特集 PR

岡田将生が挑戦する世界的ホラー演劇で味わう「恐怖」という快楽

岡田将生が挑戦する世界的ホラー演劇で味わう「恐怖」という快楽

小林英治
撮影:菱沼勇夫

英国発のゴシックホラー演劇『ウーマン・イン・ブラック<黒い服の女>』が、この夏、パルコ劇場で7度目の上演を迎える。これまでに12の言語に翻訳され、世界40か国余りで上演されている同作品は、本国イギリス・ロンドンのフォーチューンシアターでも、今年6月に26年目の上演に入り、同劇場のロングラン記録を更新中。演劇では非常に珍しいホラー作品が、なぜこれほどまでに人気があるのか? その秘密は「無人の劇場」の様子を覗き見る「劇中劇」という、原作小説とは異なる演劇ならではの舞台設定、そして劇場空間という、二人の俳優と観客が一体となった共有体験にあると言えるだろう。

今回、このホラー演劇に新たに挑むのは、昨年の初舞台を経て今後の活躍が一層期待される新鋭俳優の岡田将生と、あらゆるタイプの役を自在に操ることのできる演技派の勝村政信。舞台を直接目撃する「演劇」だからこそ感じられる、リアルな恐怖をぜひ堪能あれ。

(メイン画像:スタイリスト:大石裕介(DerGLANZ) ヘアメイク:奥平正芳(CUBE))

恐怖を「快楽」として楽しむことができる、人の脳の構造

人間が「恐怖」を感じることは、危険を察知し、それを回避して身を守るために、生物として本能的に備わった情動の1つである。脳科学的にいえば、恐怖や怒り、不安などの情動反応をつかさどる部位「扁桃体」は記憶を定着させる「海馬」と密接に関わっていることが知られており、恐怖と結びついた記憶は無意識化の深いところに保持されるという。

その一方で、他の動物に比べて進化、肥大化した人間の脳では、恐怖という感覚を楽しむことができるのも大きな特徴である。現実には危害が加えられないとわかっているフィクションにおいては、恐怖がもたらす刺激と興奮が快感に近いものとして感じられるようになるからだ。肝だめしやお化け屋敷、古今東西の怪奇小説やホラー映画にいたるまで、ホラーがエンターテイメントのジャンルとして多くの人々に親しまれているのはその証拠と言えるだろう。

想像力を働かせることで、増幅していく「恐怖」の感覚

では一体、人は何に恐怖を感じるのか? 究極的には「未知なもの」「知覚できないもの」に触れたとき、「予測できないもの」に襲われるとき、人は恐怖を感じるのではないだろうか。そしてそこには「想像力」という人間特有の能力が関係している。実際には存在しないのに、見えると錯覚する、見間違える、思い込む(幽霊)。偶然の出来事を予兆とみなして、何かが起こることを想像してしまう(怪奇現象、呪い)。

あらゆるホラー系のエンターテイメント作品でも、じつは見た目の怖さ云々より、いかに観客や読者の想像力を働かせる状況を生み出せるか? というところに成否がかかっていると言ってもいい。グロテスクなゾンビがいかに大量に出てきても、慣れてしまえば怖くないが、そんなゾンビに支配された世界が、映画を観終わったあとの現実世界でも起こっていたとしたら……。想像力を働かせることで、恐怖はどんどん増幅していくものなのだ。

じつは意外にも作品が少ない「ホラー演劇」というジャンル

ところで、ホラー映画や小説の名作は数あれど、「ホラー演劇」となると、なかなか代表作の名を思い浮かべられない人も多いのではないだろうか? 19世紀末から20世紀前半、「恐怖」を見せることで一世を風靡したグラン=ギニョル座という劇場がフランス・パリにあったが、上演されていた作品は、見世物小屋に近いものであり、観る人に想像力を働かせてジワジワと恐怖を味合わせるものではなかった。他にも霊的な存在が主人公となる日本の伝統芸能「能」や、シェイクスピア作『ハムレット』に登場する亡霊も、死者ではあるが、恐怖をもたらすものとして描かれているわけではない。

『ウーマン・イン・ブラック』メインビジュアル
『ウーマン・イン・ブラック』メインビジュアル

そんな中、恐怖を舞台で味わえるホラー演劇の決定版と評されているのが、8月にパルコ劇場で上演されるイギリス発の作品『ウーマン・イン・ブラック<黒い服の女>』だ。同作品はイギリスの女流作家スーザン・ヒルが1983年に発表したゴシックホラー小説を舞台化したもので、イギリス本国では1987年に初演。1989年にロンドンのフォーチューンシアターに移ってから今日現在に至るまで、26年にわたるロングラン上演記録を更新中という、圧倒的人気を誇る作品だ。

日本でも1992年にパルコ劇場で斎藤晴彦、萩原流行により、オリジナル版の演出家ロビン・ハーフォードを迎えて初演して以来、1993年(斎藤晴彦 / 萩原流行)、1996年(斎藤晴彦 / 西島秀俊)、1999年、2003年、2008年(斎藤晴彦 / 上川隆也)と上演を重ねており、観客からの再演希望が多い作品として知られている。この夏の7年ぶり、7度目の上演では、キャストと翻訳を一新し、あらためてオリジナル版の演出家によって上演される。

Page 1
次へ

イベント情報

『ウーマン・イン・ブラック』

演出:ロビン・ハーフォード
脚色:スティーブン・マラトレット
原作:スーザン・ヒル
翻訳:小田島恒志
出演:
岡田将生
勝村政信

東京公演
2015年8月7日(金)~8月30日(日)全29公演
会場:東京都 渋谷 パルコ劇場
料金:8,500円 U-25チケット5,000円

名古屋公演
2015年9月3日(木)、9月4日(金)全2公演
会場:愛知県 名古屋市青少年文化センター アートピアホール
料金:9,500円

新潟公演
2015年9月6日(日)全1公演
会場:新潟県 新潟 りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館
料金:S席8,500円 A席6,000円

大阪公演
2015年9月8日(火)~9月12日(土)全7公演
会場:大阪府 森ノ宮ピロティホール
料金:S席8,800円

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“完熟宣言”

<もしも願いが叶うならば はぐれた仲間の分まで 幸せな未来をちょうだい>。円陣を組んでシャムキャッツの4人が歌っている。大切な人との別れ、当たり前だった日常が失われていくことも横目に、ステップは絶えず前に。無邪気に笑顔を振りまく姿に、大人になるのは哀しくも楽しく、なんてことを思う。(山元)

  1. NHK『坂道テレビ』に中村勘九郎、吉岡里帆、井上芳雄ら&“黒い羊”写真も 1

    NHK『坂道テレビ』に中村勘九郎、吉岡里帆、井上芳雄ら&“黒い羊”写真も

  2. ピノキオピー、思春期に「優しさ」を学んだ大槻ケンヂとご対面 2

    ピノキオピー、思春期に「優しさ」を学んだ大槻ケンヂとご対面

  3. 石田スイ×TK from 凛として時雨 みんな何かと戦い、傷ついている 3

    石田スイ×TK from 凛として時雨 みんな何かと戦い、傷ついている

  4. Yogee New Wavesは時代を代表するバンドへ。青春の音の旅は続く 4

    Yogee New Wavesは時代を代表するバンドへ。青春の音の旅は続く

  5. 志尊淳が『HiGH&LOW THE WORST』参戦、鳳仙学園のリーダー役 特報公開 5

    志尊淳が『HiGH&LOW THE WORST』参戦、鳳仙学園のリーダー役 特報公開

  6. サカナクション山口一郎がオーストラリアの砂漠へ 「カロリーメイト」新CM 6

    サカナクション山口一郎がオーストラリアの砂漠へ 「カロリーメイト」新CM

  7. 日比野克彦が成功した理由 若手アーティストたちが自ら訊く 7

    日比野克彦が成功した理由 若手アーティストたちが自ら訊く

  8. NHK大河ドラマ『いだてん』、ピエール瀧の代役に三宅弘城 8

    NHK大河ドラマ『いだてん』、ピエール瀧の代役に三宅弘城

  9. 上白石萌音×杉野遥亮×横浜流星が同居生活 『L♡DK』新作映画キャスト発表 9

    上白石萌音×杉野遥亮×横浜流星が同居生活 『L♡DK』新作映画キャスト発表

  10. 映画『名探偵ピカチュウ』吹替声優に竹内涼真、飯豊まりえら 新予告編公開 10

    映画『名探偵ピカチュウ』吹替声優に竹内涼真、飯豊まりえら 新予告編公開