特集 PR

加藤直徳(『TRANSIT』)×尾原史和(SOUP DESIGN)対談

加藤直徳(『TRANSIT』)×尾原史和(SOUP DESIGN)対談

インタビュー・テキスト
内田有佳
撮影:高見知香

2004年、当初は『NEUTRAL』という名で創刊したトラベルカルチャー誌『TRANSIT』。その頃から二人三脚で雑誌作りをしてきたのが、編集長の加藤直徳とアートディレクターの尾原史和だ。二人が目指したのは、先入観に左右されない新しいトラベルガイドであり、異国の地をまっさらな心で見聞きし、写真と言葉で伝えることだった。

そして創刊から9年目をむかえる今年秋、東京ミッドタウン・フジフイルム スクエアで、これまで『TRANSIT』誌面を飾ってきた写真の展覧会『旅する惑星』が開催されることになった。展示では、約60点の写真が美しい銀塩プリントに焼かれ、世界30か国近くを旅するようなダイナミックな空間を作り出す。展覧会の準備も本格的になってきた8月某日。加藤と尾原に、9年の歩みを振り返りつつ、企画展への思いを語ってもらった。

写真を絞り込む作業は本当に大変でした。創刊したばかりの頃の写真には二人とも特に思い入れが強いんです。(尾原)

―東京ミッドタウンのフジフイルムスクエアで、雑誌『TRANSIT』のこれまでの写真を振り返る展覧会が開かれるということで、期待している読者も多いと思います。展覧会はどんな内容を予定していますか?

加藤:これまで誌面に掲載された写真から厳選した作品を、銀塩プリントで焼いて観てもらうというのが大きなコンセプトです。『TRANSIT』に掲載している写真は、すべてフィルムで撮影しているので、それを幅3mの巨大なプリントに引き伸ばしたり、小さめのプリントにして組み写真にしたり、雑誌とはまた違う見せ方をするつもりです。

―写真選びはお二人で?

加藤:いや、とにかく写真の量が膨大で。まず僕が粗選びをして、そこから組み立てていく作業を尾原さんと一緒にやっているという感じ。展示のデザインまわりは、もちろん尾原さんが担当しています。

加藤直徳
加藤直徳

尾原:さすがに最初から一緒に写真を選んでいたら、まとまらなかったよね。

加藤:全部で7,000〜8,000点はあったんじゃないかな。今ようやく60点くらいにまで絞れたところです。元々、1つの惑星を旅するような感覚で『TRANSIT』を作ってきたので、展覧会タイトルの『旅する惑星』にはその想いを込めました。

尾原:絞り込む作業は本当に大変でした。創刊したばかりの頃は僕も取材に同行していたから、その頃の写真には二人とも特に思い入れが強いんです。

加藤:数千枚から60枚に絞るのは、もう主観しかなかったよね(笑)。使われている写真は、全部で30か国分くらい。結果的には、自分たちが深く関わっていた古い号から選んだ写真が多くなってしまった(笑)。

左:尾原史和、右:加藤直徳
左:尾原史和

―創刊時、加藤さんと尾原さんは『TRANSIT』を、どんな写真が載るような雑誌にしようと考えていたんですか?

尾原:まずフィルムで撮ろうというのがあったよね。それが1つの軸にはなっていたと思う。

加藤:『TRANSIT』を創刊した2004年頃の出版や広告の現場では、デジタルカメラとフィルムカメラの割合がちょうど半々くらいの時期だったんです。そして、この先はデジタルが主流になるだろうということも分かっていた。でも、僕らが一緒に仕事をしたいと思うカメラマンは、フィルムで撮りたいという人が多くて。ならば、カメラマンが撮りたい方法で撮ろうと尾原さんと話したんです。その結果、10年経った今もフィルムで撮りたいというカメラマンが多くて困っているんですが(苦笑)。

『ペルー』(撮影:田尾沙織)
『ペルー』(撮影:田尾沙織)

尾原:ほんとだよね(笑)。カメラマンって、自分の作品撮りをフィルムでやっていて、仕事はデジタルという人が多いじゃない。

加藤:そう。でも、うちの雑誌は何か勘違いされているみたいで、仕事なのに自分の作品撮りだと思っているカメラマンばかり(笑)。まあ、僕らがあえてそういう人を選んでいるのだけど。

尾原:まあね(笑)。

加藤:創刊した当時、僕は28歳くらいで、カメラマンのことを全然知らなかったんですけど、尾原さんはすでにアートディレクターとして仕事をされていて、色んなカメラマンとの付き合いもあったから、その頃は僕が尾原さんに企画を伝えて、カメラマンを紹介してもらっていたんです。取材で2週間近く一緒に行動をするので、写真が雑誌に合うかだけではなくて、編集者との相性も重要。だからコアなメンバーに新しい人が少しずつ増えているという感じですね。

Page 1
次へ

イベント情報

FUJIFILM SQUARE 企画展 写真展『旅する惑星』

2013年9月6日(金)〜9月25日(水)
会場:東京都 六本木 東京ミッドタウン内 FUJIFILM SQUARE
時間:10:00〜19:00
出展作家:
在本彌生
谷口京
田尾沙織
宮本武
石井孝典
ほか
料金:無料

『TRANSIT TALK LIVE 〜なぜ旅をするのか?なぜ銀塩で撮るのか?〜』
2013年9月21日(土)
会場:東京都 六本木 東京ミッドタウン内 FUJIFILM SQUARE 2F
[第1部]
時間:14:00〜15:45
トーク:
尾原史和
在本彌生×兵藤育子
田尾沙織
[第2部]
時間:16:00〜17:45
トーク:
石井孝典
林紗代香(『BiRD』編集長)
稲岡亜里子
司会:加藤直徳(『TRANSIT』編集長)
※出演者、内容は変更になる可能性があります

プロフィール

加藤直徳(かとう なおのり)

1975年、東京都生まれ。編集者。白夜書房に勤務していた2004年、『TRANSIT』の前身となるトラベルカルチャー誌『NEUTRAL』を創刊する。2008年、現在の『TRANSIT』に改名し、講談社より発行。

尾原史和(おはら ふみかず)

1975年、高知県生まれ。グラフィックデザイナー・SOUP DESIGN代表。雑誌『TRANSIT』では2004年の創刊時からアートディレクターを務める。写真集などを発信する、マルチプルレーベル『PLANCTON』を設立。著書に『逆行』(ミシマ社)がある。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編

映画『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編。高畑勲の実験精神に敬意を表する監督が「暗号描画」なる手法を使い、全ての作画をたったひとりで手がけたという。透けてしまいそうなキスシーンや、迫り来る波の一瞬一瞬に確かに手をひかれているようで、全貌が気になって仕方ない。オフィシャルサイトには片渕須直、今日マチ子らのコメントも。(井戸沼)

  1. 岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真 1

    岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真

  2. 『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら 2

    『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら

  3. 木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開 3

    木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開

  4. ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら 4

    ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら

  5. のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読 5

    のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読

  6. 森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら 6

    森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら

  7. 次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ 7

    次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ

  8. 満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」 8

    満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」

  9. アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉 9

    アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉

  10. 金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化 10

    金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化