What's happening now

2021. 10.25

岡村靖幸、歴史研究家・河合敦から現代に役立つ史実を学ぶ

11月3日22:05~NHKラジオ第1、11月17日18:00〜NHK-FMで放送される同番組では、岡村靖幸の「現代を生きる私たちに役に立つ歴史を学びたい!」という意気込みをきっかけに行なった企画をオンエア。岡村と同い年の歴史研究家・河合敦を迎え、日本の歴史の中で過去に何度も起こった疫病を乗り越えた例、歴史を学ぶとどんなヒントを得ることができるのか、日本人の価値観は何をきっかけに変わっていったのかといったエピソードを届ける。

KERAの1980年代から90年代の思い出と共に振り返る名曲集

11月3日20:05〜、21:05〜NHKラジオ第1で放送される『東京ポーキュパインコレクション2021』は、ケラリーノ・サンドロヴィッチが自身の半生に寄り添ってきた音楽を届けるシリーズの第3弾。今回は、旧ナゴムレコード時代や同時代を生きた同士たちの曲など、1980年代〜90年頭に親しんだ歌を中心に選曲し、インディーズレコードレーベルの経営に携わりながらミュージシャンとしてメジャーレーベルで活動していた時代の話などを語る。NHK-FMでは11月15日18:00〜前編、11月16日18:00〜後編を再放送。

弾き語り『BABY Q』札幌公演に加藤修平、長岡亮介、向井秀徳

今夏に東京と大阪で開催された『BABY Q』。札幌初上陸となる今回は、来年1月9日に札幌PENNY LANE 24で行なわれ、加藤修平(NOT WONK)、長岡亮介、向井秀徳アコースティック&エレクトリックの3組が出演する。チケットの先行予約は11月3日まで受付中。一般販売は12月18日にスタート。

安藤忠雄×細野晴臣の対談が大阪・こども本の森 中之島で実現

11月8日に大阪・こども本の森 中之島で開催される同イベントは、様々な職業の大人たちが子供たちに向けて、本のこと、仕事のこと、生き方などを語り尽くす『セッション・イン・ザ・フォレスト』の第2回。細野晴臣と安藤忠雄が幼少期の体験やその頃に読んでいた本について話すことで、子供たちに伝えたいことを語る。『細野観光 1969-2021』展とのコラボ企画も進行中。予約受付は10月30日10:00にスタート。

松村貴樹、中川和彦が登壇『IN/SECTSが考える言葉とは?』

同イベントは10月30日に心斎橋PARCOの丸福珈琲店 Good Old & New Editionで開催。大阪発のローカルカルチャーマガジン『IN/SECTS』編集長の松村貴樹がゲスト出演し、中川和彦(スタンダードブックストア)と共に、言葉、『IN/SECTS』、12月18日と19日に開催予定の『KITAKAGAYA FLEA 2021 AUTUMN & ASIA BOOK MARKET』について語る。特集記事「言葉は楽しい」を掲載する『IN/SECTS』Vol.14も先行販売。

写真集『MAGNUM DOGS マグナムが撮った犬』本日刊行

ロバート・キャパ、デビッド・シーモアらによって設立された写真家集団「マグナム・フォト」。同書には、エリオット・アーウィット、ロバート・キャパ、スティーブ・マッカリー、久保田博二ら55人による犬の写真174枚を収録しており、フリーダ・カーロ、アルフレッド・ヒッチコックらが愛犬とくつろぐ姿も切り取られている。帯には高野秀行の「ニューヨーク、高知、メキシコ、アフガニスタン…。場所が変われば、人や街は変わる。時代が変われば、人の暮らしばかりか写真のセンスも変わる。でも犬は面白いほど変わらない。犬最高!!」という文章が添えられている。

熱海の魅力をアートで再発見『PROJECT ATAMI』クラファン始動

『PROJECT ATAMI』は、熱海の魅力をアートで再発見することを目指すプロジェクト。アーティストをサポートする『ATAMI ART GRANT』、滞在制作型プロジェクト『ACAO ART RESIDENCE』を2本の柱として取り組んでいる。クラウドファンディングは11月30日23:00までREADYFORで実施中。目標金額は130万円で、11月16日から開催される『ATAMI ART GRANT』に参加するevala、多田恋一朗、チャラン・ポ・ランタン、ぬQ、濱口桜子、宮崎勇次郎ら30組の創作活動に充てられる。

岸井ゆきの×高橋一生W主演 NHKよるドラ『恋せぬふたり』

吉田恵里香作の同作は、他者に恋愛感情を抱かず、性的にも惹かれない「アロマンティック・アセクシュアル」の2人が始めた同居生活が、周囲に波紋を広げていく様を描く「ラブではないコメディ」。恋愛を前提としたコミュニケーションになじめない咲子が、スーパーの店員・高橋に「恋しない人間もいる」と言われ、ネットで「アロマンティック・アセクシュアル」という言葉と出会うことから物語が展開する。咲子役に岸井ゆきの、高橋役に高橋一生がキャスティング。来年1月10日から毎週月曜22:45〜NHK総合で放送。

『庵野秀明展』特集が本日刊行『芸術新潮』に掲載

国立新美術館で開催中の『庵野秀明展』。10ページにわたる特集では、三好寛(カラー文化事業担当学芸員、アニメ特撮アーカイブ機構事務局長)が、展示品数1500点を超える同展の実現の背景に、庵野が特撮のミニチュアに代表されるような中間制作物を大切にしていること、それらの資料保存による次の世代への文化継承に強い思いを抱いていることがあったと明かしている。氷川竜介が映像クリエイター庵野の凄さを解説する企画や、展示品の見どころを紹介する記事も掲載。

100面の能面が美術館「えき」KYOTOを埋め尽くす

来年1月2日から開催される『能面100 The Art of the Noh Mask』。能面愛好家で研究者でもあるスティーヴェン・マーヴィンのコレクションを中心に、京都・金剛家、兵庫・篠山能楽資料館の能面100面を展示。「神」「男」「女」「狂」「鬼」という能を象徴する5つの言葉に分類しながら、能面に込められた性格や造形を紹介する。前売チケットは1月1日まで販売中。

タイポグラフィー・作字ユニット「日刊タイポ」2年間の足跡

「日刊タイポ」はSNSを中心に活動するタイポグラフィー・作字ユニット。毎週変わる1つのお題を藤巻洋紀、笹原大、niro、萩谷綾香、せんざき、山口央、西澤和樹が日替わりで作字し、公式Instagramアカウントで毎日投稿している。クラウドファンディングは2年間で発表した728作品を収録した年鑑『Japanese Typography Yearbook』の制作のために実施。11月13日20:15までKickstarterで支援を募集しており、1,000円から20万円までの金額に応じたプレッジを用意。

前田エマ、me and youがBTSの音楽から韓国を学ぶ勉強会を開催

前田エマ、野村由芽(me and you)がコーディネーターを務め、映画や本、音楽などを通して、国とテーマを変えながら、世界の歴史や社会問題を学ぶシリーズ『わたしのために、世界を学びはじめる勉強会』が10月29日に開催される。第1回目は、ゲストに権容奭を迎え、BTSを道しるべに韓国について学ぶ。イベントは、来場またはオンラインにて参加出来る。

2021.10.24 2021.10.26

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて