特集 PR

背中をおした名言集 Kenichiro Nishiharaインタビュー

背中をおした名言集 Kenichiro Nishiharaインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作

誰でも一度は「名言集」というものを手にしたことがあるだろう。歴史上の偉人をはじめ、学者からスポーツ選手、もちろんミュージシャンまで、時に人生の指針となるかもしれない様々な「名言集」が世の中には溢れているが、その一方で、誰もが「自分だけの名言集」を胸に秘めているのではないだろうか? NujabesやINO hidefumiに続くジャジー・ヒップホップ/クラブ・ジャズの新鋭であり、パリコレをはじめとした様々なイベントで音楽ディレクションを手がけるなど、多岐に渡って活動をしているKenichiro Nishiharaは、中学校の担任や映画監督、大御所ミュージシャンたちから送られた、彼にとっての数々の名言のおかげで今があることを語ってくれた。そんな彼の最新作『Rugged Mystic Jazz for TALISKER』は、世界的に評価の高いシングルモルトウィスキーTALISKERにインスパイアされたコンセプト・アルバム。お好きなドリンクと音楽と共に、このインタビューからあなたにとっての名言を見つけて欲しい。

(インタビュー・テキスト:金子厚武 撮影:柏井万作)

「勉強やめて、トップになれるものを探しなさい」

―まずは音楽を始めたきっかけから教えてください。

背中をおした名言集 Kenichiro Nishiharaインタビュー
Kenichiro Nishihara

Nishihara:中学校の1クラスが50人だったんですけど、1学期の1回目の試験の順位が48番で、担任の先生に「もっと勉強しろ」って怒られるかと思ったら、「君は勉強をやめなさい」って言われて(笑)。「勉強っていうのは黙っててもできる人がやるもので、君はいくらやってもトップにはなれない。勉強やめて、トップになれるものを探しなさい」って。それがちょうど音楽を聴き出した頃だったので、「音楽でもやってみるか」と思って御茶ノ水にギターを買いに行ったんです。そのときは子供ながらに、プロになろうと思ってましたね。「勉強をやめたんだから、音楽で頑張ろう」って。

―なかなか、すごい先生だったんですね。じゃあ、最初から今みたいなジャズっぽい音楽をやっていたわけではないんですか?

Nishihara:元々はロックで、バンドでエレキギターを弾いてたんですけど、高校生ぐらいのときにDJカルチャーとか、打ち込みで作る音楽に影響を受けて。そこから機材を揃え始めて、今の自分のスタイルができていったんだと思います。その中で、自分は音楽的な理論や知識が全然足りないことに気がついて、高校2、3年からジャズ・ピアノの先生に作曲法やジャズ理論を習ったりしました。

―でも、高校生の頃にはもうファッション・ショーには関わってたんですよね?

Nishihara:そうですね。きっかけになったのは高2のときで、藤原ヒロシさんがプロデュースするMILK BOYのファッション・ショーがあったんです。そのショーが、プロの選曲家を使うんじゃなくて、高校生とかよくわかんないやつにやらせてみようって話になって。それで、そのショーのモデルをたまたま友達がやっていたので、「一緒にやろうぜ」って。それから「ただで仕事するやつがいる」みたいな感じになって(笑)、ちょっとずつ仕事になっていった感じです。

Page 1
次へ

リリース情報

Kenichiro Nishihara<br>
『Rugged Mystic Jazz For TALISKER』
Kenichiro Nishihara
『Rugged Mystic Jazz For TALISKER』

2010年12月15日発売
価格:2,100円(税込)
Victor / VICL-63698

1. Introduction 57゜N 6゜W
2. Fly With The Wind
3. Expansions
4. Every Breath You Take
5. Interlude
6. Rugged Mystic Jazz
7. Thinking Of You
8. Skye Sensor Jazz(Version)
9. Waves Dub

プロフィール

Kenichiro Nishihara

1996年よりファッションショーの選曲を始め、東京・パリコレクションなど 多岐にわたるショーやイベントで音楽ディレクションを担当するほか、webやCMなど幅広い分野の音楽で作曲・プロデュースなども手がける。自身が主宰する音楽レーベルUNPRIVATE ACOUSTICSから2008年にリリースされた 7inchシングル『Neblosa』、1stアルバム『Humming Jazz』は鮮やかなヒットを記録。2010年 1月には2ndアルバム『LIFE』を発表した。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開