特集 PR

須永辰緒 インタビュー

須永辰緒 インタビュー

インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
撮影:柏井万作
2010/04/28

DJとしてのみならず、プロデュース、リミックス、執筆、さらには自身のソロ・ユニット“Sunaga t experience”でも作品を発表するなど、豊かな知識と確かなセンスでリスナーからの信頼を集めている須永辰緒。その彼が「フロアでの実践と学習」の成果として発表を続けてきた『夜ジャズ』シリーズから、現役日本人アーティスト15組を集めたコンピ『須永辰緒の夜ジャズ・外伝〜ALL THE YOUNG DUDES〜すべての若き野郎ども〜』(以下、外伝)がリリースされる。EGO-WRAPPIN’、勝手にしやがれ、SOIL&”PIMP”SESSIONSといった既にフェスなどでも活躍するアーティストから、cro-magnon、quasimodeといった気鋭の若手まで、革新性と熱気に溢れた楽曲の数々は、ジャズへの既成概念を壊してくれること間違いなし。須永氏に、激しく脈動するクラブジャズ・シーンを語ってもらった。

(インタビュー・テキスト:タナカヒロシ 撮影:柏井万作)

「東京にはこんなかっこいい夜があるんだぜ」って。

―改めての質問で恐縮ですが、須永さんとジャズの関わりって、いつ頃からなんですか?

須永:もともとパンクのDJだったんですけど、特に大きなきっかけがあったわけでもなく、必然的にジャズに辿り着いたというか。3コードのパンクからジャズにつながるわけですから、ずいぶん長い道のりを経てるんですけど、おおまかに言うと、パンク〜ヒップホップ〜ジャズっていう順序があって。ジャズに特化したのはここ10年弱だと思います。

―そうだったんですね。一番最初のジャズの仕事はなんだったんですか?

須永辰緒 インタビュー
須永辰緒

須永:最初は現場ですよね。DJのスタイルがジャズなので、現場でジャズの割合が増えていって。作品としては(Sunaga t experience名義の)ソロ・アルバムが4枚出ているんですけど、2001年にavexから出した『COБAKA(crouka)』が最初です。その時点でだいたいジャズが半分。あとはもうちょっと南米系の音楽に比重を置いていたので、ボサノヴァとか、サンバとか。アコースティックな音楽に向いていたのは確かです。

―須永さんがセレクトしたジャズ・コンピ、『夜ジャズ』シリーズも8枚リリースされていて、代表作と言っていいかと思うんですけど、『夜ジャズ』はどのようにして始まったんですか?

須永:生音のジャズだけでダンスフロアを成立させるっていうのは、めちゃくちゃ難しいんですよ。いまも試行錯誤してるくらい。しかもジャズって、圧倒的にインストが多いんですけど、ハードバップやモダンジャズのインスト曲で、フロアを成立させるというアティテュードがパンクだと思ってるんですね。 それで、ある日のDJをしているときに、夜中の3時くらいだったんですけど、リー・モーガン、ハンク・モブレー、アート・ブレイキー、そして誰も聴いたことのないようなヨーロッパのジャズなどで、フロアが熱気を帯びて、踊ってる瞬間があったんです。そのときに、お客さんにびっくりすると同時に、そのシーンをなんとか記録にして残したいなと。「東京にはこんなかっこいい夜があるんだぜ」って。そこから深夜のジャズだから『夜ジャズ』って。そんなことを冗談で言ってたら、レコード会社の人たちが「『夜ジャズ』でCD作りましょう!」みたいな(笑)。

―夜中に熱気を帯びていたときの雰囲気を再現しようと。

須永:そうですね。男たちが汗かきながらワーッと盛り上がってる、黒い熱気みたいなものが。DJなので、こちらから新しい音楽を提供するだけじゃなくて、お客さんから教えられることも多いんですよ。フロアでの実践と学習、その成果が『夜ジャズ』だと思ってます。

Page 1
次へ

リリース情報

V.A.<br>
『須永辰緒の夜ジャズ・外伝〜All THE YOUNG DUDES〜すべての若き野郎ども〜』
V.A.
『須永辰緒の夜ジャズ・外伝〜All THE YOUNG DUDES〜すべての若き野郎ども〜』

2010年4月28日発売
価格:2,500円(税込)
Sony Music Associated Records AICL-2119

1.SCRAP JUNCTION / THE SAX NIGHT
2.BMWの女 / TRI4TH
3.TIME PARADOX / JABBERLOOP
4.Nervous Breakdown / EGO-WRAPPIN'
5.キッスをしようぜ!/ Bloodest Saxophone
6.Feelin’/ cro-magnon
7.Dooinit / indigo jam unit
8.Corazon / quasimode
9.地中海に浮かぶ女 / カルメラ
10.LUNES FELIZ / BLACK Qp'67
11.A Kite / Sunaga t experience
12.GHOST RIDERS IN THE SKY / THE TRAVELLERS
13.ステンドグラスのキリスト / 勝手にしやがれ
14.SUMMER GODDESS / SOIL&"PIMP"SESSIONS
15.人が夢を見るといふ事〜Black Skyline〜vocal remix by Sunaga t experience / PE'Z

プロフィール

須永辰緒

日本が世界に誇る音楽プロデューサー、DJ。MIX CDシリーズ『World Standard』や、ジャズコンピレーションアルバム『須永辰緒の夜ジャズ』をはじめ、 レーベルコンパイルCDや北欧アーティストにおけるリリース/招聘も頻繁に行う。また、自身のソロ・ユニット“Sunaga t experience”としてアルバム4枚を発表。多種コンピレーションの監修、プロデュース・ワークス、リミックス作品は150作を超える、日本で最も忙しいDJ“レコード番長”。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

jizue“grass”Live at Daikanyama UNIT, Tokyo

jizueより、『ビクタージャズ祭り』のライブ映像が公開(CINRA.NETにてレポート記事も掲載中)。撮影を担当したのは、jizueのPVやアーティスト写真、さらにはOvall、Kan Sano、福原美穂などのPVも手掛けるGLOWZ。特に見所は、2:58頃のピアノとドラムだけのミニマルな掛け合いが緊張感もあるなかで続くところから、徐々に熱を上げてエネルギーを溜めていき、4:30あたりで放出させる、そのスリリング且つ気持ちのよい流れ。心のなかに溜め込んだ感情をすべて解放させてくれるかのよう。(矢島)

  1. W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介 1

    W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

  2. 日韓アイドル集う『PRODUCE48』放送開始 総選挙控えるHKT宮脇咲良らも 2

    日韓アイドル集う『PRODUCE48』放送開始 総選挙控えるHKT宮脇咲良らも

  3. 小室哲哉作品集に小泉今日子、松田聖子、宮沢りえ、中森明菜ら 全曲判明 3

    小室哲哉作品集に小泉今日子、松田聖子、宮沢りえ、中森明菜ら 全曲判明

  4. 広末涼子が『LIFE!』初登場 内村光良、中川大志らと共演&ムロと夫婦役 4

    広末涼子が『LIFE!』初登場 内村光良、中川大志らと共演&ムロと夫婦役

  5. 宇多田ヒカル『SONGS』『プロフェッショナル』放送決定 又吉直樹と対談も 5

    宇多田ヒカル『SONGS』『プロフェッショナル』放送決定 又吉直樹と対談も

  6. 『未来のミライ展』展示構成発表、実際に座れる「黒い新幹線」の座席も 6

    『未来のミライ展』展示構成発表、実際に座れる「黒い新幹線」の座席も

  7. 『HiGH&LOW』新作スピンオフ、主役は山下健二郎&佐藤寛太&佐藤大樹のDTC 7

    『HiGH&LOW』新作スピンオフ、主役は山下健二郎&佐藤寛太&佐藤大樹のDTC

  8. 三谷幸喜の新作オリジナルミュージカル、キャストに中井貴一、香取慎吾ら 8

    三谷幸喜の新作オリジナルミュージカル、キャストに中井貴一、香取慎吾ら

  9. 鳥居みゆきが接続する、内藤正敏のSF、イタコ、民俗学の写真世界 9

    鳥居みゆきが接続する、内藤正敏のSF、イタコ、民俗学の写真世界

  10. 名和晃平がルーヴル美術館ピラミッドに巨大彫刻展示 「空位の玉座」表現 10

    名和晃平がルーヴル美術館ピラミッドに巨大彫刻展示 「空位の玉座」表現