特集 PR

「絶対に新しいものを」 LAMAインタビュー

「絶対に新しいものを」 LAMAインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中慎一郎
2012/12/10

もしかしたら、LAMAというバンドを一時的なプロジェクトと捉えていた人も多かったのかもしれない。実際、デビュー作『New!』の発表以降は、メンバー個々の活動の方が目立っていたようにも思うし、LAMAというバンドが音楽を楽しむための「場」であることを強調していた昨年までは、メンバー自身にもどこかそういった気持ちがあったようにも思う。しかし、現在のLAMAは間違いなく「バンド」であると同時に、新作『Modanica』によって、「バンド」という概念の更新すら提示している。まだ手探り状態で制作された前作に対し、レコーディングとライブを通じてメンバー間の理解を深め、四人にとって最も適した形で曲作りが行われた新作は、バンドサウンドとエレクトロニックミュージックが高次元で融合しながらも、それをあくまでポップミュージックとして結実させるという離れ業を見事にやってのけた作品である。取材に臨んだメンバーは終始リラックスしていて、冗談の飛び交う和やかな雰囲気だったが、『New!』と『Modanica』という二作のアルバムタイトルが示すように、「絶対に新しいものを生み出す」という、ミュージシャンとしての意地が、LAMAを突き動かしているのではないかと感じた。

毎日レッドブルをプシュってやってたような気がします(笑)。(田渕)

―LAMAは、四人それぞれの活動があった上で成り立っているバンドだと思うので、まずは一人ずつ2012年を振り返っていただきたいと思います。ではミキさんから、今年はいかがでしたか?

フルカワミキ
フルカワミキ

フルカワ:あっという間でした。普段の自分の時間感覚がすごくゆっくりなので、他の人と会ってる時間が多くて余計あっという間に感じたのかも……。今年は、ボーカルで参加させていただいたり、立ち上げたファッションブランド「Gainan」の方もマイペースに活動していたのですが、それ以外はほぼLAMAでしたね。

―ナカコーさんはいかがでしたか?

ナカコー:忙しかったですね。上半期は『エウレカセブンAO』のサントラを2枚作って、LAMAを作って、他にもいろいろ……。何月に何をやってたかもうよくわからない状態です(笑)。

―では、ひさ子さんは?

田渕:春は磯部正文BANDのツアーがあって、夏からLAMAのレコーディング作業が始まったんですけど、その頃は大変で頭から煙が出そうでした(笑)。

―いろんなバンドの活動が並行してあったからですか?

田渕:バンドの活動ではLAMAとブッチャーズとtoddle、あとはレコーディングに参加したりとか、ライブでサポートをやることが多かったので、結構タイトでしたね。

田渕ひさ子
田渕ひさ子

―ベーシックのバンド数が多いですもんね。その中でも印象的だった活動ってありますか?

田渕:やっぱりLAMAのアルバム制作ですかね……。毎日レッドブルをプシュってやってたような気がします(笑)。

―そのあたりの苦労については、追って聞かせてください(笑)。では、牛尾さんはいかがでしたか?

牛尾:人と一緒にやることがすごく多かったです。今年から電気グルーヴのステージに立つようになって、ナカコーさんと『エウレカセブンAO』をやって、LAMAをやって……。ミトさんとやってる2 ANIMEny DJ'sでも、まだ発表されてない作家仕事をたくさんやりましたし、怒涛な感じでしたね。

Page 1
次へ

リリース情報

LAMA『Modanica』初回生産限定盤(CD+DVD)
LAMA
『Modanica』初回生産限定盤(CD+DVD)

2012年12月12日発売
価格:3,360円(税込)
KSCL-2166-7

1. For You,For Me
2. White out
3. Parallel Sign
4. D.B.A.
5. Domino
6. Know Your Rights
7. Strawberry Burn
8. Dear
9. In The Darkness
10. So
11. Life
12. Namida no Umi
13. And All
[DVD収録内容]
『2012.04.21 LAMA 「Ki/oon 20 Years & Days」 LIVE at LIQUIDROOM ebisu』
1. Warning
2. Spell
3. Blind Mind
4. Fantasy
5. Dreamin

LAMA『Modanica』初回仕様限定盤(CD)
LAMA
『Modanica』初回仕様限定盤(CD)

2012年12月12日発売
価格:3,059円(税込)
KSCL-2168

1. For You,For Me
2. White out
3. Parallel Sign
4. D.B.A.
5. Domino
6. Know Your Rights
7. Strawberry Burn
8. Dear
9. In The Darkness
10. So
11. Life
12. Namida no Umi
13. And All

プロフィール

LAMA

ナカコー(iLL/ex.supercar)、フルカワミキ(ex.supercar)、田渕ひさ子(bloodthirsty butchers/toddle)、牛尾憲輔(agraph)による新バンド。メンバーそれぞれがソロ、他バンドで活躍する中で結成。4月27日にUstreamライブストリーミングチャンネル「DOMMUNE」で生配信された初ライブは約8万が視聴。8月3日にフジテレビ“ノイタミナ”アニメ「NO.6」オープニング・テーマに起用されたファーストシングル「Spell」をリリース。11月30日にファーストアルバム「New!」を発売。現在もロングセールスを続けている。2012年は年明けからキユーピーハーフ「新製法コラージュ」篇のTVCMソングに新曲「White out」が起用される。夏は「TAICOCLUB'12」「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2012 in EZO」「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2012」と各地のフェスを熱狂させ、11月28日にTVアニメ「エウレカセブン AO」挿入歌に起用されたシングル「Parallel Sign」、12月12日には待望のセカンドアルバム「Modanica」を発売する。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ひかりの歌』特報

「光」をテーマにした短歌コンテストで1200首のなかから選出された4首を原作とする映画『ひかりの歌』。プラネタリウムの流れ星や、濡れた道を照らす自販機に、人はどんな瞬きを感じとるのだろう。特報の息遣いが胸に貼りついて離れず、映画館の暗闇で同作に出会える春が待ち遠しい。(井戸沼)

  1. Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る 1

    Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

  2. 新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始 2

    新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始

  3. 『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開 3

    『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開

  4. 自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真 4

    自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真

  5. 戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開 5

    戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開

  6. 『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も 6

    『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

  7. 堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る 7

    堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

  8. 松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編 8

    松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編

  9. 片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開 9

    片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開

  10. 隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に 10

    隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に