特集 PR

『クリエイターのヒミツ基地』Volume30 我喜屋位瑳務(イラストレーター、アーティスト)

我喜屋さんのヒミツ道具をご紹介!
「いい絵」を描き続けるためのヒミツ道具たち

西武線沿線の静かな住宅街にある我喜屋さんの仕事場。中に入ると2匹のモルモットが愛嬌ある顔で出迎えてくれます。でも、仕事部屋の入り口は板で区切られていて、モルモットは入室禁止のよう。そんな癒し溢れる仕事場で、クリエイティブに必要不可欠なヒミツ道具を紹介してもらいました。

アメリカのコミック誌や雑誌

アメリカのコミック誌や雑誌

まず紹介してもらったのは、アメリカのコミック誌や雑誌。1970年代のものなど、かなり古いものが多く、高円寺にあるビンテージショップ「2000 COLLECTABLE TOYS」などで少しずつ買いためてきたそうです。

我喜屋:時間があるときに眺めて、イラストや色合いからインスピレーションを得ています。買う店やモノにもよりますが、1冊800円〜1,000円近くするので、中身を確認させてもらってから買うようにしているんです。中には牛の肉の部位だけを集めた写真集なんてものもあるんですよ。ここから妄想を膨らませて描いたキャラクターやイラストを作品に使うこともあります。

アクリル絵の具

アクリル絵の具

絵描きにかかせない絵の具は、ターナー色彩製のものを利用。カラーインクを使用していた時期もありましたが、重ね塗りができないためアクリルに落ち着いたそうです。

我喜屋:ターナーの絵の具は値段も手頃。色のバリエーションは、黒、白、赤、青、緑、黄色の基本色しか使いません。色を塗る作業は、感覚に頼ってやっているので、バリエーションが多過ぎると色を交ぜる際に考える手間が増えて、描く勢いが削がれてしまうんです。特に使うのが赤、青、黄色の三色。ガンダムやドラえもん、スーパーマンにも使われている、自分にとってとても馴染み深い色です。

自作の製本ノート

自作の製本ノート

ヒミツ道具の中でも特に異彩を放っていたのが、友人のイラストレーター、三上数馬さんと作っているという自作ノート。15万円もする製版機や紙を購入して、ハンドメイドで製本から作っているといいます。どんなこだわりがあるのでしょうか?

我喜屋:『セブン』という映画で、ケヴィン・スペイシー演じる、ジョン・ドゥというキャラクターがいるんです。彼が使っていた「mead(ミード)」というノートが大好きなのですが、紙に罫線が入っているため絵を描くには向いていません。そこで、似たようなノートを作ってしまうことにしたんです。ノートって、使っていると途中で飽きてしまって、最後まで使うことが少ないじゃないですか。でも、自分が作ったノートなら大切に使うし、もっと描きたいと思ってどんどん制作が進むようにもなるんですよね。

液晶ペンタブレット
「Cintiq Companion Hybrid」

液晶ペンタブレット「Cintiq Companion Hybrid」

寺田克也さんに憧れてデジタル作品を作っていた我喜屋さんは、10年来のペンタブレット愛好者。手描きのイラストに作風を変えた後も、コラージュの際にはペンタブレットを使って作業するなど、我喜屋さんのクリエイティブに欠かせない相棒となっています。最近試しに使い始めたばかりという「Cintiq Companion Hybrid」は、液晶ペンタブレットとしても、モバイルタブレット端末としても使えるハイブリッドなモデルです。

我喜屋:ずっと使っていた「Intuos3」よりペンの感度が上がっていて、より手描きの感覚に近づいた感じがします。デュアルモニタ機能を使って、「Cintiq Companion Hybrid」のモニタでは拡大表示しながら細かい部分を、PCのモニタでは作品全体を表示して、バランスを確認しながら作業できるのは画期的です。打ち合わせ先でラフをサッと描いたり、液晶ペンタブレットとして使う場合もマルチタッチ操作が可能なので、拡大縮小の操作などが早くなりました。

自分の感覚にこだわったクリエイティブを信条としている我喜屋さん。どれも、その感覚を研ぎすましたり、飛躍させたりするために必要なヒミツ道具ばかりでした。さらにモルモットの癒しが加われば、質の高い作品を作り続けられること間違いなし!?

我喜屋さんの仕事部屋
PAGE 1 > 2 > 3

「クリエイターのヒミツ基地」連載もくじへ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催