特集 PR

次世代ガールズバンド 虚弱。インタビュー

次世代ガールズバンド 虚弱。インタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:柏井万作
2012/03/07

00年代中盤から後半にブームを迎えたインストロックがすっかり1ジャンルとして定着を果たした今、まったく新しい感覚を持ったインストバンドが登場した。デビューアルバム『孤高の画壇』を発表する平均年齢21歳のガールズ4ピース、その名も「虚弱。」である。まず彼女たちが、ポストロック以降のマナーをしっかりと消化し、技術的にも確かなものを持ったバンドであるということは、音源を聴いてもらえれば異論はないはず。楽曲の背景には確かな想いがあることも、このインタビューで確認することができた。しかし、彼女たちはインストバンドの枠にとどまることを良しとせず、デビュー作で早速ボーカロイドを取り入れるようなバンドでもあるのだ。つまり、彼女たちが第一に思い描いているのは、「面白いことをやりたい」「かっこいいことをやりたい」とうことであり、極端に言ってしまえば、たまたまインストを選んだバンドなのである。だからこそ彼女たちは、ここからどこにだって行くことができる。この感覚は、はっきりと新しい。

女子高の浮いた者同士が、プロフサイトをきっかけに意気投合

虚弱。という一風変わった名前のバンドが女子高の軽音部で結成されたのは2007年、当初は壷内佳奈(Gt)を中心とした3ピースのコピーバンドだった。周りにはJ-POPやビジュアル系のバンドが多い中、NUMBER GIRLやZAZEN BOYSをコピーする虚弱。は浮いた存在だったという。そして、彼女たちがオリジナル曲を志向する中で、バンドは自然とインストバンドへと変化して行った。

壷内佳奈
壷内佳奈

壷内:まず最初の3人でオリジナル曲を作ろうっていう話になって、それまでは私がボーカルも担当してたんですけど、元々ボーカルとしての表現力にはあんまり自信がなくて、歌を入れるのには抵抗があったんです。それで、当時はインストをやってる人って珍しかったから、「作ってみよう」と思って。ただ、作ってる中で何か物足りなさを感じて、後輩の海野(稀美/Key)に声をかけたんです。


2007年と言えば、すでにtoeやLITEといったインストバンドが活躍していた時期だが、壷内は当時そういったバンドは知らなかったそう。海野に至っては、それまでJanne Da Arcのコピーバンドに所属していたのだという。そして、大学進学と同時にリズム隊が脱退し、まずは元々知り合いだった新井美雪(Ba)が加入。最後に加入したまにょ(Dr)と壷内が知り合ったのは、プロフサイトを通じてだった。

壷内:2人の出会いは「前略プロフィール」(プロフサイトの先駆け的存在)なんです(笑)。当時同世代のバンドがどんな楽曲をやってるかに興味があって、高校生のバンドのサイトを巡回してたんです。プロフィールを見て、どんな音楽を聴いてるのかメンバーそれぞれの趣味チェックしてたら、コアというか、あんまり周りが聴かないような音楽をバーッと並べてる子がいて、趣味が合いそうだと思って。それで、ストーカーっぽいんですけど、その子をmixiで探して、「突然すみません。バンドをやってる者なんですけど、趣味が合うと思って」ってメッセージを送って、マイミクになりました(笑)。

まにょ:そのとき私も女子高でコピーとオリジナル半々みたいなバンドをやってたんですけど、虚弱。のライブを見て「めっちゃかっこいい!」と思って。私は壷内のギターにすごく惚れてて、虚弱。じゃなくてもいいから、「この子といつか一緒にバンドを組みたい」って思ってたんです。

こうして女子高の中では浮いていた趣味の者同士が出会い、バンドは本格的なスタートを切る。メンバーは変わったが、虚弱。という名はそのままに。

Directed by 篠田利隆

壷内:今のメンバーも強くはないと思うんですけど、当時のメンバーはしょっちゅうどこか具合が悪くて、物理的にも、精神的な意味でも弱かったので、この名前をつけたんです。いい意味でも悪い意味でも目に留まる、インパクトのある名前にしたかったっていうのもあって、当時は漢字のバンドもあんまりいなかったし、面白いかなって。

「草食系男子」という言葉が一般化し、女性の方が強いという風潮が強まるなか、「虚弱。」という名前でデビューを果たす彼女たちは、ある意味カウンター的な存在だと言ってもいいかもしれない。とはいえ「虚弱。」という字面だけを見ればハードコア的な強さもあるし…さて、彼女たちは実際どんなキャラクターを持っているのだろう?

2/3ページ:マイナスの感情を芸術に昇華させる

Page 1
次へ

リリース情報

虚弱。『孤高の画壇』
虚弱。
『孤高の画壇』

2012年3月7日発売
価格:2,200円(税込)
KLK-2016/ kilk records

1. 哲学者の論破
2. egoist
3. コスモナウト
4. terra
5. 網膜における抽象画
6. nennen
7. saying his prayers
8. nil -piano version-
9. affection

イベント情報

虚弱。
『孤高の画壇』リリースツアー

2012年3月9日(金)OPEN 17:30 / START 18:00
会場:宮城県 仙台LIVE HOUSE enn 2nd
出演:
虚弱。
Aureole
hydrant house purport rife on sleepy
dinner
under the yaku cedar
料金:前売2,300円 当日2,500円(共にドリンク別)

2012年3月17日(土)OPEN 17:30 / START 18:00
会場:愛知県 名古屋 Live&Lounge VIO
出演:
虚弱。
Aureole
NINGEN OK
nemlino
Devecly Bitte(DJ)
料金:前売2,300円 当日2,500円(共にドリンク別)

2012年3月18日(日)OPEN 17:00 / START 17:30
会場:大阪府 北堀江 club vijon
出演:
Aureole
虚弱。
kacica
ゆれる
Sister Ray
UNDER NINE
料金:前売2,000円 当日2,500円(共にドリンク別)

2012年4月1日(日)
会場:東京都 新代田FEVER
出演:
虚弱。
Bis
Aureole
aquarifa
料金:前売2,200円 当日2,500円(共にドリンク別)

プロフィール

虚弱。

平成生まれの女子達による、病的且つどポップなインストゥルメンタルバンド。メンバーは壷内佳奈(ギター)、新井深雪(ベース)、まにょ(ドラム)、海野稀美(キーボード)の四人組。2007年、壷内、海野と同高校のメンバーで虚弱。を結成。2008年秋、幾度かのメンバーチェンジを経て新井、まにょが加入。本格的に活動を始める。2009年に1st demo『kabetosogy』をリリース。同年、閃光ライオット関東決勝大会に進出。2010年には2nd demo『donguribouya』を発表。ポストロックを基調としながらも、その概念を打ち破るほどポップな楽曲を特長としている。デビュー前から既にライブでの支持層が非常に厚く、2011年にはZAZEN BOYS、the telephones、NATSUMEN、unkie、LOSTAGEらとの対バンを果たした。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

jizue“grass”Live at Daikanyama UNIT, Tokyo

jizueより、『ビクタージャズ祭り』のライブ映像が公開(CINRA.NETにてレポート記事も掲載中)。撮影を担当したのは、jizueのPVやアーティスト写真、さらにはOvall、Kan Sano、福原美穂などのPVも手掛けるGLOWZ。特に見所は、2:58頃のピアノとドラムだけのミニマルな掛け合いが緊張感もあるなかで続くところから、徐々に熱を上げてエネルギーを溜めていき、4:30あたりで放出させる、そのスリリング且つ気持ちのよい流れ。心のなかに溜め込んだ感情をすべて解放させてくれるかのよう。(矢島)

  1. W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介 1

    W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

  2. 日韓アイドル集う『PRODUCE48』放送開始 総選挙控えるHKT宮脇咲良らも 2

    日韓アイドル集う『PRODUCE48』放送開始 総選挙控えるHKT宮脇咲良らも

  3. 小室哲哉作品集に小泉今日子、松田聖子、宮沢りえ、中森明菜ら 全曲判明 3

    小室哲哉作品集に小泉今日子、松田聖子、宮沢りえ、中森明菜ら 全曲判明

  4. 広末涼子が『LIFE!』初登場 内村光良、中川大志らと共演&ムロと夫婦役 4

    広末涼子が『LIFE!』初登場 内村光良、中川大志らと共演&ムロと夫婦役

  5. 宇多田ヒカル『SONGS』『プロフェッショナル』放送決定 又吉直樹と対談も 5

    宇多田ヒカル『SONGS』『プロフェッショナル』放送決定 又吉直樹と対談も

  6. 『未来のミライ展』展示構成発表、実際に座れる「黒い新幹線」の座席も 6

    『未来のミライ展』展示構成発表、実際に座れる「黒い新幹線」の座席も

  7. 『HiGH&LOW』新作スピンオフ、主役は山下健二郎&佐藤寛太&佐藤大樹のDTC 7

    『HiGH&LOW』新作スピンオフ、主役は山下健二郎&佐藤寛太&佐藤大樹のDTC

  8. 三谷幸喜の新作オリジナルミュージカル、キャストに中井貴一、香取慎吾ら 8

    三谷幸喜の新作オリジナルミュージカル、キャストに中井貴一、香取慎吾ら

  9. 鳥居みゆきが接続する、内藤正敏のSF、イタコ、民俗学の写真世界 9

    鳥居みゆきが接続する、内藤正敏のSF、イタコ、民俗学の写真世界

  10. 名和晃平がルーヴル美術館ピラミッドに巨大彫刻展示 「空位の玉座」表現 10

    名和晃平がルーヴル美術館ピラミッドに巨大彫刻展示 「空位の玉座」表現