#有太マン

有太マン
有太マン
みんな電力株式会社が運営する、“エネ”ルギーをセレ“クト”できてコネ“クト”するポータルサイト「ENECT(エネクト)」編集長 / 認定NPO法人ふくしま30年プロジェクト理事 / アーティスト。1975年東京生、School of Visual Arts卒。1996〜2001年NY在住、2012〜15年福島市在住。2013年度第33回日本協同組合学会実践賞受賞。福島では福島大学の客員研究員として農の復興事業をJA新ふくしま(当時)、福島県生活協同組合連合会と協業し、福島市内すべての農地の含有放射性物質を測定。同取り組みを経て、根幹にあるエネルギー問題と、社会のサスティナビリティ(持続可能性)との関わりを深化させる。単著『福島』、『ビオクラシー』(共にSEEDS出版 / 2015、2016)、『虚人と巨人』(辰巳出版 / 2016)。共著『農の再生と食の安全』(新日本出版社 / 2013)。個展「From Here to Fame」(HEIGHT原宿 / 2005)、「ビオクラシー」(高円寺Garter / 2016)。グループ展「原子の現場」(鞆の津ミュージアム / 2017)、「If Only Radiation Had Color: The Era of Fukushima」(X & BEYOND コペンハーゲン / 2017)、「ビオクラシー」(はじまりの美術館 / 2018)、「清山飯坂温泉芸術祭 SIAF2018」(旅館清山 / 2018)。

#有太マンの記事一覧

2

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて