特集 PR

世界は音楽で満ちている! □□□(クチロロ)インタビュー

世界は音楽で満ちている! □□□(クチロロ)インタビュー

インタビュー・テキスト
小宮川りょう<NIKO¥ON PRO.>
写真:柏井万作

ご存知「□□□(クチロロ)」が、新作『everyday is a symphony』をリリース! いとうせいこうが加入し初のリリースとなる本作は、日常の音をフィーチャーした「フィールドレコーディング・オーケストラ」で、実験的かつポピュラリティのあるサウンドを聴かせている。この作品の世界感とユニークな制作製作過程、そして演劇とのコラボレーション、はたまた謎の研究所(?)Kuchiroro Recordings Labについて、三浦康嗣といとうせいこうの両氏にじっくり&みっちりとお話を聞いた。最後に、12月5日に開催される『everyday is a symphony 御披露目会』のリハーサルのレポートも。

(インタビュー・テキスト:小宮川りょう<NIKO¥ON PRO.> 写真:柏井万作)

気づかないだけで、実は世界は音楽で満ちているんですよね。

―せいこうさんが加入されて初めてのアルバムですが、いきなりフィールドレコーディングがテーマなんですよね?

いとうせいこう(以下、いとう):そう、言うなれば今作は「フィールドレコーディング・オーケストラ」ですね。サンプリングって楽器の音やレコードのフレーズ、ヴォーカルの声を再構築するものだけど、何もレコードじゃなくてもいいんじゃないか? もっと大きな発想で現実音をそのまま使って「サンプリング」したらいいんじゃないか!? という所で「なるほど、なるほど」と三人の中で合点がいったんですよね。

三浦康嗣(以下康嗣):最初の打ち合わせでは、そんなに長くは話さなかったですね。一時間くらい? タイトルもすぐに決まったし。

いとう:□□□の前前作『GOLDEN LOVE』は「ブレイク・ビーツミュージカル」、前作『TONIGHT』は「サンプリング・オペラ」だったけど、その次をつくんなきゃいけないんでしょ? □□□が今までやってきたことを無駄にせず、さらに自由になっていくためにはどうしたらいいかを考えたら、(フィールドレコーディングスというテーマを選んだのは)必然ですね。こうして話している間も隣の部屋の声が聞こえてくるじゃないですか? こういうの、ついつい耳を澄ませて聞いちゃったり(笑)。ちゃんと意識していないから気づかないだけで、実は世界は音楽で満ちているんですよね。それを<非・音楽家>の僕が<音楽家>の三浦康嗣と村田シゲに「どうだろう?」ってぶつけていくと、二人の頭の中でボンボンって何かが爆発しているのがわかるんです。これは良いものになっちゃうなぁって経験上、思いましたね。

―具体的にどのように音を録り貯めていったんですか?

いとう:打ち合わせの翌日に三人それぞれが、EDIROLの録音機材を買ったんです。それを常に携帯して、「これは音楽になるんじゃないかな?」って少しでもモヤモヤしたらすぐ録音する感じ。「音楽が立ち上がる直前の音」を録るんです。「♪楽器のような、動物のような、何か浮かび上がる」って康嗣のリリックがとてもよい例えだと思うんだけど、まさにそういう感覚なんですよね。

康嗣:電車の音や花見の最中、温泉の音、卒業式・・・色んな音を録りまくりましたね。

世界は音楽で満ちている! □□□(クチロロ)インタビュー
いとうせいこう

いとう:それを共有サーバにアップロードしていって、どんどんサウンドソースを貯めていくって作業を繰り返していました。例えば「せいこうフォルダ」には[×月●日温泉]って具合に、備考部分にメッセージをつけることができるので、「●月×日の0:00時報を録り合いましょう!」みたいに、「こういう所でこういう音を録るように」って指示ができるんですよ。

―ちょっとしたオリエンテーリングみたいな感じ?

康嗣:ですね。“卒業”で使った音素材は、マネージャーの姪の卒業式なんですけど、「録ってきましょうか?」って聞かれて、みんなで「いいねー、お願い!」って即答したし。メモリアルな日の音っていう部分では、花見もそうですね。自宅から遠いのに井の頭公園まではるばる録りにいきましたもん。実際行ってみたら花見なのか単なる飲み会なのか分かんなかったですけど(笑)。

いとう:半年で仕上げる予定だったけど、康嗣さんが凝っちゃって、結局は約一年かかった。でも信用して待ってました。上がってきた大ラフを聞いて「これはイケる!」って思ったんですよ。既存のフィールドレコーディング作品とは違う斬新さを感じましたね。下に(サウンドコラージュを)敷いて演奏しているのではなく、まさに「その音」を主役にしているんですよね。現実音を組み替えることによってメロディをつけていくっていう。あれは何? 巴投げ?

康嗣:まぁ、そんな感じですね。相手の力を利用して、技を決める感じ。

―実はたまたまその場に居合わせたんですが、ラジカセショップTURBOSONICでもレジをたたく音を録音してましたよね。「何が始まるんだ?」と思うや否や、既に録音してたし(笑)。

康嗣:シゲとアーティスト写真撮影用のラジカセを借りに行った時、やりましたねー、そういえば。あのレジの音は今回、結局使わなかったけど(笑)。

2/5ページ:「テトラポッドを釣ってきちゃったんだけど、どうにかしてくれ!」って寿司屋で無理難題をふっかけているようなもん。

Page 1
次へ

リリース情報

□□□(クチロロ)
『everyday is a symphony』

2009年12月2日発売
価格:3,000円(税込)
commmons

1. Everyday
2. Good Morning!
3. Tokyo
4. 卒業
5. 海
6. ヒップホップの初期衝動
7. 有志の宝くじ
8. 温泉
9. moonlight lovers
10. 夢中
11. 花見
12. Re:Re:Re:
13. 飽きる
14. 00:00:00
15. everyday is a symphony

LIVE SCHEDULE

『everyday is a symphony 御披露目会』

2009年12月5日(土)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:東京・代官山UNIT

出演:
□□□
ゲスト:
オータコージ(曽我部恵一BAND)
中村有志
演出:伊藤ガビン

料金:前売3,150円(ドリンク代別)
チケット一般発売日:2009年10月31日
問い合わせ:ホットスタッフ・プロモーション 03-5720-9999

プロフィール

□□□

1998年に三浦康嗣(みうらこうし)を中心にブレイクビーツ・ユニットとして結成。以降、徐々にポップス中心のスタイルへと移行。2007年12月、Cubismo Grafico Fiveとしても活躍中の村田シゲが加入。そして2009年7月、作家、タレントとして大活躍の、そしてHIP HOPのオリジネイターでもあるいとうせいこう氏が加入。新たなパーティーとしてスタートを切る。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで