたら何もできませんので、たとえ嫌われてしまいそうだとしても言いますね。それでダメと言われたら、違うことを考えれば良いわけなので。

―そのあたりは、監督とミュージシャンの間で戦うこともあるんでしょうね。

:そうですね。ただ、MVはミュージシャンさんから依頼を受けて作るものなので、やっぱり第一はミュージシャンのものだという意識がどうしてもあるんです。映画ならば違うのかもしれませんが、「こうでなければならない」という考えを無理して通すよりは、お互いに納得したり、そのミュージシャンに合うものにしていきたいと思いながら制作しています。

―MVのおもしろさって、監督だけの作品ではなく、音楽がありアーティストがいて、その状況をどのようにプロデュースされているかを見ることなんですよね。単にビジュアルがきれいだということではなくて、いかにその音楽をおもしろく見せるか、というアイデア勝負をこそ見たい気がします。

:MVに求められる大半のことって、かっこいいとかきれいとかすごくキャッチーなことなんですけど、そういうMVはすでにたくさんあるので、逆にニッチなところに目をつけた作品のほうが際立つのかなと思ったりもしています。「なんだこれは!?」「どうやってるの?」っていう心理を見ている人に与えるのも、ひとつのキャッチとしていいんじゃないかなと。まぁ、そこまで変なものを作っているつもりもないんですけどね(笑)。

―関さんがミュージシャンに求めるものはなんでしょう?

:それぞれのミュージシャンに合わせて、けっこう悩むんですよ。この方には赤がいいのか、モノクロがいいのかとか。そういうときに、「こういうほうがいいよね」って一緒になって考えられることを求めますね。すべてを任せてもらえるのもうれしいんですが、ノリノリになって一緒に作ってくれれば撮影時の雰囲気も全然違いますしね。

Page 2
前へ 次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察