特集 PR

超絶技巧ピアニスト・スガダイローの新たな欲望

超絶技巧ピアニスト・スガダイローの新たな欲望

柳樂光隆
撮影:豊島望

スガダイローというピアニストをご存知だろうか? 名門・洗足学園音楽大学とバークリー音楽大学でジャズを学び、帰国後は渋さ知らズや、ROVOのドラマー・芳垣安洋も参加するオルケスタ・リブレなど、さまざまなコラボレーションを行いながら活躍するフリージャズピアニストだ。最近では、星野源のシングル『地獄でなぜ悪い』にも参加。歌声にスリリングに絡み付くエモーショナルな超絶技巧ピアノの音といえば、印象に残っている人も多いかもしれない。

そんなスガダイローが、飴屋法水、contact Gonzo、近藤良平といったパフォーミングアーティストたちと、五夜に渡ってガチンコ即興対決パフォーマンス『瞬か』を行なう。過去にも七尾旅人や向井秀徳、U-zhaanらと即興「対決」を繰り広げてきたスガダイロー。今回の対決はどのような様相を示すのか、あらためてこれまでのスガの歴史を振り返りつつ、今回の対戦相手であるコンテンポラリーダンサー・喜多真奈美、田中美沙子の二人にも話を聞いた。

[メイン画像]撮影:森孝介

ヤバい相手であれば、どんなモノであろうが自ら反応していくのが真のジャズ

初めてライブを目撃したときのスガダイローは、玉の汗を滴らせながら、残像が残るほどのスピードで鍵盤を叩き、ときにピアノが揺れるほどの勢いで鍵盤を押し込んでいた。その破壊的な演奏だけでなく、形相も含め、狂気のようなものを感じるフリージャズピアニストだった。

その後、荻窪のライブハウス・velvetsunで七尾旅人との対決ライブを見たときは、楽器を持たずに舞い始める(!)七尾旅人をクールな表情でじっと見つめながら、七尾の出す音や動きに対して、丁寧にきれいにピアノの音を当てつつ、その場をコントロールしていた。クレバーで巧いピアニストだった。

スガダイローは知れば知るほど、その正体が掴めないピアニストだ。二面性、もしかしたら三面性、四面性……スガダイローのサウンドというものは確実に存在するのに、「どんなピアニストか?」と問われると、何故か答えづらい。

その掴めなさを決定的にしたのが、ラッパーの志人とコラボレートした日本のジャズ史に残る怪作アルバム『詩種』だった。まるで日本昔話や童話のような、不思議な志人のリリックと同じ呼吸で奏でられたピアノからは、やわらかさや、ときに優しさのようなものまでもが滲み出つつ、「狂気」や「自由」や「巧さ」も顔を見せるという不思議な作品に仕上がっていた(ちなみに同アルバムは二十九面立体特殊ジャケットという、やり過ぎなCDパッケージも印象的)。

作品をリリースするたびに、ライブを繰り広げるたびに新しいイメージが積み重なっていく。そして、まずます掴めなくなっていく。こんなミュージシャンは、今まで見たことがなかった。

そんな彼がライフワークのように行っているライブが、さまざまなジャンルのミュージシャンたちと即興演奏を繰り広げるという「対決」シリーズだ。ジャズの世界で日々繰り広げられる対決セッションに加え、2006年には高木正勝、菊地成孔らが参加した異種格闘技的即興対決ドキュメンタリー『BOYCOTT RHYTHM MACHINE II VERSUS』で、BOATやNATSUMENのギタリスト・AxSxEと対決。そして2010年には、七尾旅人、伊藤大助(クラムボン)+オータコージ、U-zhaan、志人らと対決した『七夜連続七番勝負』も大きな話題になった。その後も向井秀徳(ZAZEN BOYS)、仙波清彦など、ジャンルもキャラクター異なる様々な音楽家と対決を繰り広げている。

ちなみにジャズとは、そもそも「対決」の要素が内包されていたジャンルでもある。たとえば、1940〜50年代に流行したビバップでは決められたコード進行のなか、アドリブで即興演奏のテクニックや個性を競い合うという側面があり、そのなかで圧倒的な実力を誇ったのが、ジャズの巨人チャーリー・パーカーやディジー・ガレスピーだった。その流れは後にも受け継がれ、ジョン・コルトレーンとソニー・ロリンズという、テナーサックスの巨匠二人がぶつかり合った『テナー・マッドネス』などの名盤も生んでいる。

スガダイロー 撮影:森孝介
スガダイロー 撮影:森孝介

そういえば、スガの師匠ともいえるフリージャズピアニスト・山下洋輔も、ジャズに宿る「対決のDNA」を幾度となく呼び覚まさせてきた人物でもある。1985年、単身アメリカにわたり、行く先々のライブハウスで飛び入りセッションを繰り広げるという道場破り的なアメリカツアーを敢行。伝説的な燃え盛るピアノでの演奏も、炎との格闘だったとも言えるだろう。

対して、スガダイローも負けてはいない。業務用ミシンを操作するファッションデザイナーとの対決や、バスケットボールプレイヤーとの対決(!)、さらに、広島・尾道でのライブでは、偶然窓の外から響きわたった花火大会の爆発音に対して急遽「対決」を繰り広げたという。

ヤバい相手であれば、どんなモノであろうが自ら反応していく。それは誰かが発した音に反応しながら、コミュニケーションによって自由に音楽を作り上げていくジャズの本質と言えるかもしれない。「いつかスーパーカーのエンジン音と対決したい」と夢を語るスガダイローの音楽も、やはり真のジャズなのだ。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『あうるすぽっとプロデュース [N/R]プロジェクト スガダイロー 五夜公演「瞬か」』

第一夜 オープニングナイト
2013年10月30日(水)START 20:00
会場:東京都 池袋 あうるすぽっと
出演:
スガダイロー×喜多真奈美
スガダイロー×田中美沙子
スガダイロー×岩渕貞太
料金:2,000円

第二夜
2013年11月1日(金)START 20:00
会場:東京都 池袋 あうるすぽっと
出演:
スガダイロー×飴屋法水
料金:一般3,000円 学生2,000円 豊島区民割引2,500円 リピーター割引2,000円

第三夜
2013年11月2日(土)START 18:00
会場:東京都 池袋 あうるすぽっと
出演:
スガダイロー×contact Gonzo
料金:一般3,000円 学生2,000円 豊島区民割引2,500円 リピーター割引2,000円

第四夜
2013年11月3日(日)START 18:00
会場:東京都 池袋 あうるすぽっと
出演:
スガダイロー×酒井はな
料金:一般3,000円 学生2,000円 豊島区民割引2,500円 リピーター割引2,000円

第五夜
2013年11月4日(月・祝)START 18:00
会場:東京都 池袋 あうるすぽっと
出演:
スガダイロー×近藤良平
料金:一般3,000円 学生2,000円 豊島区民割引2,500円 リピーター割引2,000円

関連イベント
ヴィヴィアン佐藤と豪華ゲストによるトークショー『Vivi Lounge 〜愛にいらして〜』
全公演日、開演の1時間前より
会場:東京都 池袋 あうるすぽっとホワイエ
料金:無料

『スガダイローソロ・ピアノ フリーライブ@池袋西口公園』

2013年10月20日(日)START 16:30
会場:東京都 池袋 池袋西口公園
料金:無料

プロフィール

スガダイロー

ピアニスト。1974年生まれ鎌倉育ち。洗足学園ジャズコースで山下洋輔に師事、卒業後は米バークリー音楽大学に留学。帰国後「渋さ知らズ」や「鈴木勲OMA SOUND」で活躍し、坂田明や小山彰太とも共演を重ねる。2008年、初リーダーアルバム『スガダイローの肖像』(ゲストボーカルで二階堂和美が3曲参加)を発表。2010年には山下洋輔とのデュオライブが実現。自己のトリオでの活動のほか、向井秀徳、七尾旅人、中村達也、志人、U-zhaan、仙波清彦、MERZBOWらと即興対決を行う。2011年に『スガダイローの肖像・弐』でポニーキャニオンからメジャーデビューを果たし、2012年には初のソロピアノ作品『春風』、志人との共作アルバム『詩種』をvelvetsun productsよりリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像