特集 PR

Yun*chiの周りにクリエイターが集まる理由

Yun*chiの周りにクリエイターが集まる理由

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:野村由芽
2013/04/19

ブロードバンドの普及以降、時代は「感性の時代」に突入している。ロックもアイドルもクラブミュージックもクラシックも「好きだから聴く」し、デザインも写真もイラストも文章書きも「興味があるからやってみる」のが当たり前。壁を作るなんていうのはナンセンスだし、だからこそダイナミックなうねりが生まれ、きゃりーぱみゅぱみゅのようなアイコンが誕生したりもするのだ。Yun*chiもまた、そんな「感性の時代」のアイコンである。

彼女の周りにはkz(livetune)、吉田ユニ、浜根玲奈といったジャンルを超えた気鋭のクリエイターが集結し、セカンドミニアルバム『Shake you*』でも、スタイリッシュでありながらも可愛らしい独自の世界観が形作られている。そんな中でYun*chiの明確な特徴として言えるのは、Yun*chiの人生の中心にはいつだって「歌」が存在していたということだ。自身の声にコンプレックスを抱えながらも、いろんな場所に出向き、いろんな人と出会い、それらをすべて「歌」に還元させてたどり着いたデビュー。そう、これがYun*chiの生きる道。

周りにたまたま年上の子が多くて、いろいろ教えてもらったりする機会が多かったんですね。今とまったく変わってないなって思うんですけど(笑)。

―Yun*chiさんは小さい頃から親の影響で音楽が好きだったそうですね。ただ、CharaとかNOKKOが好きなのはわかるんですけど、矢沢永吉とか尾崎豊っていう名前も挙がってたのにびっくりしました(笑)。

Yun*chi:土日とか家に父親がいる日は、F1を見るか、矢沢永吉さんのライブDVDを見るかって感じでしたね。ソファの上で永ちゃんごっこをするっていう(笑)。でも、家にあるCDは基本全部聴いてて、徳永英明さん、岡村靖幸さん、小室ファミリー、モーニング娘。さんとか、何でも好きでした。でも、一番最初に行ったコンサートは美川憲一さんだったりして。

Yun*chi
Yun*chi

―ホントにバラバラですね(笑)。Yun*chiさんって、kzさんをはじめとしたクリエイターの人に自分からコンタクトを取って曲を提供してもらってきたそうですが、やっぱり小さい頃から社交的で、友達がたくさんいるタイプだったんですか?

Yun*chi:私長女なんですけど、親の友達の子供とか、周りにたまたま年上の子が多くて、いろいろ教えてもらったりする機会が多かったんですね。今とまったく変わってないなって思うんですけど(笑)。

―今もいろんなクリエイターの人に教えてもらったり、一緒に作品を作ったりしてると。

Yun*chi:はい、昔から環境には恵まれてて、それはホントに感謝しなくちゃいけないなって思います。その分冒険だったり、チャレンジもいろいろできるので、そうやって頑張っていけたらいいと思いますね。

―でも、それは偶然だけじゃなくて、Yun*chiさん自身が引き寄せた部分もあるんじゃないかな?

Yun*chi:どうでしょう……そうだといいなって感じです(笑)。

Page 1
次へ

リリース情報

Yun*chi<br>
『Shake you*』(CD)
Yun*chi
『Shake you*』(CD)

2013年4月17日発売
価格:1,800円(税込)
CRCP-40338

1. Shake you*
2. dual*
3. Road*
4. VOYAGER*
5. Shooting star*

プロフィール

Yun*chi

デビュー前からlivetuneをはじめ様々なアーティストのコンピレーションアルバム等にボーカリストとして参加。アーティスト活動と同じくJulieWatai の作品集をはじめ様々な雑誌、ミュージックビデオ等のモデルを経験。2012年11月のメジャーデビュー発表時にYahoo!急上昇アクセスランキング2位(9/14)、ナタリーの2012年ニュース年間アクセスランキング3位になるなど注目を浴びる。唯一無二の存在感、天然の倍音を含む透き通った印象的な歌声を武器に、エレクトロニックなビートと淡い光彩を放つメロディで、この世界を染めていく!!!

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『ひかりの歌』特報

「光」をテーマにした短歌コンテストで1200首のなかから選出された4首を原作とする映画『ひかりの歌』。プラネタリウムの流れ星や、濡れた道を照らす自販機に、人はどんな瞬きを感じとるのだろう。特報の息遣いが胸に貼りついて離れず、映画館の暗闇で同作に出会える春が待ち遠しい。(井戸沼)

  1. Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る 1

    Ken YokoyamaからのSOS バンドに訪れた転換期を包み隠さず語る

  2. 新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始 2

    新垣結衣×松田龍平W主演、野木亜紀子脚本『獣になれない私たち』放送開始

  3. 『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開 3

    『音量を上げろタコ!』KenKen、PABLO、富澤タクら10人のキャスト写真公開

  4. 自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真 4

    自由な大泉洋、振り回される高畑充希&三浦春馬 『バナナかよ』場面写真

  5. 戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開 5

    戸次重幸がヨガで白目&床に頬ずりして恍惚 パナソニックの動画4本公開

  6. 『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も 6

    『花椿』でペトラ・コリンズが「東京少女」撮影 満島ひかり×Chara対談も

  7. 堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る 7

    堀込泰行のソロ5年目はどんな感じ? 他者と交わる面白さを語る

  8. 松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編 8

    松山ケンイチ×染谷将太が「聖職系男子」 ドラマ『聖☆おにいさん』予告編

  9. 片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開 9

    片渕須直×こうの史代×コトリンゴ オタフクソースのウェブアニメが公開

  10. 隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に 10

    隈研吾が設計デザイン「デリス横浜ビル」11月開業 食と文化の発信拠点に