特集 PR

ホテルニュートーキョー インタビュー

ホテルニュートーキョー インタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武

今谷忠弘を中心とするユニット、ホテルニュートーキョーが新作『トーキョー アブストラクト スケーター ep』を発表した。EPとはいえ、エリオット・スミスのカヴァーをはじめ、リミックスやライブテイク、もちろん新曲も含めた8曲を収録した本作は、ジャズ、ファンク、ブレイクビーツ、ロックなどを横断する、メロウでラグジュアリーなホテニューの魅力を余すことなく捉えた快作に仕上がっている。また、今谷はバックグラウンドの共有を目的に前作より作品ごとにキーワードを設定していて、本作では「井上雄彦」「スケートカルチャー」「オルタナティブ」「ガス・ヴァン・サント」の四つが挙げられている。これらのキーワードを紐解きつつ、本作の背景と、今谷の考えを探ってみた。

(インタビュー・テキスト:金子厚武)

僕らの時代は目の前にあるものがすべてだった。先輩とか、この人たちに嫌われたらマジでやばいとかね。

―『トーキョー アブストラクト スケーター ep』を制作するきっかけは、井上雄彦さんのドキュメンタリーだったそうですね?

今谷:NHKの『プロフェッショナル 仕事の流儀』っていうドキュメンタリーで、井上雄彦さんが話してた内容が、勝手に自分と被ったんです。結局自分の中にあるものを描かないと、リアリティは生まれない、でもその掘り下げていった先には普遍的なものがあって、そういう普遍的なものは若いとか年を取ってるとか、国とか関係なく伝わるんじゃないかってことを言ってて。

―なるほど。

今谷:あと最近、10年前くらいの雑誌を読み漁ってるんですよ。当時の『relax』とか『STUDIO VOICE』とかを読んでると、その当時はわからなかったけど、「こういう文化だったんだ」「こういうことを自分は浴びてたんだ」っていうのがわかるんですよ。

ホテルニュートーキョー インタビュー
今谷忠弘

―ではその今谷さんのルーツのひとつである「スケートカルチャー」についてですが、いつ頃に、どうはまったんですか?

今谷:王子に3Dってクラブがあったんですけど、そこでスケボーを楽しんでる人たちが、急にステージに上がってライブをするっていうのがすごい衝撃だったんです。高校生だったから多分行っちゃいけなかったんですけど、いけない感じがまたすごく良くて。ちょっと前まで中学生ですからね、やばかったです。その当時はまだ自分の世界が狭くて、その衝撃を世の中のすべてだと思っちゃう。あの吸収力は今もうないですね。もしかしたら今の若い人たちは情報がいっぱいあるから、そういうのがないのかもしれないけど。

―変わってきてるでしょうね。

今谷:僕らの時代はそんなに情報がないから、目の前にあるものがすべてだった。先輩とか、この人たちに嫌われたらマジでやばいとかね。先輩とは月1でイベントをやっていてDJみたいな事をやっていたんですが、その選曲はひどかったですね。パンテラの後にG-FUNKとか、クリス・クロスの後にペニーワイズとかかけたりして、でも盛り上がってました。

―(笑)。日本のバンドだと、どんな人を聴いてましたか?

今谷:スナッフィースマイル、バッジ714から、ジャパコアもちょっと聴いてましたね。S.O.B、リップクリームとか。

―その辺ってエアジャム前夜ぐらいですか?

今谷:もうちょい前ですね。エアジャムって結構盛り上がって盛り上がってのドーン! って感じだったから。その前から先輩とそういうところ(クラブ)に見に行ってました。エアジャム周辺の人たちが、CDを出し始めたぐらいじゃないですかね?

―2000年のエアジャムは音楽を中心に様々なクリエイターが集まって、一つのカルチャーを形成する、その象徴的なイベントでしたよね。やっぱりいろんなカルチャーが交錯していることっていうのが、今谷さんの表現の重要なポイントなのでしょうか?

今谷:そこなんですよね、やっぱり。自分のルーツっていうか、そういうのが好きなんです。映画見たり、他の文化に触れることの方が、自分の好き嫌いが定まっていくんですよ。音楽聴いちゃうと「これもかっこいい、これもかっこいい」ってなっちゃって、「こういうのもやりたい」ってなっちゃうんで。自分の価値観を形成してるのは、音楽以外の部分がほとんどを占めてますね。



Page 1
次へ

イベント情報

入場無料イベント『exPoP!!!!! vol.40』に出演!

viBirth × CINRA presents 『exPoP!!!!! volume40』

2010年7月29日(木)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:渋谷O-nest
料金:入場無料(2ドリンク別)
出演:ホテルニュートーキョー、COMA*、Clean Of Core、The New House

料金:無料 (2ドリンク別)
※ご予約の無い方は入場できない場合があります。ご了承下さい。
チケット予約(PC)
チケット予約(モバイル)

各出演者の詳細・試聴は『exPoP!!!!!』ウェブサイトからチェックしてください。

リリース情報

ホテルニュートーキョー<br>
『トーキョー アブストラクト スケーター ep』
ホテルニュートーキョー
『トーキョー アブストラクト スケーター ep』

2010年6月21日発売
価格:1,500円(税込)
ROSE RECORDS ROSE 106

1. トーキョー アブストラクト スケーター #1
2. The white lady loves you more
3. A man & rooster 90's
4. フォーエバー・ヤング
5. Dawn
6. Let me turn you on(electric city ver.)
7. トーキョー アブストラクト スケーター #2

プロフィール

ホテルニュートーキョー

2003年、今谷忠弘のソロユニットとして始動。2006年、ファースト・アルバム『ガウディの憂鬱』をリリース後、本格的にバンド編成での活動を展開。2009年、バンドスタイルで構築されたセカンド・アルバム『2009 spring/summer』をリリースし、音楽界のみならず多方面の分野でも話題となる。2010年、最新作『トーキョー アブストラクト スケーター ep』をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Homecomings“Blue Hour”

微妙な関係、微妙な距離を前に、言わずに飲み込んだ言葉、あるいは取ってつけたような言葉……夜の終わりと始まりの深い青にはそんな言葉が無数に浮かんでは消える。<まだ夜は冷えるから 僕らは子供のまま>という奥ゆかしくもみずみずしいラインに、<僕らお互い弱虫すぎて 踏み込めないまま朝を迎える>なんて一節を思い出したりしました。(山元)

  1. Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る 1

    Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

  2. 新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始 2

    新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始

  3. 『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開 3

    『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開

  4. 自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真 4

    自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真

  5. 戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開 5

    戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開

  6. 『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も 6

    『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

  7. 堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る 7

    堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

  8. 松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編 8

    松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編

  9. 片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開 9

    片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開

  10. 隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に 10

    隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に