特集 PR

竹内電気インタビュー

竹内電気インタビュー

インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
撮影:柏井万作
2009/09/24

ショートフィルムを対象とした、米国アカデミー賞公認アジア最大級の国際短編映画祭『SHORT SHORTS FILM FESTIVAL & ASIA』(以下、SSFF & ASIA)。世界中から様々なショートフィルムが集まるこのSSFF & ASIAに、来年度(2010年6月開催予定)から「ミュージックShortクリエイティブ部門」として、一般公募のコンペティションが行われることが発表され、作品の募集がスタートしている。クリエーターは、土屋アンナや大黒摩季、泉谷しげるやLOVE PSYCHEDELICOなど、著名アーティストを数多く含むエントリー楽曲の中から好きな曲を選び、自由に映像をつけて、そのクリエイティビティを競うことになる。今回はエントリー楽曲に“ミラクル”を提供した話題沸騰中のポップマジシャンズ・竹内電気へ、エントリー楽曲について、さらにクリエイターとしてのエネルギーの源についてインタビューした。

(インタビュー・テキスト:タナカヒロシ 撮影:柏井万作)

音楽から生まれる 新感覚ショートフィルムを募集中!

ショートフィルムって? 竹内電気が考える面白い映像とは。

─SSFF & ASIAのことはご存知でしたか?

竹内電気インタビュー
斉藤伸也

斉藤:もともとは知らなかったんですけど、レコード会社の人から聞いて、おもしろそうだなと。最近夜中にテレビで短い映像が流れてたりして、そういうのを見ることも多かったんですよ。そんなときに、こういう大々的なお祭りがあることを教えてもらったんですけど、タイミングよくぜひエントリーしたい曲ができて。

─ニュー・シングル『YOU & I』(8月19日発売)のカップリングになった“ミラクル”ですよね。

斉藤:はい。いままでは、わりと部屋にこもってる感が強い楽曲が多かったんですよ。それがパーッと開けた曲ができて。曲自体にも物語性があるので、これに映像がつくとどうなるんだろうなって。

─疾走感があって、すごくキラキラした、ポップな楽曲ですよね。僕は“ミラクル”を聴くと、無駄にチャリンコを全力でこぎたくなるんですよ(笑)。どういう過程でできあがった曲なんですか?

斉藤:いままでは恋愛がモチーフになる曲が多かったんですけど、それだけじゃないよなぁと思って。もともと「奇跡」をモチーフにした曲は書きたかったんですけど、前向きなこと書くのに踏ん切りがつかなかったっていうか(笑)。それでメンバーやスタッフとも話をして、一回ほんとに思ったことを素直に書いてみようかなって。

─作りながら浮かんでいた映像ってありました?

斉藤:やっぱり疾走感とか、たまに立ち止まってまわりを見渡してみるとか、そういう視点はありました。ただ、前を向いて走っている感じは見えるんですけど、そのまわりに何があるのか、具体的な映像は見えなかったんです。だから逆に、どんな映像を作ってもらえるのか、楽しみなんですよね。

─自分がショートフィルムを作るとしたら、どんな作品を作りたいですか?

竹内:ホラー映画ですね。B級な、うさんくさい感じの(笑)。『チャイルド・プレイ』みたいなのとか好きなんです。

斉藤:僕は段ボールでトランスフォーマーになりきるみたいな。ひたすらチープを通りこしてるようなものを作ってみたいですね。真顔で「トランスフォーム!」って言って、段ボールをグワーって装着して、変身して。それを野原とかでやってみたいです。

苅谷:僕はスポーツをやったことない人たちと、スポーツをやったことある人たちを、全然関係ないスポーツで対決させて…。

─スポーツをやったことない人が最終的に勝っちゃう?

竹内電気インタビュー
苅谷達也

苅谷:いや、そこがわからないまま終わる(笑)。最後の部分は想像してほしいなって。

斉藤:賛否両論ある感じだね(笑)。

山下:僕はストーリーを作るのは得意じゃないので、ドキュメントとかにしたいですね。自分の家がすごく古いので、ドアノブを直すとか、ウォシュレットをつけるとか、リアルビフォーアフター的な(笑)。お金が使えるなら、自分の家を改築したいです。

─全然クリエイティブな感じがしないですね(笑)。加藤さんは?

加藤:あの、手漕ぎボートやりたいです。手漕ぎボートって、ものすごくドラマチックなんですよ。オールの使い方とか、すごいうまくできてるんですよ。

─手漕ぎボートで海を渡るとかじゃなくて?

加藤:あの、普通の湖畔を。すごいドラマチックなんですって。

─なるほど…。竹内電気は視点が独特ですね(笑)。

2/3ページ:PVはやっぱりマイケル・ジャクソンの一人勝ち

Page 1
次へ

リリース情報

YOU & I
竹内電気
『YOU & I』

2009年8月19日発売
価格:1,000円(税込)
VICB-35018

1. YOU & I
2. ミラクル
3. YOU & I(original karaoke)
4. ミラクル(original karaoke)

プロフィール

竹内電気

愛知県在住の5人組ポップバンド。2005年より本格的にライブ活動開始する。バンド名はリーダー竹内サティフォの実家が経営する「株式会社竹内電気工業」に由来。広い振れ幅を持つサウンドと卓越したアレンジ力に山下桂史(Vocal / Synthesizer)と斉藤伸也(Guitar / Vocal)2人のヴォーカルが交じり合う。エンターテイメント性高いライブパフォーマンスといわゆる草食系なキャラクターで現在のバンドシーンにおいて異彩を放ちながらも、着実にその名を浸透させる。2007年より「HITS!!」、「OK!!」、「SHY!!」と3部作のアルバムをリリースし、2009年、初の全国ツアーとなる『「SHY!!」 release tour -KONJOH-(全45ヶ所)』を敢行し、東名阪CLUB QUATTROワンマンライブも大盛況に終える。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

MONO NO AWARE“東京”

一言で「東京」と言っても、いろんな場所があるし、そこに暮らす人の価値観や思想もさまざま。MONO NO AWAREの新作より、玉置周啓と加藤成順の故郷・八丈島(ここも東京)をドキュメンタリータッチに切り取った“東京”のPVが公開。<みんながみんな 幸せになる方法などない><無理くり手をつないでも 足並みなどそろわない>という歌い出しにハッとさせられる。私とあなたの違いを「受け入れる」のではなく、その違いをもっとポジティブに捉える思考の転換が僕らには必要なのかもしれないですね。これ、マジの名曲です。(山元)

  1. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 1

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  2. 徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦 2

    徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦

  3. 小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真 3

    小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真

  4. 欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編 4

    欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編

  5. King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内 5

    King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内

  6. サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため 6

    サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため

  7. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 7

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  8. Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付 8

    Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付

  9. チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て 9

    チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て

  10. ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く 10

    ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く