特集 PR

フラワーカンパニーズ×榊英雄監督 対談

フラワーカンパニーズ×榊英雄監督 対談

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作

「フラカン入門」の最終回となる第三弾は、ニュー・シングル『元少年の歌』が主題歌となっている映画『誘拐ラプソディー』の監督・榊英雄との対談をお届け。楽曲と映画を介して初めて知り合った関係ではあるものの、それぞれが音楽・映画にも興味を持ち、年齢も1コ違い、そして何より、自分の身の回りをストレートに、強い信念を持って描くという表現に対する姿勢を共有する両者の対談は、榊監督のエネルギッシュなキャラクターもあって、かなりの盛り上がりを見せたのでした。この曲とこの映画で20周年を走り抜け、21年目のフラワーカンパニーズがいよいよ幕を開ける!

(インタビュー・テキスト:金子厚武 撮影:柏井万作)

大人だって泣いたり、はしゃいだりするんだぜって。

 

―まずは“元少年の歌”が『誘拐ラプソディー』の主題歌として起用されることになった経緯から教えてください。

鈴木:普通に新曲を作ってて、デモを録った曲を何曲かレーベル(ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)に渡してあって、それが榊さんの耳に入ったのかな。

フラワーカンパニーズ×榊英雄監督 対談
榊英雄監督

:そうです。主題歌を決めるためにいろいろなアーティストの曲を聴かせてもらってて、その中に “元少年の歌”のデモがあったんですけど、すぐに「これじゃん!」って思いました。「これじゃないとやらない、じゃなけりゃ俺が歌う」と(笑)。それで実際に決まったわけです。

―楽曲のどの部分が一番ピンと来たんですか?

:原作の内容にイメージが合うということですね。大人だって泣いたり、はしゃいだりするんだぜっていうところが合うなと。それでデモの他の曲を聴くと今度は“40”(『元少年の歌』のカップリング)があって、聴くともう「俺やんか」って思って。フラカン先輩は一つ上の先輩方で、僕ももうすぐ40歳なんですけど、なんか「俺のこと?」って思える曲が多くて、余計に思い入れが強くなって。“元少年の歌”は、こんなにタイミングが良くていいものかと思うぐらいハマりましたね。

―<大人だって子供だったんだぜ>っていう歌詞のモチーフはどのように浮かんできたんですか?

鈴木:この間のアルバムぐらいからずっとそういうテーマがあったんですよ。40歳に近くなってから、小学校2・3年生ぐらいのころを良く思い出すようになって、その辺の自分と今の自分とを比べてるんです。たぶん自分の中で今がそういう時期なんですね。

―“40”にしてもそうですもんね。それがたまたま映画の内容に合致したと。

:大人と子供、誘拐犯と誘拐された人なんだけど、時には子供同士のようであり、時には大人同士にも見える。この楽曲にも、結果的にそういう切り口が見えましたよね。無意識なんですけど、僕の深層心理みたいのがズバリ<大人だって泣くぜ 大人だって恐いぜ>っていうところだったんですね。

 

黙って目の前にあるものを愛おしく表現できればそれが一番かっこいい。

 

―映画と楽曲の相互作用っていうのは絶対あるでしょうね。

:20代だったらもっとエッジの効いた、「売れるなんて…」って思いながら撮ってることもあったと思うけど、今はそういう欲もかっこつけも必要なくなって、黙って目の前にあるものを愛おしく表現できればそれが一番かっこいいなって思っちゃうんです。音楽にしろ映画にしろ、そういうものが好きなんですね。“40”に<結局、逃げ場所は ここにしかなかった>って歌詞があるように、僕も結局表現者で、映画を撮ることと家に帰ること以外ないんですよ。その中で「行けよ!」って叩かれるんじゃなくて、ポンっと押してくれる感じが好きですね。非常にそばにいる感じがします。

マエカワ:そう感じてくれるとありがたいですね。たぶん、そういう風にわざと作ってるわけじゃなくて、自分のことしか歌ってないわけだし。

:誰しもに合うパーツがいっぱいあるんですよ、フラカンの曲には。

鈴木:地球規模の歌とかエコとか、そういう歌も必要でしょうけど、あまりにも自分が歌うことって視野が狭いんですよ。半径15センチぐらいの中でずっとやってて、「これで果たしていいのかな?」って思ってた時期もあったけど、最近はより狭い視野のことを歌った方が伝わることが多いというか、伝わってるなって感じることが多い。不思議なもんで、個人的なことを歌えば歌うほど、個人的なものじゃなくなってくるというか。

2/4ページ:四畳半に住む地味な人の話でも、『アバター』並の映画が撮れるんじゃないかと思って撮りますよ。

Page 1
次へ

作品情報

誘拐ラプソディー
『誘拐ラプソディー』

劇場公開日 2010年4月3日
監督: 榊英雄
原作: 荻原浩
脚本: 黒沢久子
音楽: 榊いずみ
製作国: 2009年日本映画
上映時間: 1時間51分
配給: 角川映画
キャスト:高橋克典、林遼威、船越英一郎、YOU、哀川翔、菅田俊、榊英雄、木下ほうか、笹野高史、品川徹、角替和枝、寺島進、ベンガル、美保純、山本浩司

リリース情報

元少年の歌
フラワーカンパニーズ
『元少年の歌』(初回限定盤)

2010年3月31日発売
価格:1,470円(税込)
Sony Music Associated Records

1. 元少年の歌
2. 40
3. 深夜高速(Acoustic)
[DVD収録内容]
「元少年の歌」Full ver.
「深夜高速(Acoustic)」レコーディング風景

元少年の歌
フラワーカンパニーズ
『元少年の歌』

2010年3月31日発売
価格:1,223円
Sony Music Associated Recordsv
1. 元少年の歌
2. 40
3. 深夜高速(Acoustic)

プロフィール

フラワーカンパニーズ

89年、名古屋にて鈴木圭介 (Vo)、グレートマエカワ(B)、竹安堅一 (G)、ミスター小西 (Dr)の4人で結成。95年にアンティノスレコードよりメジャーデビュー。01年、アンティノスレコードを離れ、自らのレーベルTrash Recordsの立ち上げに参加。熱く地道な活動が、アーティスト達から絶大な支持を集め、再び注目を集める。08年夏、ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズと契約し、メジャー復帰。10年1月には、オールタイムベストアルバムとなる「フラカン入門」をリリース。男40歳!結成20周年にして快進撃を続ける、スーパーライブバンド!

榊英雄(さかきひでお)

1970年6月4日生まれ 長崎県出身。95年、『この窓は君のもの』主演で俳優デビュー。その後も『VERSUS ヴァーサス』(00)『ALIVE アライヴ』(02)に主演、『突入せよ!あさま山荘事件』(02)『あずみ』(03)『北の零年』(04)などに出演し、俳優としてのキャリアを重ねる中、志願して助監督を務め現場経験を積み、07年『GROW −愚郎−』で長編監督デビュー。『誘拐ラプソディー』(10)は、『ぼくのおばあちゃん』(08)に続き長編3作目となる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで