あの人の音楽が生まれる部屋

あの人の音楽が生まれる部屋 Vol.24 パスピエ

SUPPORTED BY KORG

あの人の音楽が生まれる部屋 vol.24:パスピエ

メンバーにとって、第二の家?
24時間自由に使える
リハーサルスタジオ

ここは、パスピエがいつも使っている都内某所のリハーサルスタジオです。月単位で借りているため、24時間自由に使用可能。曲作りやバンドでのアレンジ、ライブリハーサル、メンバーの個人練習などすべてここで行われます。パスピエの曲作りは、成田さんが自宅でシンセを使って簡単なデモ音源を制作するところからスタート。それをメンバーに投げて、各々考えてきた上で、このスタジオで最終的に詰めていくという手順が多いそうです。大胡田さんによる歌詞は、成田さんがシンセで打ち込んだデモのガイドメロをもとに、アレンジの過程で徐々に出来上がっていきます。

1

KORG「SV-1」

KORG製品詳細ページはこちらKORG「SV-1」

成田さんがまず紹介してくれたのが、このステージピアノ、KORG「SV-1」。高品位なグランドピアノやエレクトリックピアノ、オルガンといった音色を厳選して搭載し、直感的に操作できるパネルに詰め込んだ本機は、ライブパフォーマンスの強い味方になってくれるとのこと。

成田:ピアノとかエレピの本格的な音色が欲しくて、色々探しているときにこれに出会いました。真空管を内部に搭載してあるのは、本当に発明だと思います。生に限りなく近い音が出るんですよね。しかも、バンドサウンドの中で低音が曇らずちゃんと映えるんです。ストリングス音源もここから出しているし、これ1台を手に入れてからは表現の幅がぐっと広がりましたね。

2

PHONON「SMB-02 KORG DS-DAC EDITION」

PHONON製品詳細ページはこちらPHONON「SMB-02 KORG DS-DAC EDITION」

PHONONが開発した、プロスタジオユースなヘッドフォンの定番「SMB-02」を、KORGの高音質USB DACである「DS-DAC」シリーズ用にチューニングしたのがこちら。長時間の装着でも耳に負担をかけない軽さ、厚めのイヤパッドが特徴で、成田さんはレコーディングやマスタリングといった制作現場に必ず持ち込んでいるそうです。

成田:それまで使っていたヘッドフォンが故障して、「新たに買い直さなきゃ」と思っていたときに、KORG「SV-1」を購入したらお店のキャンペーンで付いてきたんですよ。それで試しに使ってみたら、音の聴こえ方がとてもよくて、気に入って使っています。すべての周波数帯域がフラットに聴こえるし、分離もとてもいいので、特に音の作り込みでは重宝していますね。オーディオリスニング用としても使えますよ。

3

CANARE「F15」

CANARE「F15」

電子楽器にとって、音をつなぐシールドは大切な役割を担っています。特にライブの場合、音質へのこだわりのみならず、耐久性なども重要。その点、CANAREのシールドは丈夫で低価格。「コストパフォーマンス的にも気に入っている」とのことです。

成田:前はPROVIDENCEのシールドを使っていたのですが、昨年のツアーからCANAREにしました。クセがないのが特徴というか。シンセって、本体から出る音色自体にクセがあるので、なるべく楽器が持つ音をストレートに伝えてくれるシールドを探していて、エンジニアさんに勧められたのがこれだったんです。ライブにおけるシールドはどうしても消耗品なので、とても助かっています。

4

SHURE「KSM9」

SHURE「KSM9」

現在、大胡田さんがライブ用マイクとして使用しているのが、SHURE「KSM9」です。これまでSHUREがレコーディング現場で培ってきたノウハウを詰め込み、ライブにおける声の微妙なニュアンスを忠実に再現するよう設計された本機種は、ステージマイクの代表格といえるでしょう。

大胡田:去年の夏フェスくらいから使っています。私は大きな声や小さな声を混ぜて使ったり、細かい表現をしているので、バンドの中で聴かせようとするとどうしてもハウリングを起こしてしまうことが多かったんです。それでPAさんに相談したところ、このコンデンサーマイクを勧めてもらいました。それ以来、ずっと使っていますね。相性のいいマイクで拾い、それをモニターしながら歌うと普段とは全然雰囲気が変わります。私にとってとても大事なマイクです。

年末の武道館ワンマンに向けた意気込みをたずねると、「そう何度でも立てる場所じゃないと思うので、そのときのバンドのベストな状態を見せたいし、それ以前に、自分たちが今この場に立てることを楽しみたい」と、口を揃えて語ってくれた成田さんと大胡田さん。挫折や失敗、試行錯誤を繰り返しながら、揺るぎないオリジナリティーを獲得したパスピエは、今後さらなる飛躍を遂げることでしょう。

スタジオ機材リスト

  • コンピューター
  • Apple「MacBook Pro」
  • DAWソフト
  • Ableton「Live」
  • MIDIキーボード
  • KORG「microKEY-61」
  • キーボード
  • KORG「SV-1」
  • KORG「KingKORG」
  • Roland「αJUNO」
  • Roland「JUNO-STAGE」
  • Roland「JUPITER-80」
  • Sequential Circuits「Prophet-5」
  • ヘッドフォン
  • PHONON「SMB-02 KORG DS-DAC EDITION」
  • マイク
  • SHURE「KSM9」

Information

パスピエ『裏の裏』初回限定盤(2CD)

パスピエ
『裏の裏』初回限定盤(2CD)

2015年7月29日(水)発売
価格:1,500円(税込)
WPCL-12213/4


[DISC1]
1. 裏の裏
2. かざぐるま
3. スパイ対スパイ
[DISC2]
パスピエ自主企画『印象D』のライブ音源収録予定

AMAZON


パスピエ『裏の裏』通常盤(CD)

パスピエ
『裏の裏』通常盤(CD)

2015年7月29日(水)発売
価格:1,080円(税込)
WPCL-12177


1. 裏の裏
2. かざぐるま
3. スパイ対スパイ

AMAZON

『パスピエ TOUR 2015』

2015年11月4日(水)
会場:宮城県 仙台 Rensa

2015年11月6日(金)
会場:新潟県 NIIGATA LOTS

2015年11月11日(水)
会場:香川県 高松 オリーブホール

2015年11月13日(金)
会場:広島県 広島CLUB QUATTRO

2015年11月14日(土)
会場:福岡県 DRUM LOGOS

2015年11月16日(月)
会場:鹿児島県 CAPARVO HALL

2015年11月21日(土)
会場:大阪府 Zepp Namba

2015年11月22日(日)
会場:愛知県 Zepp Nagoya

2015年11月26日(木)
会場:北海道 札幌 PENNY LANE 24


『パスピエ 日本武道館単独公演』

2015年12月22日(火)OPEN 17:30 / START 18:30
会場:東京都 九段下 日本武道館
料金:4,800円

PAGE 1 > 2 > 3

あの人の音楽が生まれる部屋 連載もくじへ

フィードバック 0

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

  • HOME
  • Music
  • あの人の音楽が生まれる部屋 Vol.24 パスピエ

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて