コラム

この時代に「謎のカセットテープ」を配布するTAMTAMとは?

この時代に「謎のカセットテープ」を配布するTAMTAMとは?

金子厚武
2014/01/28

今春のメジャーデビューを控えた「21世紀型ダブバンド」TAMTAMが、1月21日から全国のタワーレコードで「謎のカセットテープ」を無料配布している。昨年発表の最新作『Polarize』が『MUSIC MAGAZINE』誌の年間ベスト企画で日本のレゲエ部門1位に選ばれるなど、ただでさえ話題豊富な中、なぜ彼らはこの時代にわざわざ「カセットテープ」を配布するのか? そしてそもそも、そのカセットテープには何が収録されているのか? 3月にはプレデビューシングル『クライマクス & REMIXES』のリリースも決定した彼らの魅力を改めて紐解くと共に、「謎のカセットテープ」の正体を追求した。

驚きをもって迎えられた、「ダブバンド」のメジャーデビュー

昨年の10月、「21世紀型ダブバンド」と呼ばれるTAMTAMが、ビクターのスピードスターレコーズからメジャーデビューすることが発表された。斉藤和義やくるり、星野源など良質なアーティストが数多く所属するレーベルだとはいえ、彼らのような「ダブバンド」のメジャーデビューは稀なことで、このニュースは大きな驚きをもって迎えられたように思う。

TAMTAM
TAMTAM

TAMTAM

しかし、ルーツと最先端を同時に視界に捉え、現在進行形のダブを鳴らすTAMTAMにとって、ジャンルのカテゴライズはあまり意味を成さないと言っていいだろう。CINRAでは、彼らの初の全国流通盤『meteorite』発表時に、いち早く紅一点のボーカリストkuroと、ベーシストのjunet kobayashiにインタビューを行っているのだが、その時点でkuroはこんな風に語っている。

kuro:これ(『meteorite』)を聴いてルーツっぽいと思う人もいてほしいし、ロックっぽいと思う人もそれはそれでいいから、とにかく自分たちがグッとくるものをやって、「それがTAMTAMのダブです」っていうスタンスでいようと思ってます。

また、kobayashiはこんな風にも語っていた。

kobayashi:高校生とか、自分たちよりももっと若い人にも届くと一番嬉しいですね。次の世代を担う……って僕らが言うのもなんだけど(笑)、もっと下の世代にも「こういう音楽どう?」って伝えたいですね。

愛するダブをより広く、幅広い世代に届けるために。彼らにとってメジャーデビューは、その目標を果たすための大きな挑戦なのだ。

ルーツと最先端を同時に捉えた、現在進行形のダブバンド

ではここで、彼らの経歴を簡単に振り返っておこう。2008年12月、中南米の音楽を演奏することを目的とした大学のサークルでメンバーが出会い、バンドを結成。kuro、kobayashiの他に、ギターのyuthke suzuki、キーボードのtomomi kawamura、ドラムのaffee takahashiが名前を連ねる。2011年2月にミニアルバム『Come Dung Basie』を自主制作で完成させると、それがバンド「あらかじめ決められた恋人たちへ」のダブPAでもある石本聡の耳に留まり、翌年彼のレーベルであるmaoから、LITTLE TEMPOのHAKASE-SUNをプロデューサーに迎えた『meteorite』を発表。このアルバムをたまたま耳にしたBase Ball BearのメンバーがTwitterで絶賛するなど、この時点で彼らにはジャンルの壁をもろともしない魅力があったと言えよう。

2013年には3月にミニアルバム『Polarize』を発表、10月にメジャーデビューを発表したわけだが、12月には『MUSIC MAGAZINE』誌の特集「ベストアルバム2013」で、『Polarize』が日本のレゲエ部門1位を獲得。選者の大石始から「レゲエというフォーマットをグイッと引き寄せ、伸び伸びと自身の世界を描いてみせた」と評され、メジャーデビューへの期待が一層膨らむこととなった。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『TAMTAM I DUB YOU TOUR2014』

2014年3月16日(日)OPEN 17:30 / START 18:00
会場:愛知県 名古屋 池下CLUB UPSET
出演:
TAMTAM
jizue
egoistic 4 leaves
料金:2,800円(ドリンク別)

2014年3月23日(日)OPEN 17:30 / START 18:00
会場:大阪府 アメリカ村 CLAPPER
出演:
TAMTAM
psybava
and more
料金:2,000円(ドリンク別)

2014年4月6日(日)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 下北沢 SHELTER
出演:
TAMTAM
THE OTOGIBANASHI'S
料金:2,500円(ドリンク別)

プロフィール

TAMTAM(たむたむ)

存在感のある歌声を軸に、レゲエを土台にしつつ雑多なビートを咀嚼したリディムセクションが太くうねるようにボトムを支え、バレアリックで時に空間的なギター、メロウなキーボードが彩りを添える21世紀型DUB BAND。ライブでは常にDUB PAを帯同し、生演奏に絡みつくようなリアルタイムのディレイ、リバーブ処理が空間を歪ませる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

The Wisely Brothers“テーブル”

The Wisely Brothersの新アルバム『Captain Sad』から、リード曲“テーブル”のMVが公開。監督は新進気鋭のアートチーム「chua」。目の前に座っていても視線は交わされない、ひりつくように愛おしい時間は自分の記憶にも確かに存在していて、なんとも切ない気持ちに。ちょっとドリーミーなのも癖になる。<ふたつが重なることはない どうしてもそれぞれは なくなるコーヒーを見て歌おう>というフレーズ、このアルバムに通して漂う悲哀と希望がぎゅっと詰まっているよう。(石澤)

  1. おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら 1

    おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら

  2. 柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像 2

    柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像

  3. ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い 3

    ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い

  4. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 4

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る

  5. 大友良英が『いだてん』に感じた、今の時代に放送される必然性 5

    大友良英が『いだてん』に感じた、今の時代に放送される必然性

  6. 『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表 6

    『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表

  7. 草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真 7

    草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真

  8. 『スター・ウォーズ』の展覧会『STAR WARS Identities』寺田倉庫で開幕 8

    『スター・ウォーズ』の展覧会『STAR WARS Identities』寺田倉庫で開幕

  9. 三浦直之とEMCによるファミレス感漂う「ポップカルチャー」談義 9

    三浦直之とEMCによるファミレス感漂う「ポップカルチャー」談義

  10. 広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演 10

    広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演