特集 PR

偽らないっていう選択をしたこと ACOインタビュー

偽らないっていう選択をしたこと ACOインタビュー

インタビュー・テキスト
南波一海
撮影:木下夕希
2012/01/17

このモードのACOを待っていた人はきっと少なくないのではなかろうか。1年3ヶ月ぶりとなる新作『LUCK』は、リラックスした雰囲気のあった前作『devil's hands』に比べるとまるで対称的で、聴いていて重みや深みを感じさせる作品だ。セルフ・プロデュースとなった本作は、ドラムに柏倉隆史とベースに中尾憲太郎を迎えたボトムを強く意識した作りで、シンプルな構造でもって骨太なアンサンブルを聴かせる。そのバックに呼応するかのように、ACOの歌唱もこれまで以上に並々ならぬ意気を感じさせるものとなっている。これは間違いなく力作と言っていいだろう。しかし、実際にACOに話を聞いてみると、その確かな手応えに自信を覗かせる一方で、それがリスナーに届く前の不安も率直に語ってくれた。

これまで何枚もアルバムを出しているので、「また印象がすごい変わりましたね」って言われるのはどうなんだろうって色々考えたんですけど

―以前よりもリリース・ペースが上がりましたが、やっぱり『devil's hands』以降にライブ活動が増えたからでしょうか。

ACO:そうですね。でも特にアルバムを作ることは考えてなかったです。作らない? っていうお話を頂いたので、それなら是非、ということになりました。

―前作では曲を作り貯めていたというお話でしたが、その時の曲も入っている?

ACO
ACO

ACO:ないです。前回と今回では始まり方が全然違ったので。前回は色んなテイストがつまった「幕の内弁当」みたいなテーマで進めていこうという流れがあって。今回は「1回ちょっと好きにやってみません?」というか、「ご自由にどうぞ」という感じで。これまで何枚もアルバムを出しているので、「また印象がすごい変わりましたね」って言われるのはどうなんだろうって色々考えたんですけど、いま自分の身近にいるミュージシャンと一緒にやるのが一番自然な形なのかなって思って。


―ドラムとベースのアルバムだなと思いました。

ACO:そうですね、シンプルな構成にしたいというのが元々あって。こんな感じのアルバムにしたいんだよねっていうのを、みんなと何回もコミュニケーションしました。今回は自分が初めてプロデュースするっていう形でやりたいから、何卒よろしくお願いしますって。ミュージシャンのみんなと歳が近いので楽でしたね。

―どうして音数が少ない作品にしようと思ったのでしょうか?

ACO:アプローチするところを明確にしたいなと思って。聴いてくれる人を無闇に増やすというのではなく、今まで私のアルバムを何枚も聴いてきてくれた人に深く刺さるようなものにしたかったんです。その時に、過剰なラッピングは要らないと思って。それよりは歌詞とメロディ、骨になるドラムとベースとピアノとか、ごく少数のものでちゃんとした形にしたいなというのは最初にありました。

―デモを作る段階から、ここにある最終形に近かったんですか?

ACO:そうですね。叩き台みたいなものはあって。簡単なベースラインとかドラム・パターンはデモでもう作ってあったんですけど、それを聴いてもらって、プレイヤーに匠の技でひと捻りふた捻りして頂くという。それもあまりやり過ぎるのではなく、ほどよい感じで。その微妙な感じを伝えるのが大変だったんですけど。

―そこで年齢が近いみなさんが重要になってくると。

ACO:結構重要だったと思います。あの時、あの時代の、あの映画のワンシーンみたいな雰囲気を音にした感じって伝えて、「ああわかるわかる」って言ってもらえる環境だったからやりやすかったです。どうでもいい話が大切だったりするので。

Page 1
次へ

リリース情報

ACO『LUCK』
ACO
『LUCK』

2012年1月18日発売
価格:2,800円(税込)
DDCB-12046

1. Intro
2. Showtime
3. LUCK
4. Holyman
5. 正しい答え
6. No
7. 砂漠の夢
8. Say It
9. Yes
10. Innocent
11. Lonely Boy
12. Control

ACO『Innocent(radio edit)』
ACO
『Innocent(radio edit)』

2012年1月11日からiTunes Storeで配信開始
価格:150円(税込)

イベント情報

『ACO LUCK release live Luck is on your side.』

2012年4月19日(木)OPEN 18:30 / START 19:30
会場:東京都 渋谷 WWW
出演:ACO with 中尾憲太郎(Ba)、岩谷啓士郎(Gt)、塚本亮(Key)、柏倉隆史(Dr)
料金:前売4,000円 当日4,500円(共にドリンク別)


プロフィール

ACO

1995年、シングル『不安なの』でデビュー。1996年、ファースト・アルバム『Kittenish Love』を発表。1999年に発表した『悦びに咲く花』がヒット。現在までに6枚のフルアルバムのほか、ミニアルバム、リミックスアルバム、シングルなどを多数リリース。最新フルアルバム『LUCK』を、2012年1月18日に発売。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ずっと真夜中でいいのに。 ACAねの歌と実験的な音楽性の繋がり 1

    ずっと真夜中でいいのに。 ACAねの歌と実験的な音楽性の繋がり

  2. 『鬼滅の刃』コラボTシャツがユニクロ「UT」&ジーユーから登場 2

    『鬼滅の刃』コラボTシャツがユニクロ「UT」&ジーユーから登場

  3. 伊藤沙莉主演&山田佳奈監督の映画『タイトル、拒絶』11月公開 予告編も 3

    伊藤沙莉主演&山田佳奈監督の映画『タイトル、拒絶』11月公開 予告編も

  4. プロ野球とエヴァのコラボグッズが展開中 アニメ初回放送25周年記念 4

    プロ野球とエヴァのコラボグッズが展開中 アニメ初回放送25周年記念

  5. 内藤礼×茂木健一郎 認識できないものがある世界、そこにいる幸福 5

    内藤礼×茂木健一郎 認識できないものがある世界、そこにいる幸福

  6. 生田斗真主演×宮藤官九郎作のNHKドラマ『JOKE』が完成 コメント到着 6

    生田斗真主演×宮藤官九郎作のNHKドラマ『JOKE』が完成 コメント到着

  7. 『水曜どうでしょう』新作10月放送 大泉洋&ミスター&D陣が海外ロケ 7

    『水曜どうでしょう』新作10月放送 大泉洋&ミスター&D陣が海外ロケ

  8. 米津玄師“カムパネルラ”PV公開 『STRAY SHEEP』まで一挙サブスク解禁 8

    米津玄師“カムパネルラ”PV公開 『STRAY SHEEP』まで一挙サブスク解禁

  9. 岡田健史と南沙良がW主演 木皿泉が脚本のNHKドラマ『これっきりサマー』 9

    岡田健史と南沙良がW主演 木皿泉が脚本のNHKドラマ『これっきりサマー』

  10. 君島大空が照らす、アンビバレントな生。この切れ切れの人の世で 10

    君島大空が照らす、アンビバレントな生。この切れ切れの人の世で