What's happening now

2021. 12.09

『ベニスに死す』ビョルン・アンドレセン着用のセーラー服を展示

1971 © Warner Bros. All Rights Reserved.

ルキノ・ヴィスコンティ『ベニスに死す』でタジオ役を演じたビョルン・アンドレセンの真実を捉えたドキュメンタリー『世界で一番美しい少年』が12月17日から公開されることを記念して、ヒューマントラストシネマ渋谷では様々な企画を実施。12月16日には池畑慎之介が登壇する先行有料試写会を行なう。チケットのオンライン販売は12月13日19:00から、窓口販売は12月14日から開始。12月17日から3日間限定で『ベニスに死す』を上映し、両作のコラボチラシを配布。12月23日までアンドレセンがタジオ役のために着用し、金子國義がヴィスコンティの衣装係から譲り受けたセーラー服が展示されている。

トークイベント『沈黙による試み―映像のバリアフリー化について』配信

東京国立近代美術館は、昨年度に田中功起の映像作品『ひとつの陶器を五人の陶芸家が作る(沈黙による試み)』の「手話とバリアフリー字幕版」を制作。3月31日まで公開されている4部構成のトークイベント『沈黙による試み―映像のバリアフリー化について』では、関係者や識者を迎えて制作過程を振り返ると共に、改めて映像のバリアフリー化について考察している。「Part1:企画の経緯と背景」には小川綾子と木下知威、「Part2:支援の話、事例紹介」には保坂健二朗と山上庄子、「Part3:制作エピソード」には有泉寧、小川、木下、田中功起、「Part4:今後の展開」には今井ミカ、田中、成相肇が登場。

hakka kids初の単独ファッションショー、動画&全41ルックが公開

11月に開催されたhakka kids初の単独ファッションショー『hakka kids SHOW』の模様を捉えた動画と全41ルックが公開。「コロナ禍で沈んだ心をファッションで元気にしよう!」との思いを込めて「ポジティブ&リラックス」をテーマに「2022 Spring & Summer Collection」を発表。イメージビジュアルは飯田淳が手掛けた。公式Instagramでは随時ルックを公開中。メイキングも公開予定。

エマ・トンプソンが過激発言で首相に、ドラマ『2034 今そこにある未来』

© Years and Years Limited 2019

1月7日からスターチャンネルEXで配信される『2034 今そこにある未来』は、2019年から2034年までの社会情勢を、マンチェスターの一般家庭の視点からブラックユーモアを交えて風刺したBBCとHBOの共同製作ドラマ。過激な発言で注目を集め、コメンテーターから首相に上り詰めるヴィヴィアン・ルック役をエマ・トンプソンが演じた。脚本・製作総指揮のラッセル・T・デイヴィスは、トランプの大統領就任、イギリスのEU離脱を巡る国民投票などを目の当たりにしたことから本格的に制作に向けて動き出し、夫を亡くした直後に最終回を書いたという。中国では放送禁止に。

『第72回NHK紅白歌合戦』新ビジュアル&関連番組決定

12月31日19:30からNHK総合、ラジオ第1、BS4K、BS8Kで放送される『第72回NHK紅白歌合戦』の新ビジュアルには、司会の大泉洋と川口春奈の姿が写し出されているほか、「COLORFUL」というコピーが添えられている。放送に先駆けて、NHK総合では番組の名場面や思い出のシーンを届ける『紅白カラフルメモリーズ』を12月20日〜24日、12月27日と28日、12月30日に放送。12月29日には『まもなく紅白!今年もすごいぞスペシャル』の「第1夜 見どころ編」、12月31日には「第2夜 直前編」がオンエアされる。ラジオ中継はNHKアナウンサーの佐藤俊吉と浅野里香が担当。

片想い『片想いのゆく年くる年』配信、今年は公開収録

片想いの配信番組『片想いのゆく年くる年』が12月29日22:00〜ZAIKOで配信。昨年は無観客でのライブ収録だったが、今年は12月13日にTime out Café Tokyoで公開収録を行なう。番組ではライブを中心にメンバーが各自映像企画も持ち寄るほか、ゲストも登場。

岸井ゆきの×高橋一生、NHKよるドラ『恋せぬふたり』主題歌はCHAI

1月10日から毎週月曜にNHK総合で放送されるよるドラ『恋せぬふたり』は、他者に恋愛感情を抱かず、性的にも惹かれない「アロマンティック・アセクシュアル」の岸井ゆきの演じる兒玉咲子と、高橋一生演じる高橋羽との出会いから始まる「ラブではないコメディー」。新たな出演者は、濱正悟、小島藤子、菊池亜希子、北香那、アベラヒデノブ、西田尚美、小市慢太郎。主題歌はCHAIが同作のために書き下ろした“まるごと”。

オーウェン・ウィルソンが架空のフランスの街をレポート

©2021 20th Century Studios. All rights reserved.

1月28日から公開されるウェス・アンダーソン監督の最新作『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』は、監督が「『ニューヨーカー』と出版界で著名な記者に触発された映画です」と語る作品。「自転車レポーター 編」と題されたストーリー予告編には、オーウェン・ウィルソン演じる自転車レポーターのエルブサン・サゼラックがフランスの架空の街「アンニュイ・シュール・ブラゼ」を紹介する様子や、ビル・マーレイ演じる編集長アーサー・ハウイッツァー・Jrの姿などが映し出されている。場面写真とメイキング写真も到着。

ケネス・ブラナーの自伝的映画『ベルファスト』3月公開

© 2021 Focus Features, LLC.

『第46回トロント国際映画祭』観客賞を受賞した『ベルファスト』は、ケネス・ブラナーが監督・脚本・製作を務め、「とてもパーソナルな作品だ。私が愛した場所、愛した人たちの物語だ」と語る自伝的作品。1969年の北アイルランド・ベルファストを舞台に、プロテスタントの武装集団がカトリック住民を攻撃し始めたことで街が分断されていき、故郷を離れるか否かの決断を迫られる様を、少年の目線を通してモノクロで描く。9歳のバディ役をジュード・ヒルが演じ、カトリーナ・バルフ、ジュディ・デンチ、ジェイミー・ドーナン、キアラン・ハインズが共演。3月から公開される。

タイ洞窟遭難事故の舞台裏を描いたドキュメンタリー、2月公開

© 2021 NGC NETWORK US, LLC. All Rights Reserved.

2月11日から公開される映画『THE RESCUE 奇跡を起こした者たち』は、『フリーソロ』で『第91回アカデミー賞』長編ドキュメンタリー賞を受賞したエリザベス・チャイ・ヴァサルヘリィとジミー・チンがメガホンを取ったドキュメンタリー。2018年にタイ・タムルアン洞窟で遭難した少年12人を救出するために世界各地から集められた民間の洞窟ダイバーたちの挑戦と功績を、これまで明かされなかった内部映像や関係者へのインタビュー、VFXを駆使して洞窟救助の全貌を3Dで描いた再現映像で構成されている。音楽はダニエル・ペンバートン。日本の劇場公開にあわせて素材を4K化。

宇多田ヒカルの新アルバム『BADモード』1月先行配信&2月CD発売

本日12月9日にデビュー23周年を迎えた宇多田ヒカルのニューアルバム『BADモード』が1月19日に先行配信。2月23日にCDのみの通常盤、DVDとBlu-rayが付属する初回生産限定盤の2形態がリリースされる。収録曲は、本日PVが公開された“君に夢中”や、“One Last Kiss”“Find Love”“Time”“PINK BLOOD”“誰にも言わない”に加え、新曲“BADモード”など。 DVDとBlu-rayには1月19日20:00から配信されるスタジオライブ『Hikaru Utada Live Sessions from Air Studios』とメイキングドキュメンタリー、楽曲のPVが収められる。ライブのチケットは12月9日12:00から販売。

最果タヒの巡回展が2月3日から仙台PARCOで開催

東京、愛知、大阪で開催された最果タヒの展覧会『最果タヒ展 われわれはこの距離を守るべく生まれた、夜のために在る6等星なのです。』が2月3日から仙台PARCOで開催。会場の至る所に詩が展開された空間を来場者が歩き回って体験するインスタレーションを展示する。展覧会併設ショップではオリジナルグッズを販売。

皆川典久のガイドブック『東京スリバチ街歩き』1月11日刊行

東京に点在する窪地「スリバチ地形」を世に知らしめ、『ブラタモリ』にも出演した東京スリバチ学会会長・皆川典久。1963年に群馬・前橋に生まれ、2003年にランドスケープアーキテクトの石川初と東京スリバチ学会を設立し、谷地形に着目したフィールドワークを東京都内で続けている。1月11日に刊行される『東京スリバチ街歩き』は、東京近郊の「スリバチ」を巡る街歩きの記録にしてガイドブック。新宿、渋谷、代官山、谷中、戸越、赤羽、麻布、江古田、自由が丘、湘南などが登場する。

2021.12.08 2021.12.10

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて