特集 PR

インドネシアと大激突 北村明子×森永泰弘 対談

インドネシアと大激突 北村明子×森永泰弘 対談

インタビュー・テキスト
武藤大祐
撮影:豊島望

キレのある鋭いダンスと、デジタル技術を取り入れた硬質な作品で国際的にも高く評価される振付家・北村明子。しかし2011年、従来のイメージを覆すかのように、伝統あるインドネシアの武術・ダンス・歌などにインスパイアされた国際共同制作プロジェクト「To Belong」を始動した。

2012年に東京とジャカルタで上演された『To Belong -dialogue-』では、ジャワのカリスマ的パフォーマーであるスラマット・グンドノや、伝統仮面舞踊を基盤にもつコンテンポラリーダンサーのマルティナス・ミロトなどと共演しながら、北村ならではのアプローチで新しい表現世界を開拓。近年急速に存在感を増すインドネシアの多様なアートの魅力に初めて接した観客も多かったことだろう。

あれから約1年、長野県・茅野市民館とシンガポールで新作『To Belong -cyclonicdream-』が発表される。サウンドとしての「歌」の力に焦点をあて、プロジェクトはさらなる深化を遂げようとしているようだ。北村と、そして強力に脇を固める音楽監督・森永泰弘に話を聞いた。

体はついていけるんだけど、頭がついていけない。そういうことがバリではいっぱいありました。(北村)

―そもそも北村さんがインドネシアに興味を持つようになったきっかけは?

北村:10年くらい前にヨーロッパで、「アジア」を特集したフェスティバルがあって、そこでインドネシアのムギヨノ・カシドさん(ダンサー、振付家)と一緒になったんです。ムギヨノさんの動きは緩急が全然読めないし、コンセプチュアルに作っているので理解できない所もあったんですけど、それでも何か近しいものを感じました。その後に今度は知人の伝手でバリに行く機会があり、バリのシラット(東南アジアの伝統武術)を習ったりして、その辺からインドネシアのイメージが変わってきましたね。それまではケチャとかリゾートのイメージしかなかったので(笑)。

北村明子
北村明子

―バリではどういう体験をしたんですか?

北村:友達に誘われて、寺院で体を延々シェイクするというエクササイズに参加したんです。地元の人たちはトランスとかヒーリングと呼んでいました。2週間ぐらい寺院で寝泊まりして、朝から1日3回、3時間ずつ続けていたら、ひたすら体が止まらなくなって、本当に熱を出したりして、大変な騒ぎだったんですよ。体はついていけるんだけど、頭がついていけなくて、何が起きているのかわからない。そういうことがバリではいっぱいありました。日常的な事から、祭礼、ダンスも含めて。

―バリって、そういうことが結構ありますね。

北村:言葉で説明しようとするとオカルトチックになってしまうんですけど、そうじゃなくて、体でわかる現象ですよね。大学でジャズダンスをやっていた頃にも、スティーヴ・ライヒの音楽で体を動かしていたら、反復の中で何かが更新され続けるような、不思議な高揚感を体験したことがあるのを思い出しました。

―北村さんは2001年の『Finks』など、武術系の動きを以前から取り入れていますが、バリでシラットに出会ったのが大きかったのでしょうか?

2012年に上演された『To Belong-dialogue-』より
2012年に上演された『To Belong-dialogue-』より

北村:そうですね。そのエクササイズにシラットの達人たちも来ていて、そこで初めてシラットを見せてもらったんですけど、今まで見たことのない動きにビックリしてしまって。それで帰国してすぐに東京でシラットを習える所を探して、今の先生に出会ったんです。

―具体的に、どういった部分に惹かれたんですか?

北村:動物のように素早く動くところに感動しました。大学時代に空手の演武をちょっとやっていたり、子供の頃に兄の影響でプロレスを見ていたりしていて、もともと武道の動きに興味はあったんです。

―プロレスも、ですか?

北村:四角いリングの中で動きを展開し続けられるっていう所がすごいなあと思っていました。私がやっているプンチャック・シラットのプリサイディリ派というのは近代シラットで、型というかロジックに則りながら動きを持続させていくのが大事なんですね。戦いを持続させていく上で、エネルギーを合わせたり、逃がしたりするので、相手を倒すよりもエネルギーを渡し合う速度感とか強さを楽しむエクササイズみたいな側面が強いんです。

―なるほど、ダンス的ともいえますね。

北村:自分の振付にシラットの型をそのまま持ち込もうとは思いませんが、「動き」という面で、すごく参考になるんです。プンチャック・シラットには動物の動きを真似た型があって、自分の体に型で制限をかけながら相手を攻撃するとき、何を意識して動くのか考えさせられたりします。それ以前には持ち得なかった視点ですよね。そうやってシラットを学ぶ中で、感覚的に体得したものを自分のダンスに取り入れています。

Page 1
次へ

イベント情報

『To Belong -cyclonicdream-』

2013年11月28日(木)、11月29日(金)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:長野県 茅野市民館 マルチホール
出演:
Endah Laras
大手可奈
Rianto
西山友貴
川合ロン
北村明子
音楽(インドネシア):
Slamet Gundono
Kill the DJ(Jogja Hip Hop Foundation)
Endah Laras
演奏(日本):
石井麻依子
斎木なつめ
小林妙子
嶺秀美
谷口宏樹

振付・演出:北村明子
ドラマトゥルグ・演出:Yudi Ahmad Tajudin
音楽監督:森永泰弘
音楽制作:CONCRETE
映像監督・製作:兼古昭彦
ドラマトゥルグ・映像製作:山田咲
衣装デザイン・製作:堂本教子
テクニカルディレクション・美術・照明:関口裕二(balance,inc.DESIGN)
舞台監督:浦弘毅(TEAM URAK)
宣伝美術:兼古昭彦
宣伝広報:土谷真喜子(株式会社リーワード)
制作:小山遥子(Office A/LB)
主催:Office A/LB 北村明子
助成:公益財団法人セゾン文化財団・芸術文化振興基金
提携:茅野市民館指定管理者 株式会社地域文化創造

料金:
前売 一般2,000円 学生1,500円 (大学生以下・前売のみ)
当日 一般2,300円

※11月28日、29日両日共に新宿駅から茅野市民館迄チャーターバスを運行予定。詳しくはOffice A/LBまでご連絡下さい。
北村明子オフィシャルWebサイト 問い合わせ

『To Belong -cyclonicdream-&ビフォートーク』
2013年11月8日(金)20:00〜
会場:東京都 森下 森下スタジオ
料金:無料

プロフィール

北村明子(きたむら あきこ)

バレエ、ストリートダンスを経て早稲田大学入学後、ダンス・カンパニー「レニ・バッソ」を結成。2001年、アメリカのBates Dance Festival委嘱ソロ作品『Face_Mix』はダンサー・振付家としての評価を確実なものにした。2001年の代表作『Finks』がアムステルダムのJULIDANSフェスティバルで好評を得て以来、ヨーロッパ、アジア、北南米の各都市で上演。2005年にはベルリンの「世界文化の家」からの委嘱作品『Ghostly Round』も世界各地で上演し、絶賛を得た。2010年からソロ活動を開始。

森永泰弘(もりなが やすひろ)

東京芸術大学大学院映像研究科に在学中から『カンヌ国際映画祭』『ヴェネチア・ビエンナーレ(美術部門)』、『ヴェネチア国際映画祭(短編部門)』のイベントでスペシャルライブを行うなど、国際的な注目を集める。映画や舞台芸術、メディアアート等の領域でサウンドデザイナーとして活動しつつ、南イタリアや東南アジアを中心に少数民族の音楽や環境音をフィールドレコーディングした作品を制作している。園子温監督『恋の罪』では、音楽監督を務めた。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Radiohead“Man Of War”

Radioheadの未発表曲“Man Of War”のPVが公開。この曲は本日発売の『OK Computer』20周年記念盤に収められる3曲の未発表曲のうちの1曲。昼と夜に同じ場所を歩いている男が何者かに後をつけられ、追い詰められていく様を映した短編映画のような映像だ。(後藤)