特集 PR

自分たちで「営業」もする、DIYなバンド「空中ループ」前編

自分たちで「営業」もする、DIYなバンド「空中ループ」前編

インタビュー・テキスト:進行
加藤孝朗
テキスト:金子厚武 撮影:加藤孝朗
2011/12/20

今年の10月にバンド結成以来初となるフル・アルバム『空中ループ』をリリースし、その直後に行われた『MINAMI WHEEL』では、メイン会場となるBIGCATでのライブを大成功させるなど、今まさに絶好調の空中ループ。しかし、以前までの彼らがどこのレーベルにも所属せず、完全自主で活動していたことをみなさんはご存じだろうか? 今ではインディレーベルが、メジャーのレコード会社以上の影響力を持つケースも少なくないが、完全自主となると話は別もの。結成当初はバンドの運営に関して素人同然だった空中ループが、音楽への情熱と人とのつながりだけを頼りにその名を全国区にまで広めたということは、「奇跡」と言っても決して大げさ過ぎることはないだろう。そんな彼らの活動を振り返ることは、音楽業界の関係者や若手のバンドにとってはもちろん、クリエティブな分野に携わる人なら誰にとっても、何らかのヒントとなるはずだ。

2回シリーズでお届けするこの企画、第1回は大阪HOOK UP RECORDS編。元タワーレコード梅田マルビル店のインディーズバイヤーであり、現在はHOOK UP RECORDSの店長として、文字通り若手をフックアップし続けている大阪インディーの兄貴分、吉見雅樹氏との対談をお届けする。空中ループにとってはまさに恩人とも言うべき存在であり、若手バンドに対する厳しい言葉の裏側から、音楽に対する確かな愛情が感じられる吉見氏がいなければ、今の空中ループがなかったことは間違いないだろう。現在空中ループが所属するレーベル「wonderground」の加藤孝朗氏も交えた対談は、積もりに積もった思い出話も合わさって、優に2時間を越えるものとなった。

音源もないまま、2か月後にCDリリース!?

―まずは両者の出会いからお聞きしたいのですが。

松井(Vo,Gt):2007年ですよね。関西では「これまず受けろ」って言われる『CYBER MUSIC AWARD』(現『eo Music Try』)っていうオーディションがあって、それにエントリーしたら通ったんです。それでその説明会に行ったときに、そこにいた人が「自分らでやってるんなら帰りにHOOK UP RECORDS寄ってみたら?」って教えてくれて。

吉見:それで、音源持ってきてくれたんやんな?

松井:僕が1番初めに作ったファースト・デモCD-R。それの委託販売のお願いに行って。

吉見:で、「まずはライブを見てからや」って話をして、しばらくしてからセカンドライン(大阪のライブハウス)で見たんやけど、そのときはまだドラムがおらんくて…。

松井:いや、いたんですけど、まださとう(空中ループのドラマー)はサポートメンバーだったんですよ。それでその日はさとうの都合が合わなかったんですけど、でもセカンドラインには出たかったんで、「3人でやります」って。

―そのライブを見た吉見さんの印象はいかがでしたか?

吉見:やっぱドラムがいないから、タイム感がすごい悪くて。あとそんとき打ち込みの音量がめちゃめちゃでかかった。外音のバランスとかもわかってなかったんやろうな。で、彼(松井)は声量もそんなになかったんで、口は動いてるけど歌が全然聴こえなくて、「あかんなあ」と。あとピンクの帽子を被っとって、「そのトレードマークはあかん」と(笑)。

当時の松井省悟
当時の松井省悟

松井:いつも最後の曲の"その光"で帽子を落として、弦を全部切って、ギターを放って終わるっていう(笑)。

―うーん…あんまりバンドのイメージに合ってないですよね。

吉見:あれやんな? 当時の彼女にもらったとか言ってたけど、「それとこれとは別やろ」って言ったやん。2人でおるときは別に被ってええけど、ステージではおうてへんからって。でも「彼女が…」って言うから。

松井:なんかピュアっすね…覚えてないです(笑)。

―じゃあ、ライブの印象はあまり良くなくて、そのときは委託もできなかったと。

吉見:ドラム入れた編成のライブを見たいっていう話をしてたら、何故かもう年明けには「音源出す」とかって話になって…。

松井:10月にライブを見てもらって、1月に「音源をリリースしたい」って話をしに行ったんですよ。3月の中旬にVOXhallでワンマンが決まってて、そこに間に合うように流通を通してリリースしたいと。でも、その話をしに行ったのが1月12日で(笑)。

―その音源はもう出来ていたの?

松井:できてないです。「これから録ります」って。何曲入りかも決めてなかった(笑)。

―それじゃあ絶対に間に合わないよね。

和田直樹
和田直樹

和田(Gt):そうなんです。どんな進行で、どういう風に進めたらCDが出せるのかまったく知らないまま進めていたんですよね…。それで、結局ワンマンを延期したんですよ。ホームページ上で「すみませんでした」ってめっちゃお詫びの文章書いて、その日は自主企画にして。


松井:お正月に「3月にワンマン&CDリリース決定!」って告知してたのに、それから吉見さんのとこに相談に行って、それがあり得ないということを知って…。

吉見:「CD出す為には、これやらなあかん、これやらなあかん、必要性わかるよね? そう考えたら絶対無理やんな?」って全部教えて。まあ、こういう子らって多かったんですよ。ただ、その中で結果を残した子たちではあって、ほとんどの子らはせっかく教えたところで実際には動かないですけど、彼らはその通りやってきたんで。そっからはかなり動いたもんな?

松井:動きましたねえ、かなり。

2/3ページ:どこまでが音楽? どこまでが営業?

Page 1
次へ

リリース情報

空中ループ『ラストシーン with ストリングス EP』
空中ループ
『ラストシーン with ストリングス EP』

2011年12月21日発売
価格:500円(税込)
WRCD-56 / wonderground

1. ラストシーン
2.Ame-agari
3.Dancing in the rain
4.Saturday
5.baku -ETUDE-

空中ループ『Live across the universe vol.1 ~October 2011~』
空中ループ
『Live across the universe vol.1 ~October 2011~』

2011年12月14日からamazon発売
価格:1,000円(税込)

1.imago
2.言葉では
3.小さな光
4.ステレオ
5.その光

プロフィール

空中ループ

2005年結成。メンバーは松井省悟(vo、g)、和田直樹(g)、森勇太(b)、さとうかおり(ds)の4人。2008年、ファースト・ミニ・アルバム『LOOP ON LIFE』でデビューし、その伸びやかで心地よいメロディ、ギター・ポップ・サウンドが注目を集める。2011年からは大谷友介、益子樹とタッグを組み、新プロジェクト「Walk across the universe」を始動させた。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

TENDRE“RIDE”

2018年はTENDREが絶対くる。2月の『exPoP!!!!!』で脳裏をかすめた予感は確信に変わりました。セクシー&グルーヴィな“RIDE”で完全にヤられた。ラフなダンスと自由度高いコラージュで構成された映像も、河原太朗のチャーミングさがダダ漏れでいい感じ。今年の夏はこの曲で踊りまくりたい。(山元)

  1. 有働由美子がテレ東『マツコ、昨日死んだってよ。』に参加 民放初登場 1

    有働由美子がテレ東『マツコ、昨日死んだってよ。』に参加 民放初登場

  2. ずぶ濡れの山田孝之と長澤まさみ 『50回目のファーストキス』新写真 2

    ずぶ濡れの山田孝之と長澤まさみ 『50回目のファーストキス』新写真

  3. 小松菜奈×大泉洋の映画『恋雨』場面写真 主題歌入りサントラは本日発売 3

    小松菜奈×大泉洋の映画『恋雨』場面写真 主題歌入りサントラは本日発売

  4. 小栗旬主演『銀魂2(仮)』新キャストにキムラ緑子 「お登勢」役で登場 4

    小栗旬主演『銀魂2(仮)』新キャストにキムラ緑子 「お登勢」役で登場

  5. 竹内涼真が志尊淳の先輩役 映画『走れ!T校バスケット部』に友情出演 5

    竹内涼真が志尊淳の先輩役 映画『走れ!T校バスケット部』に友情出演

  6. TOKIOがフマキラーCM続投、22年目へ 決め手は「メンバー4人の人柄」 6

    TOKIOがフマキラーCM続投、22年目へ 決め手は「メンバー4人の人柄」

  7. 是枝裕和×井浦新×伊勢谷友介 まだ大人になれなかった日々の話 7

    是枝裕和×井浦新×伊勢谷友介 まだ大人になれなかった日々の話

  8. 高橋一生×レティシア・カスタ 『シンデレラ』再解釈した短編映像公開 8

    高橋一生×レティシア・カスタ 『シンデレラ』再解釈した短編映像公開

  9. デヴィッド・ボウイが浮世絵で蘇る、浮世絵&写真展が6月に原宿で開催 9

    デヴィッド・ボウイが浮世絵で蘇る、浮世絵&写真展が6月に原宿で開催

  10. チャットモンチーのラストアルバムに元メンバー高橋久美子が作詞で参加 10

    チャットモンチーのラストアルバムに元メンバー高橋久美子が作詞で参加