特集 PR

自分たちで「営業」もする、DIYなバンド「空中ループ」後編

自分たちで「営業」もする、DIYなバンド「空中ループ」後編

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作
2012/01/05

完全自主で活動していた空中ループが、その名を全国区に広めるまでの軌跡を追ったこの連載、大阪HOOK UP RECORDS編に続く後編は、タワーレコード新宿編。前編にもその名がちらっと出ていたタワレコ新宿店の柴田拓也氏との対談をお届けする。前回登場のHOOK UP RECORDS吉見氏が、空中ループにバンド運営を基礎から教え込んだ親代わりなら、柴田氏は同じ目線に立って成長を後押しした先生といったところ。2009年には非常に珍しいバンドとお店のコラボによる年4回のインストアイベント『オンガクノ光』を成功させるなど、その関係性は切っても切り離せないものだ。そんな両者の対談から改めて浮かび上がってきたのは、立場を超えた人と人とのつながりの重要性。どれだけ音楽を取り巻く環境が変わろうとも、人を動かすのが人の情熱であることには変わりがない。空中ループはそれを忘れることなく、誰かの喜ぶ顔を見るために、今も全国を飛び回っている。

京都のバンドが東京でプッシュされ続けた理由

―まずは、両者の出会いから教えてください。

柴田:うちのスタッフが流通会社のお花見でたまたま松井くんと出会って、「うちで何かやろうよ」って話になり、その後に紹介してもらいました。バンドの人で直接お店とやり取りをしてる人っていなかったので、熱い人だなって思いましたね(笑)。

松井:僕が柴田さんと初めて会ったとき、好きなアーティストの名前が書いてあるバッヂをつけていたんですけど、そこに「the band apart」「SPECIAL OTHERS」って書いてて、「ちょっと空中ループは違うかな?」って思ったのをよく覚えてます(笑)。

左から:柴田拓也、松井省悟
左から:柴田拓也、松井省悟

―でもその心配は杞憂に終わって、『LOOP ON LIFE』を新宿と京都限定でリリースするに至るわけですよね。僕が個人的に面白いなって思うのが、普通京都のバンドだったら、地元で地盤を固めた上で東京に出てくるっていうイメージがあるんですね。でも、空中は最初から東京にアプローチしてたわけじゃないですか? それって考えがあってのことだったんですか?

松井:京都は言っても地方だし、そこだけだったら絶対広がらないから、東京も並行して捉えるっていうのはずっと意識してました。フットワークが軽くないとやっていけないなって。

柴田:確かに関西のバンドは大阪を経由して東京に来るっていうのが普通で、関西の店舗限定っていうアイテムはあったけど、関東と関西で1店舗ずつっていうのは初めてでしたね。でもそれがよくて、関東ではうちしか扱ってない分、「このバンド、どこのバンド?」っていろんな方に声をかけられました。

―それこそ、京都以上に新宿でめっちゃ売れたんですもんね。

松井:平台の展開を2ヶ所もやってくれたんですよ。普通のJ-INDIEのところに平台があった時点でびっくりしたんですけど、もうひとつ「新宿PUSH」っていうコーナーがあって、洋楽と邦楽が背中合わせになってて、たぶん裏はRADIOHEADでしたからね(笑)。本当にあり難かったです。

憩いの場としてのタワーレコード新宿店

―さっき少し話に出ましたが、やっぱりアーティストと直接やり取りをするっていうのは珍しかったわけですよね?

左から:柴田拓也、松井省悟

柴田:お店で働き始めてからもう何年か経ってましたけど、そういうモデルはなかったですね。レコード屋にいると、流通会社さんやレーベルがいて、事務所さんがいて、その奥にアーティストさんがいるっていうのが基本なんです。その間を飛ばして直接アーティストさんと話ができるっていうのはすごく密な感じがしたし、間を介してない分素直な意見が聞けたっていう印象はあります。

―やっぱり、そうなんですね。

柴田:今でこそ自分たちでプロモーションができる媒体さんがあったり、TwitterとかFacebookで宣伝もできるけど、当時は自分の足を使って営業までしてる人はいなかったし、ましてや地方のバンドが東京で営業するってホントに大変だったと思うんです。そういうこともあって、応援して行こうと思いましたね。

松井:初め自分らで周ってたときは、そんなに珍しいことだっていうのもわかってなかったんですよ。でも、そういう中でも新宿店はやっぱり特別で、いろんなとこ回って心が折れたら新宿店行って、「柴田さん、世の中厳しいですね」って(笑)。

―憩いの場になってたわけですね(笑)。

松井:ただ、やっぱり柴田さんにしても他のスタッフさんにしても忙しいので、店頭にいないことが多かったんですけど、そういうときは「バックラインにいるから、そっちに来て」って。初めは「入っていいんですか?」って感じだったんですけど…

柴田:アーティストさんがお店に来ること自体なかなかないけど、バックラインに「どうも」って入ってくるのは本当にないですね(笑)。でも、それも段々当たり前になっていって、他のスタッフも「松井くん来てるよ」って(笑)。

松井:新曲のデモができたら「新曲できたんすよ」ってCD-Rで持って行って、そこにあるCDプレーヤーでかけて、「どうすか?」って(笑)。

―アーティストとバイヤーという関係でもありながら、それを超えた密な関係性を作っていってたんですね。

柴田:「一緒にやっていこう」っていう感じがすごく新鮮でしたね。

松井:お店の記憶もありますけど、アルプス(バンドマンの打ち上げではおなじみの新宿にある居酒屋)にいるときの記憶が…

柴田:お店のときは音楽の話をして、アルプスには羽を伸ばしに(笑)。

松井:柴田さんの女の子の話を僕が勉強させてもらうっていう(笑)。

柴田:まあ、でもそんな話ばっかりじゃなくて(笑)、そこで「何かやろうよ」って色々話した中で出てきたのが、インストアのイベントの話で。イベントを単発でやることはよくあるんですけど、企画性を持ってやろうよって話をしたのはアルプスだったと思うんですよね。

Page 1
次へ

リリース情報

空中ループ『ラストシーン with ストリングス EP』
空中ループ
『ラストシーン with ストリングス EP』

2011年12月21日からタワーレコード限定発売
価格:500円(税込)
WRCD-56 wonderground

1. ラストシーン
2. Ame-agari
3. Dancing in the rain
4. Saturday
5. baku -ETUDE-
※ライブ映像DVD-R特典付き

空中ループ『Live across the universe vol.1 ~October 2011~』
空中ループ
『Live across the universe vol.1 ~October 2011~』

2011年12月14日からamazonで発売
価格:1,000円(税込)

1. imago
2. 言葉では
3. 小さな光
4. ステレオ
5. その光

イベント情報

空中ループ&名古屋クラブ・ロックンロール presents
『ライブ アクロス ザ ユニバース4』

2012年2月5日(日)
会場:愛知県 名古屋 CLUB ROCK'N'ROLL
出演:
空中ループ
カルマセーキ

Diezel
folt
LikelyLads

空中ループ&新宿MARZ presents
『ライブ アクロス ザ ユニバース4』

2012年2月4日(土)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 新宿 MARZ
出演:
空中ループ
wooderd chiarie
キムウリョン(ex.cutman-booche)
nothingman
料金:前売2,300円 当日2,500円

空中ループ&JANUS presents
『ライブ アクロス ザ ユニバース4』

2012年2月3日(金)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:大阪府 心斎橋 JANUS
出演:
空中ループ
YULO
Rei
LLama
料金:前売2,300円 当日2,500円(共にドリンク別)

プロフィール

空中ループ

2005年結成。メンバーは松井省悟(vo、g)、和田直樹(g)、森勇太(b)、さとうかおり(ds)の4人。2008年、ファースト・ミニ・アルバム『LOOP ON LIFE』でデビューし、その伸びやかで心地よいメロディ、ギター・ポップ・サウンドが注目を集める。2011年からは大谷友介、益子樹とタッグを組み、新プロジェクト「Walk across the universe」を始動させた。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー