特集 PR

背中をおした名言集 Kenichiro Nishiharaインタビュー

背中をおした名言集 Kenichiro Nishiharaインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作

誰でも一度は「名言集」というものを手にしたことがあるだろう。歴史上の偉人をはじめ、学者からスポーツ選手、もちろんミュージシャンまで、時に人生の指針となるかもしれない様々な「名言集」が世の中には溢れているが、その一方で、誰もが「自分だけの名言集」を胸に秘めているのではないだろうか? NujabesやINO hidefumiに続くジャジー・ヒップホップ/クラブ・ジャズの新鋭であり、パリコレをはじめとした様々なイベントで音楽ディレクションを手がけるなど、多岐に渡って活動をしているKenichiro Nishiharaは、中学校の担任や映画監督、大御所ミュージシャンたちから送られた、彼にとっての数々の名言のおかげで今があることを語ってくれた。そんな彼の最新作『Rugged Mystic Jazz for TALISKER』は、世界的に評価の高いシングルモルトウィスキーTALISKERにインスパイアされたコンセプト・アルバム。お好きなドリンクと音楽と共に、このインタビューからあなたにとっての名言を見つけて欲しい。

(インタビュー・テキスト:金子厚武 撮影:柏井万作)

「勉強やめて、トップになれるものを探しなさい」

―まずは音楽を始めたきっかけから教えてください。

背中をおした名言集 Kenichiro Nishiharaインタビュー
Kenichiro Nishihara

Nishihara:中学校の1クラスが50人だったんですけど、1学期の1回目の試験の順位が48番で、担任の先生に「もっと勉強しろ」って怒られるかと思ったら、「君は勉強をやめなさい」って言われて(笑)。「勉強っていうのは黙っててもできる人がやるもので、君はいくらやってもトップにはなれない。勉強やめて、トップになれるものを探しなさい」って。それがちょうど音楽を聴き出した頃だったので、「音楽でもやってみるか」と思って御茶ノ水にギターを買いに行ったんです。そのときは子供ながらに、プロになろうと思ってましたね。「勉強をやめたんだから、音楽で頑張ろう」って。

―なかなか、すごい先生だったんですね。じゃあ、最初から今みたいなジャズっぽい音楽をやっていたわけではないんですか?

Nishihara:元々はロックで、バンドでエレキギターを弾いてたんですけど、高校生ぐらいのときにDJカルチャーとか、打ち込みで作る音楽に影響を受けて。そこから機材を揃え始めて、今の自分のスタイルができていったんだと思います。その中で、自分は音楽的な理論や知識が全然足りないことに気がついて、高校2、3年からジャズ・ピアノの先生に作曲法やジャズ理論を習ったりしました。

―でも、高校生の頃にはもうファッション・ショーには関わってたんですよね?

Nishihara:そうですね。きっかけになったのは高2のときで、藤原ヒロシさんがプロデュースするMILK BOYのファッション・ショーがあったんです。そのショーが、プロの選曲家を使うんじゃなくて、高校生とかよくわかんないやつにやらせてみようって話になって。それで、そのショーのモデルをたまたま友達がやっていたので、「一緒にやろうぜ」って。それから「ただで仕事するやつがいる」みたいな感じになって(笑)、ちょっとずつ仕事になっていった感じです。

Page 1
次へ

リリース情報

Kenichiro Nishihara<br>
『Rugged Mystic Jazz For TALISKER』
Kenichiro Nishihara
『Rugged Mystic Jazz For TALISKER』

2010年12月15日発売
価格:2,100円(税込)
Victor / VICL-63698

1. Introduction 57゜N 6゜W
2. Fly With The Wind
3. Expansions
4. Every Breath You Take
5. Interlude
6. Rugged Mystic Jazz
7. Thinking Of You
8. Skye Sensor Jazz(Version)
9. Waves Dub

プロフィール

Kenichiro Nishihara

1996年よりファッションショーの選曲を始め、東京・パリコレクションなど 多岐にわたるショーやイベントで音楽ディレクションを担当するほか、webやCMなど幅広い分野の音楽で作曲・プロデュースなども手がける。自身が主宰する音楽レーベルUNPRIVATE ACOUSTICSから2008年にリリースされた 7inchシングル『Neblosa』、1stアルバム『Humming Jazz』は鮮やかなヒットを記録。2010年 1月には2ndアルバム『LIFE』を発表した。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”

サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”MV。監督・三宅唱の眼差しを通せば、見慣れた街のたしかな息吹が感じられる。映り込む広告から、かなり最近撮影されたのだとわかるパートも。クレジットにまで忍ばせてある遊びにも心くすぐられた(バリュー・ドリモア)。<movieのように華やかじゃない>日々にも、きらめく瞬間が散りばめられているのだと知って、今年も東京で夏の蜃気楼を待ちわびてしまう。(井戸沼)

  1. 5人の女性と5人のアイドル。ドルオタ描く『婚外恋愛に似たもの』がドラマ化 1

    5人の女性と5人のアイドル。ドルオタ描く『婚外恋愛に似たもの』がドラマ化

  2. 福士蒼汰、杉咲花、吉沢亮に注目 実写『BLEACH』キャラクターPV3本公開 2

    福士蒼汰、杉咲花、吉沢亮に注目 実写『BLEACH』キャラクターPV3本公開

  3. 荒木飛呂彦が国立新美術館で「漫画界に感謝」 原画展の記者発表会に登場 3

    荒木飛呂彦が国立新美術館で「漫画界に感謝」 原画展の記者発表会に登場

  4. 石井裕也監督と相楽樹が結婚、オフィシャルブログで妊娠も報告 4

    石井裕也監督と相楽樹が結婚、オフィシャルブログで妊娠も報告

  5. 稲垣吾郎&香取慎吾が海辺で戯れる サントリー「オールフリー」新CM 5

    稲垣吾郎&香取慎吾が海辺で戯れる サントリー「オールフリー」新CM

  6. 生駒里奈がネギ役、舞台『魔法先生ネギま!』ビジュアル公開 全キャストも 6

    生駒里奈がネギ役、舞台『魔法先生ネギま!』ビジュアル公開 全キャストも

  7. W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介 7

    W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

  8. 草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演 8

    草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演

  9. 松坂桃李の腸内を「バブリーダンス」akaneらが表現、ヤクルトWEB動画公開 9

    松坂桃李の腸内を「バブリーダンス」akaneらが表現、ヤクルトWEB動画公開

  10. 椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ 10

    椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ