インタビュー

坂井真紀・星野源 『ノン子36歳(家事手伝い)』インタビュー

坂井真紀・星野源 『ノン子36歳(家事手伝い)』インタビュー

インタビュー・テキスト
早川すみれ
撮影:寺島由里佳

バツイチ、出戻り、家事手伝い。昼間っからスナックで酒を飲み、ママチャリに股がってふらつきながら、ガシャーンとゴミ箱を蹴る。たぶん化粧もしていない、見るからにイタい三十路女、ノン子。一途でまっすぐな年下のマサルの登場で徐々に笑顔を取り戻すのだが、元旦那との再会で彼女の心は揺れ動く…。 切なくも甘い、息を呑むほど臨場感のあるベッドシーンなど、ノン子演じる坂井真紀が、気鋭の熊切監督の指揮下のもと、新たなる境地を作り出している。 主演である坂井真紀さんと星野源さんに、撮影中のエピソードや監督のこと、そしてご自身の恋愛観もうかがった。
※一部ネタバレが含まれますのでご注意ください

相思相愛のキャスティング、個性派ぞろいの俳優陣。

―映画の冒頭で、実家のある田舎でやる気なしの生活を送るノン子と、祭りで店を出すためにやって来たマサルが偶然出会いますね。坂井さんと星野さんご自身は、撮影前に面識はあったんですか?

坂井:はい、ありました。以前、源君が主演で出ていた『去年ルノアールで』という連続ドラマがありまして、それに私がゲスト出演させていただいて、そこでお会いしたことがあります。その時は、ちらっとだけですけどね。

星野:あの時はほんとに一瞬でしたね。その後は、赤犬さんと僕がやっているSAKEROCKというバンドのライブに、プライベートで坂井さんが一度見に来てくれたことがあります。今回の撮影の前は、その2回しか会ったことがありませんでした。

坂井真紀・星野源 『ノン子36歳(家事手伝い)』インタビュー

―そうだったんですね。映画の役中でも、今お二人を目の前にしても、とても息が合っているように感じます。お二人が共演するという話がきたとき、どう思われましたか?

坂井:源君と共演すると聞いて、すごく嬉しかったです。というのも、SAKEROCKもそうなんですが、源君はマサルのイメージ通りの方だし、私は「星野源」という彼自体がとても好きでしたから。今回の映画でがっつり共演できるのは、本当に嬉しかったですね。撮影がすっごく楽しみでした。

星野:僕もこの映画のお話をいただいたとき、嬉しかったですよ。「うわぁ、坂井さんだ」って。以前の連続ドラマのときは、実質10分くらいしか一緒にお芝居ができなかったんです。しかもコントっぽい芝居で。だから、今回は長い時間、ノン子とマサルという関係で坂井さんと一緒にしっかり芝居ができるのが、とても楽しみでした。

―坂井さんも一度見に行かれたという、SAKEROCKというバンドで星野さんはミュージシャンとしても活躍していらっしゃいますが、今回坂井さんと共演するということで、バンドメンバーの反応はいかがでしたか。うらやましがられたりしませんでしたか?(笑)

坂井真紀・星野源 『ノン子36歳(家事手伝い)』インタビュー

星野:もちろんですよ。バンドメンバーだけじゃなくて、僕の周りのいろんな人たちからうらやましがられました(笑)。

坂井:嬉しいなぁ(笑)。

―お互いに相思相愛のキャスティングだったのですね。その他出演者も、ノン子の元旦那役の鶴見辰吾さんをはじめ、津田寛治さんや斉木しげるさんなど、現場がとても楽しそうですね。

坂井:なかでも、ノン子の妹の旦那役をされた舘昌美さんはとても個性的な方で、つっこみやすい人だったので、かなり笑わせていただきました。

星野:そうそう、舘さんは面白い方でしたよね。舘さんに限らず、この映画に出てくる俳優さんたちは、本当にみなさん個性的で実力のある方ばかりで、とても面白かったです。演じている時はもちろん真剣なんですが、映画全体を通して本当に楽しい撮影でした。

Page 1
次へ

作品情報

『ノン子36歳(家事手伝い)』

2008年12月20日(土)、銀座シネパトス、渋谷シネ・アミューズにてロードショー
※12月20日より、渋谷シネ・アミューズはヒューマントラストシネマ文化村通りに名称変更予定
監督: 熊切和嘉
脚本:宇治田隆史
音楽:赤犬
出演:
坂井真紀
星野源
津田寛治
佐藤仁美
新田恵利
宇津宮雅代
斉木しげる
鶴見辰吾

坂井真紀さん 衣装
・ネックレス…CASUCA ¥53,550(税込)
・ピアス…CASUCA ¥71,400(税込)
・リング…CASUCA ¥57,750(税込)
・リング…CASUCA ¥31,500(税込)
※リング2点は重ね付け
問い合わせ先

プロフィール

坂井真紀(さかい まき)

1970年、東京生まれ。92年のデビュー以来、数多くのテレビドラマ、映画、舞台で活躍する実力派女優。映画デビューは「ユーリ」(96)。09年公開作として「ACACIA」が待機している。独自の世界感を持ち、シリアスなものからコメディまでにあらゆる役をこなす。熊切監督作品は、「青春☆金属バット」(06)、「フリージア」(07)に続き、3作目となる。

星野源(ほしの げん)

1981年、埼玉県生まれ。俳優、小説やエッセイの執筆、またSAKEROCKのギタリストとしても活躍し、作曲家、作詞家としても多彩な才能を発揮している。松尾スズキや宮藤官九郎演出の舞台に出演。映画作品には「69 sixty nine」「少年メリケンサック」に続く3作目。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性