特集 PR

須永辰緒 インタビュー

須永辰緒 インタビュー

インタビュー・テキスト
タナカヒロシ
撮影:柏井万作
2010/04/28

DJとしてのみならず、プロデュース、リミックス、執筆、さらには自身のソロ・ユニット“Sunaga t experience”でも作品を発表するなど、豊かな知識と確かなセンスでリスナーからの信頼を集めている須永辰緒。その彼が「フロアでの実践と学習」の成果として発表を続けてきた『夜ジャズ』シリーズから、現役日本人アーティスト15組を集めたコンピ『須永辰緒の夜ジャズ・外伝〜ALL THE YOUNG DUDES〜すべての若き野郎ども〜』(以下、外伝)がリリースされる。EGO-WRAPPIN’、勝手にしやがれ、SOIL&”PIMP”SESSIONSといった既にフェスなどでも活躍するアーティストから、cro-magnon、quasimodeといった気鋭の若手まで、革新性と熱気に溢れた楽曲の数々は、ジャズへの既成概念を壊してくれること間違いなし。須永氏に、激しく脈動するクラブジャズ・シーンを語ってもらった。

(インタビュー・テキスト:タナカヒロシ 撮影:柏井万作)

「東京にはこんなかっこいい夜があるんだぜ」って。

―改めての質問で恐縮ですが、須永さんとジャズの関わりって、いつ頃からなんですか?

須永:もともとパンクのDJだったんですけど、特に大きなきっかけがあったわけでもなく、必然的にジャズに辿り着いたというか。3コードのパンクからジャズにつながるわけですから、ずいぶん長い道のりを経てるんですけど、おおまかに言うと、パンク〜ヒップホップ〜ジャズっていう順序があって。ジャズに特化したのはここ10年弱だと思います。

―そうだったんですね。一番最初のジャズの仕事はなんだったんですか?

須永辰緒 インタビュー
須永辰緒

須永:最初は現場ですよね。DJのスタイルがジャズなので、現場でジャズの割合が増えていって。作品としては(Sunaga t experience名義の)ソロ・アルバムが4枚出ているんですけど、2001年にavexから出した『COБAKA(crouka)』が最初です。その時点でだいたいジャズが半分。あとはもうちょっと南米系の音楽に比重を置いていたので、ボサノヴァとか、サンバとか。アコースティックな音楽に向いていたのは確かです。

―須永さんがセレクトしたジャズ・コンピ、『夜ジャズ』シリーズも8枚リリースされていて、代表作と言っていいかと思うんですけど、『夜ジャズ』はどのようにして始まったんですか?

須永:生音のジャズだけでダンスフロアを成立させるっていうのは、めちゃくちゃ難しいんですよ。いまも試行錯誤してるくらい。しかもジャズって、圧倒的にインストが多いんですけど、ハードバップやモダンジャズのインスト曲で、フロアを成立させるというアティテュードがパンクだと思ってるんですね。 それで、ある日のDJをしているときに、夜中の3時くらいだったんですけど、リー・モーガン、ハンク・モブレー、アート・ブレイキー、そして誰も聴いたことのないようなヨーロッパのジャズなどで、フロアが熱気を帯びて、踊ってる瞬間があったんです。そのときに、お客さんにびっくりすると同時に、そのシーンをなんとか記録にして残したいなと。「東京にはこんなかっこいい夜があるんだぜ」って。そこから深夜のジャズだから『夜ジャズ』って。そんなことを冗談で言ってたら、レコード会社の人たちが「『夜ジャズ』でCD作りましょう!」みたいな(笑)。

―夜中に熱気を帯びていたときの雰囲気を再現しようと。

須永:そうですね。男たちが汗かきながらワーッと盛り上がってる、黒い熱気みたいなものが。DJなので、こちらから新しい音楽を提供するだけじゃなくて、お客さんから教えられることも多いんですよ。フロアでの実践と学習、その成果が『夜ジャズ』だと思ってます。

Page 1
次へ

リリース情報

V.A.<br>
『須永辰緒の夜ジャズ・外伝〜All THE YOUNG DUDES〜すべての若き野郎ども〜』
V.A.
『須永辰緒の夜ジャズ・外伝〜All THE YOUNG DUDES〜すべての若き野郎ども〜』

2010年4月28日発売
価格:2,500円(税込)
Sony Music Associated Records AICL-2119

1.SCRAP JUNCTION / THE SAX NIGHT
2.BMWの女 / TRI4TH
3.TIME PARADOX / JABBERLOOP
4.Nervous Breakdown / EGO-WRAPPIN'
5.キッスをしようぜ!/ Bloodest Saxophone
6.Feelin’/ cro-magnon
7.Dooinit / indigo jam unit
8.Corazon / quasimode
9.地中海に浮かぶ女 / カルメラ
10.LUNES FELIZ / BLACK Qp'67
11.A Kite / Sunaga t experience
12.GHOST RIDERS IN THE SKY / THE TRAVELLERS
13.ステンドグラスのキリスト / 勝手にしやがれ
14.SUMMER GODDESS / SOIL&"PIMP"SESSIONS
15.人が夢を見るといふ事〜Black Skyline〜vocal remix by Sunaga t experience / PE'Z

プロフィール

須永辰緒

日本が世界に誇る音楽プロデューサー、DJ。MIX CDシリーズ『World Standard』や、ジャズコンピレーションアルバム『須永辰緒の夜ジャズ』をはじめ、 レーベルコンパイルCDや北欧アーティストにおけるリリース/招聘も頻繁に行う。また、自身のソロ・ユニット“Sunaga t experience”としてアルバム4枚を発表。多種コンピレーションの監修、プロデュース・ワークス、リミックス作品は150作を超える、日本で最も忙しいDJ“レコード番長”。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣 1

    映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣

  2. SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』 2

    SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』

  3. 山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年 3

    山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年

  4. Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露 4

    Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露

  5. スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA 5

    スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA

  6. 尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催 6

    尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催

  7. 宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」 7

    宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」

  8. 米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA 8

    米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA

  9. 藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に 9

    藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に

  10. 石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送 10

    石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送