特集 PR

新国立競技場問題で注目の建築家『ザハ・ハディド』展を見る

新国立競技場問題で注目の建築家『ザハ・ハディド』展を見る

友川綾子
撮影:永峰拓也

2020年『東京オリンピック・パラリンピック』のメイン会場予定地。現在、取り壊しを待つ国立競技場の跡地に新しく建設される予定であるのが、建築界のノーベル賞『プリツカー賞』を受賞した世界的な建築家、ザハ・ハディドによる斬新なデザインの新国立競技場です。

おそらく、ザハ・ハディドのことを知らなかった人でも、一度目にしたら忘れられない新国立競技場の独創的なデザイン案や、その設計、施工にまつわるゴタゴタがちょっとした騒動になっていることは、目や耳にしたことがあるでしょう。しかし、そうした騒動はネガティブな印象をもたらすばかりで、美しい流線型の建築をデザインする手腕を持った、一人の建築家としてのザハ・ハディドについて、私たちは真正面から向き合うことができていないのかもしれません。

新国立競技場建設予定地からは3キロほどの距離に立地する、初台の東京オペラシティ アートギャラリーでは現在、『ザハ・ハディド』展が行われています。彼女の初期から新国立競技場も含めた現在までの仕事を俯瞰することができる、貴重な機会をタイムリーに提供してくれるこの展覧会。ここでの鑑賞体験を通じて、一般的な建築のイメージを大きく超える、優美な曲線を持ったザハ建築の創作の源を探るべく、自身もザハと同じようにドローイングを多く手掛け、国際的な視点を持つ建築家の光嶋裕介さんをお招きしました。建築家の人は、ザハの才能をどう理解しているのでしょうか? 東京に暮らす一個人として、新国立競技場問題をより多角的に理解できればと、今回の取材に挑みました。

図面では描けない、建築が持っている本来の豊かさを表現するための絵画が、ザハ・ハディドのルーツ

ザハ・ハディドはイラク生まれ。ベイルートの大学で数学を学んだ後、1972年に渡英。幼いころからの夢だった建築家を目指して英国建築家協会付属建築学校(AAスクール)に入学します。

会場入り口横で、まず私たちを迎えてくれたのは、そんなザハの学生時代とも関係の深い絵画作品『ザ・ワールド(89°)』です。アクリル絵具で描かれたこの絵画は、建築家のスケッチというより、名画家の大作と言えるほど精巧で巨大な作品です。描かれているモチーフは地球でしょうか。大きな球体が大地で、その上に都市があるようですが、どうも画面の中で空間が歪んでいるようにも見てとれます。

光嶋裕介と『ザ・ワールド(89°)』
光嶋裕介と『ザ・ワールド(89°)』

光嶋:これはザハが学生時代に設計した7つの建築を、1つの絵画上にコラージュした作品です。一般的に建築を表現するためには、機能性を表す「平面図」、美しさを表現する「立面図」、高さの関係性を示す「断面図」という3つの図面が必要になります。音楽でいう譜面ですね。でもこの絵画では、その基本的なルールから自由になっている。ザハは、私たちがふだん3次元空間において感じ取っている感覚を2次元空間に再現して描き出そうと、一般的な建築図面という方法では表現できない、建築の持つ本来の豊かさを表そうとしているのだと思います。

かつては「建てられない建築家=アンビルトの女王」と呼ばれたザハの、膨大な習作の数々

建築家・ザハの軌跡を振り返る、最初の大きな展示室の壁にもずらっとペインティングやドローイングなどの作品が並びます。AAスクール卒業後は、理論派の建築家レム・コールハースの建築事務所「Office for Metropolitan Architecture(OMA)」に参加。3年後の1980年には、早々と自身の建築事務所を設立します。しかし、彼女の独創的すぎる建築は、コンペに勝って注目を浴びることはあってもなかなかその建築を実現することがなく、この時期の彼女に付いた呼び名は、「建てられない」建築家を表す「アンビルトの女王」でした。

展示風景
展示風景

光嶋:昔から、理論やコンセプトだけを提示する「建てない建築家」と言われる人たちもたくさんいます。建築は美術と違って、クライアントと技術が揃わないと実現できません。実際にザハも長い間、実作には恵まれない建築家でしたが、けっして夢物語を描いていたわけではありませんでした。ここに展示されているものは、すべて絵画という表現手段を通じて、建築空間が示し得る新しい可能性を探ろうとしている作品ばかりです。『麻布十番ビル』のドローイングには、抽象画家のピエト・モンドリアンや、(単純な造形を用いてメッセージを伝えようとする)ロシア構成主義の影響が見てとれます。こういったところから、彼女の多様な美学に基づいたルーツや受けてきた教育が垣間見えます。

展示風景

狭い敷地に建物を建てようとした『麻布十番ビル』のドローイングは、敷地と思われる小さな枠から、建物が手前に飛び出しているように描かれています。限られた敷地内で、ザハが実現したいと願った様々なことが溢れるかのように。つまり一連のドローイングは、その建築から受ける3次元的な身体感覚だけでなく、ザハの建築に対する思想も内包した、建築空間のスケッチと言えるのでしょう。そう聞くと、じつは一般的な建築図面よりもずっとわかりやすく感じられそうです。なるほど、何度も見ていると、ドローイングの中に込められた設計者の思いを体感できるようになってきます。

Page 1
次へ

イベント情報

『ザハ・ハディド』展

2014年10月18日(土)~12月23日(火・祝)
会場:東京都 初台 東京オペラシティ アートギャラリー
時間:11:00~19:00(金、土曜は20:00まで、共に入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(祝日の場合は翌火曜、12月22日は開館)
料金:一般1,200円 大・高生1,000円
※中学生以下無料
※障害者手帳をお持ちの方および付添1名は無料

プロフィール

光嶋裕介(こうしま ゆうすけ)

1979年、米ニュージャージー州に生まれ、トロント、マンチェスターで少年期を過ごす。早稲田大学理工学部建築科で石山修武に師事。大学院修了後、独ベルリンの建築事務所ザウアブルッフ・ハットン・アーキテクツに4年間勤務。2008年に帰国し、光嶋裕介建築設計事務所を主宰。桑沢デザイン研究所非常勤講師、2012年より首都大学東京助教。凱風館の設計により『SD REVIEW 2011』に入選。ドローイング集『幻想都市風景』(羽鳥書店)を2012年に上梓。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース 1

    BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース

  2. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 2

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  3. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 3

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  4. 高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす 4

    高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす

  5. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 5

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  6. 平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送 6

    平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送

  7. 柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師 7

    柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師

  8. LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口 8

    LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口

  9. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 9

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  10. 野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い 10

    野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い