特集 PR

大人が子どもに戻るアート 緒方壽人×五十嵐健夫対談

大人が子どもに戻るアート 緒方壽人×五十嵐健夫対談

インタビュー・テキスト
萩原雄太
撮影:田中一人

これまで全国22会場で開催され、現在の動員数は60万人あまり。光を駆使した体験型の展覧会『光のイリュージョン「魔法の美術館」〜Art in Wonderland〜』が9月から上野公園・上野の森美術館で開催される。一般層にはなかなかとっつきにくいメディアアートというジャンルを、「見る、触る、参加する」をテーマに制作された作品を通してわかりやすく体験できることから、全国の会場にはアートファンのみならず、小さい子どもを連れた家族が押し寄せている。

本展に『another shadow』というインタラクティブ作品を出品するのが、クリエイティブチーム「takram design engineering」の緒方壽人と、東京大学大学院情報理工学系研究科の五十嵐健夫。デザインエンジニアとして数々の受賞歴を持つ緒方と「CG界の魔法使い」の異名を持つ五十嵐に、メディアアートの作り方、そして、コンピューターサイエンスの最先端を訊いた。

その作品の世界に自然と没入できるようなものを作りたかった。(緒方)

―五十嵐さんと緒方さんはどのようなきっかけで出会ったのでしょうか?

緒方:2009年に、六本木の21_21 DESIGN SIGHTで『「骨」展』という展覧会があって。生物の骨だけでなく、人工物の骨組みを分解したり、骨というテーマで様々な作品が展示されていたのですが、僕が全体の企画に関わっていたんです。骨についていろいろとリサーチする中で、疑問に思ったのが「コンピューターの世界における骨」というテーマ。そこで、五十嵐さんに一度話を聞いてみようと思い、研究室を訪ねたんです。

―五十嵐さんには「CGの魔法使い」という異名もありますが、コンピューターのインターフェイスの分野において、独自の研究をされている方ですもんね。

五十嵐:そのときに初めてお会いしたのですが、何の説明もなくとにかく研究の話を聞かせてくれと言われて(笑)。最初は謎でした。

緒方:(笑)。研究を紹介していただいた中で、コンピューターのアルゴリズムの話があって、非常に面白いと思ったんです。生き物や人工物の「骨」とはまた全然違う新しさがあると思った。それで後日、アルゴリズムを使って作品が作れないかと相談しました。それが、『魔法の美術館』にも出展することになった『another shadow』です。

緒方壽人 / 五十嵐健夫『another shadow』©hisato OGATA / takeo IGARASHI

五十嵐:ただ、最初に考えていたのは『another shadow』とは全然違う作品で。僕はコンピューターの画面に映った絵を指でつまんで動かせるアルゴリズムを開発していたので、これを使ってインスタレーションにしようと思ったんです。参加者がマルチタップテーブルの上に絵を描き、その絵を指で触って動かせるというものでした。

緒方:自作のキャラを動かしたり、それを繋げてアニメーションにしようと思ったのですが、プロジェクトを進めていくうちにちょっと違うという話になって。

左:緒方壽人、五十嵐健夫
左:緒方壽人、五十嵐健夫

―と言うと?

緒方:参加者に絵を描かせるというハードルがあり、操作もちょっと難しかったんです。参加者がもっと何も考えずに体験できるもの、その作品の世界に自然と没入できるようなものがいいという考え方に変化していきました。

五十嵐:ハードウェアにも問題がありました。今と違って、マルチタッチで指の動きが認識できて、ちゃんとトラッキングできる大型のテーブルが、当時は市販品として出ていなかった。制約の中でちょこちょこ操作してもらうよりも、もっと大きな装置で楽しんでもらったほうがいいと思ったんです。

―影をテーマにしたのはなぜでしょう?

緒方:自分の影が自由に動かせたら面白いなと思ったのが始まりです。五十嵐さんのアルゴリズムに改良を加えて、自分の影が勝手に動き出す作品を完成させたんです。

―アルゴリズムは五十嵐さん、作品にするためのインターフェイスは緒方さんという役割で作られたんですね。

緒方:そうですね。五十嵐さんからアルゴリズムの詳細を聞いた上で、音の出し方やインタラクションをどうするかということを含めて、作品の見せ方の部分を僕が担っています。

Page 1
次へ

イベント情報

『光のイリュージョン「魔法の美術館」〜Art in Wonderland〜』

2013年9月6日(金)〜10月6日(水)
会場:東京都 上野の森美術館
時間:10:00〜17:00
参加作家:
アトリエオモヤ
緒方壽人/五十嵐健夫
児玉幸子
小松宏誠
パーフェクトロン
plaplax(プラプラックス / 近森基、久納鏡子、筧康明、小原藍)
細谷宏昌
松村誠一郎
真鍋大度/比嘉了
宮本和奈
森脇裕之
料金:
当日 一般・大学生1,200円 小・中・高校生600円
前売 一般・大学生1,000円 小・中・高校生400円
※未就学児無料
※会期中無休

プロフィール

緒方壽人(おがた ひさと)

2000年東京大学工学部卒業。2002年IAMAS卒業後、2003年よりデザインエンジニアとして、リーディング・エッジ・デザインに参加。2003年文化庁メディア芸術祭審査員推薦作品賞受賞。「NTT DoCoMo OnQ」にて、2004年グッドデザイン賞、2005年iFデザイン賞受賞。2008年ミニマム・インターフェイス展(YCAM)にてナビゲーションデザインを担当。2009年5月29日〜8月30日開催の「骨」展(21_21 DESIGN SIGHTにて)にてナビゲーションシステムを担当。同展覧会にてインタラクティブ映像作品「another shadow」も東京大学五十嵐健夫氏と共同出展。

五十嵐健夫(いがらし たけお)

2000年東京大学大学院工学系研究科博士(工学)。東京大学大学院情報学環 先端表現情報学コース教授。2007年よりJST ERATO研究総括。学術振興会賞、SIGGRAPH 若手科学者賞等受賞。専門はユーザーインタフェースおよびコンピューターグラフィクス。手書きスケッチによる3次元モデリングシステム『Teddy』の開発者として知られる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間 1

    BiSHから届いた胸が詰まるような手紙。全員で語る空白の数か月間

  2. VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら 2

    VTuber集結『NHKバーチャル文化祭』にキズナアイ、シロ、さだまさしら

  3. YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行 3

    YOASOBI楽曲の原作小説集『夜に駆ける YOASOBI小説集』9月刊行

  4. 著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送 4

    著名人が選ぶ『ゲーム・オブ・スローンズ』ベストエピソード一挙放送

  5. 芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役 5

    芦田愛菜『星の子』永瀬正敏と原田知世が「あやしい宗教」信じる両親役

  6. 星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア 6

    星野源、去年11月のニューヨークライブの模様をNHK総合で地上波初オンエア

  7. 森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース 7

    森七菜が歌う“スマイル”カバー配信リリース ホフディランがプロデュース

  8. 田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催 8

    田丸雅智×曽我部恵一が登壇『真夏のショートショート食堂』オンライン開催

  9. のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』 9

    のん×林遣都が共演 大九明子監督、綿矢りさ原作の映画『私をくいとめて』

  10. もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー 10

    もう、人間と自然は共生できない 環境学者・五箇公一インタビュー