特集 PR

『クリエイターのヒミツ基地』 Volume16 水尻自子(アニメーション作家)

脚や唇、尻など体の一部にフォーカスし、観る者にムズムズする感覚を与えるアニメーションを制作しているのが映像作家の水尻自子さん。自身の活動以外にも、タナカカツキさんと伊藤ガビンさんによるユニット「VJ QUIZ」に参加したほか、アニメ「レイナレイナ」(TOKYO MXテレビ)の監督も務めるなど活動の幅を広げています。「ビジョンを持ったことなんて一度もない」と語る脱力系の水尻さんですが、その時々の感覚を重視して人生の道を選び取っていく姿勢は、作品にも大きな影響を与えていると言えます。言葉にはできないけど、確かに何かは感じる――。そんな不思議なアニメーション作品を制作する水尻さんは、どんな人生を歩んできたのでしょうか?

テキスト:宮崎智之(プレスラボ)
撮影:CINRA編集部

水尻自子(みずしりよりこ)
1984年青森生まれ。女子美術大学デザイン学科卒業。手描きやコマ撮りアニメーションを中心に制作し、身体の一部をユニークな視点で捉えた独特のアニメーションを得意とする。2009年、TOKYO MX『レイナレイナ』でアニメ監督デビュー。

水尻自子(みずしりよりこ)

トイレでひらめいた将来の道

青森県十和田市出身。もともと絵を描くことが得意で、漫画『あさりちゃん』(室山まゆみ著)のキャラクターを自分の家族に似せて模写することが大好きな小学生でした。

「でも、特別な才能があるわけではなく、『クラスの中では絵が上手』といった程度。当時は漫画家とかイラストレーターとかになりたいと漠然と思っていましたが、高校生くらいになると現実がわかってきて、すっかり諦めるようになっていました」

しかし、転機が訪れます。大学受験を考えるようになり、当初は経営学部や商学部に進学するため試験対策を進めていましたが、受験の半年前に急遽、美術系大学の受験を決意したのです。

そのきっかけは意外にも「トイレに入っている時、突然ひらめいた」というもの。「本当に勉強したいことは何か気がついたんです。と言っても、デッサンなんてほとんど勉強したことありませんでしたから、美術の先生に指導してもらいながら受験に備えました」

女子美術大学短期大学造形学科のデザインコースに入学し、上京してからは「自分のやりたい表現」を探す日々が続きます。しかし、短大の2年間はあっという間に過ぎ、いつの間にか卒業制作の時期に。その時点で自分の表現が見つけられていなかった水尻さんでしたが、同コースで教授を務めている編集者でゲームデザイナーの伊藤ガビンさんが「好きではないもののなかにこそ、自分と共通するものがある」と語っていたことを思い出し、以前から嫌いだった「水尻」という苗字に正面から向き合ってみることにしました。

なぜ嫌いなのか尋ねてみると、「発音しにくいし、なにより『尻』という単語が入っていることが許せなかった」とのこと。そんな自分のコンプレックスと向き合うべく、水尻さんは手書きで紙に尻のイラストを描き続けました。尻をひたすら描き続ける20歳の女性は世間では変わり者と見られてしまいますが、本人にとっては真剣そのもの。描いた枚数は数千にも及んだと言います。

「それらの作品を、どのようにひとつの作品にまとめようか悩んでいた時、伊藤ガビン先生から『映像にしてみたらどうか』とアドバイスを頂いたんです。それが今の作風を方向付けるきっかけになりました」 アニメーションを作るのは初めてだったため、まったくの独学からスタート。現在の作品にも共通する独特な動きはその時からの癖だといい、水尻作品には欠かせない表現のひとつになっています。

水尻自子

理解するのではなく、ムズムズする映像を

女子美術大学短期大学を卒業後は同大学の四年制に編入。それまで作品の方向性を決めかねていた水尻さんですが、創作活動の面白さに魅せられて没頭していきます。

四年制大での卒業制作では、ハイヒールを履いた女性の脚にフォーカスしたアニメーション作品「かっぽ」が美術館収蔵作品賞を受賞。大学を卒業してからは、伊藤ガビンさんのオフィスに出入りして仕事をもらったり、ギャラリーやWEB系の会社でバイトしたりしながら活動し、2007年には初の個展「水尻自子の『アニメは部屋で』展を開催しました。

多方面から才能を高く評価されている水尻さんですが、手書きの作画だけではなく、音楽もフリー素材を使って自身で編集していることが特徴として挙げられます。1本1本の線の太さにまでこだわりを持ち、アニメーションの動きを細部まで知り尽くしている水尻さんだからこそ、映像にマッチした効果的な音楽を制作することができるのでしょう。

2009年にはTOKYO MXテレビのアニメ『レイナレイナ』でアニメーション監督を務めることに。「これまでは作画や音楽制作まで自分1人でやっていたので、スタッフに指示しなければいけない難しさがありましたが、とても勉強になりました」と手応えを得ました。現在は母校の女子美術大学短期大学で助手をしながら『広島国際アニメーションフェスティバル』出品に向けて、新作を制作しています。

水尻さんの作品にたびたび見られる、体の一部分を強調した表現方法は、前述の通り自身が嫌いだった「水尻」という苗字と向き合うことから生まれたものですが、現在ではどのようなコンセプトのもと制作に取り組んでいるのでしょうか。

「こういうインタビューで、『私の作品のコンセプトはこうです』と言い切ることができればよいのですが、自分でも言語化できない部分があって…。ただ、唇だったり、脚だったり体の一部分に集中することによって、より密な動きが表現できるということは言えると思います。例えば脚だったら、脚ができる全ての動きを考え、その中から気にいったものをチョイスしていきます」

さらに、水尻さんはこう続けます。

「あえて作品にメッセージ性を持たせないことにより、『感覚』で共感できるように心掛けているつもりです。観ている方が『自分もこの動きをしたことがある』と感じ、体がムズムズするような映像を制作していきたいと思っています」

つまり、言い換えるのならば「理解」するのではなく、「体感」して感覚を分かち合うことができる映像だと言えるでしょう。頭で考えて理解した共感よりも、体で感じた共感の方がより強固なもののように思えます。

10年後の自分はどうなっている分からない

理解より、感覚や体感。言葉にできるものより、直感的な体の反応を重視する水尻さんの作品は、多くの人に「言葉にできないムズムズ感」を呼び起こし、アニメーションの新領域を切り開き続けています。

また、感覚を大切にしているのは、創作活動だけではありません。水尻さんの人生を振り返ってみると、トイレの中で自分の進路を決めたエピソードなど、節目節目で感覚による判断を大切にしていることが分かります。

「今までの人生でビジョンを持ったことなんてありません。タナカカツキさんと伊藤ガビンさんのユニット『VJ QUIZ』に参加した時もそうですし、とにかく初めてのことには積極的に取り組もうと思っています。目標やビジョンがない分、その時々で自分がどう判断するべきか真剣に考えるようにしていますが、最後は直感です」

「もともとは、クリエイターとして1人で活動していくことなんて考えてもみなかった」という生き方は、マイペースで自然体。理性より直感を大切にして人生を歩んできたからこそ、「体で感じるアニメーション」を制作することができるのです。

年明けからは仲間数人と「尻プロ」というチームを組んで活動していく予定です。同じアニメーションというジャンルながら、線画アニメ、コマ撮りやCGなど、様々な専門分野を持ったクリエイターが集まるため、これまでに以上に幅広い仕事に取り組めると期待しているそう。今後、どのような道を選択していくのか注目したいところですが、その質問への解答も何とも水尻さんらしい言葉で語ってくれました。

「野望はアニメーションの仕事だけで食べていくことです。でも、10年後の自分がどうなっているのかは分からないので、もしかしたら映像作家以外のことをやっているかもしれません。とりあえず今は、目の前にある自分のできることにしっかり集中したいです」

PAGE 1 > 2

「クリエイターのヒミツ基地」連載もくじへ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

TENDRE“RIDE”

2018年はTENDREが絶対くる。2月の『exPoP!!!!!』で脳裏をかすめた予感は確信に変わりました。セクシー&グルーヴィな“RIDE”で完全にヤられた。ラフなダンスと自由度高いコラージュで構成された映像も、河原太朗のチャーミングさがダダ漏れでいい感じ。今年の夏はこの曲で踊りまくりたい。(山元)

  1. 有働由美子がテレ東『マツコ、昨日死んだってよ。』に参加 民放初登場 1

    有働由美子がテレ東『マツコ、昨日死んだってよ。』に参加 民放初登場

  2. ずぶ濡れの山田孝之と長澤まさみ 『50回目のファーストキス』新写真 2

    ずぶ濡れの山田孝之と長澤まさみ 『50回目のファーストキス』新写真

  3. 小松菜奈×大泉洋の映画『恋雨』場面写真 主題歌入りサントラは本日発売 3

    小松菜奈×大泉洋の映画『恋雨』場面写真 主題歌入りサントラは本日発売

  4. 小栗旬主演『銀魂2(仮)』新キャストにキムラ緑子 「お登勢」役で登場 4

    小栗旬主演『銀魂2(仮)』新キャストにキムラ緑子 「お登勢」役で登場

  5. 竹内涼真が志尊淳の先輩役 映画『走れ!T校バスケット部』に友情出演 5

    竹内涼真が志尊淳の先輩役 映画『走れ!T校バスケット部』に友情出演

  6. TOKIOがフマキラーCM続投、22年目へ 決め手は「メンバー4人の人柄」 6

    TOKIOがフマキラーCM続投、22年目へ 決め手は「メンバー4人の人柄」

  7. 是枝裕和×井浦新×伊勢谷友介 まだ大人になれなかった日々の話 7

    是枝裕和×井浦新×伊勢谷友介 まだ大人になれなかった日々の話

  8. 高橋一生×レティシア・カスタ 『シンデレラ』再解釈した短編映像公開 8

    高橋一生×レティシア・カスタ 『シンデレラ』再解釈した短編映像公開

  9. デヴィッド・ボウイが浮世絵で蘇る、浮世絵&写真展が6月に原宿で開催 9

    デヴィッド・ボウイが浮世絵で蘇る、浮世絵&写真展が6月に原宿で開催

  10. チャットモンチーのラストアルバムに元メンバー高橋久美子が作詞で参加 10

    チャットモンチーのラストアルバムに元メンバー高橋久美子が作詞で参加