伊藤ガビン、タナカカツキといった有名クリエイターにも将来を期待されるアニメーション作家

「ぷるん」「むちっ」「ぷにょ」。水尻自子のアニメーションには触感がある。尻をモチーフにした『しりプレイ』。爪が手の裏表を動き回る『Nail』。ヒールを履いた足が歩き交差し並ぶ『かっぽ』。水尻はもっとも身近にある身体をユニークな視点で捉える作家だ。その動きが独特な手触りを感じさせて面白い。数多くいる優秀な若手作家の中で水尻はひと味違う作品を作ってくれるだろう。今後の活躍に注目だ。

※このコンテンツは旧「ピックアップアーティスト」の掲載情報を移設したものです

プロフィール
水尻自子

1984年青森生まれ。女子美術大学デザイン学科卒業。手描きやコマ撮りアニメーションを中心に制作する映像作家。"水尻自子の「アニメは部屋で」展@CET"(2007年)、「水尻自子のアニメマタニティ」展(2008年)。



フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 伊藤ガビン、タナカカツキといった有名クリエイターにも将来を期待されるアニメーション作家

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて