特集 PR

批評家・佐々木敦が驚いた、CAPSULEの実験的なアプローチ

批評家・佐々木敦が驚いた、CAPSULEの実験的なアプローチ

インタビュー・テキスト
さやわか
撮影:田中一人

近年はPerfume、きゃりーぱみゅぱみゅなどヒットチャートを賑わす人気アーティストの楽曲を手がけていることでも知られる中田ヤスタカ。その彼が自らメンバーとして名を連ねる、ホームグラウンドとも言うべきユニットがCAPSULEだ。かつてのCAPSULEは完成度の高いサウンドと、こしじまとしこのキュートかつクールなボーカルで人気を不動のものとしてきたが、先日発売された最新アルバム『CAPS LOCK』は様相が異なる。今までに見られなかったほど実験的な音楽性に踏み出し、多くのリスナーを驚嘆させているのだ。日本の実験音楽 / エレクトロニカを長く追い続け、多数の著書もある批評家・佐々木敦もまた今まさにその驚きを共有しているという。CAPSULEは何が変わったのか。なぜ変えたのか。それを教示してもらうべく佐々木に話を聞いたところ、彼は1990年代からの音楽シーン全体を射程に入れた、広大なポップス論を語ってくれた。

僕は、「オールインワン的なプロデューサー」の最新進化バージョンとして中田ヤスタカを位置づけているんです。

―佐々木さんは日本の電子音楽に対して、長くリスナーであるだけでなく著述家としても大きく関わってこられました。今日はその立場から特にCAPSULEというユニットをどうご覧になってきたか、そして実験的なニューアルバム『CAPS LOCK』をどう聴かれたかをお話いただければと思います。

佐々木:もちろん中田ヤスタカや、彼のやっているCAPSULEというユニットのことはデビュー当時から聴いてはいました。ただ登場したときには、「ポスト渋谷系」みたいな文脈でしたよね。初期のCAPSULEってすごくピチカート・ファイヴっぽいというか渋谷系の感じがあった。だから「そういう人がいるんだな」くらいの認識だったんです。その後、中田ヤスタカという人を強く認識するようになったのはPerfumeの『ファン・サーヴィス』が出た2008年あたりからですね。

CAPSULE
CAPSULE

―Perfumeについては、エレクトロニカをマニアックなものにせず、ポップスとして昇華したユニットとして聴かれていたのでしょうか?

佐々木:僕はアーティストやアイドルに対して、キャラクター的にファンになったり、フェティッシュ的な愛情を注ぐことが全くない人間なので、まずは楽曲のプロダクションとしてPerfumeはすごいなと思いました。あの頃はいわゆるオートチューン的な声の加工がすごく印象的で、つまり、オートチューンによって人間が機械になっていく方向と、当時台頭してきた初音ミクのように、機械が人間になっていく方向が両方出てきたことが興味深くて。Perfumeっていう存在の浮上とともに、中田ヤスタカというプロデューサーのことを再発見したんです。

―ということは、そこからCAPSULEというユニットのことも再発見していったわけですか?

佐々木:そうですね。Perfumeに合わせて、ちょうどCAPSULEの音楽性もだんだん変化していってた時期だったと思うんです。2007年の“Sugarless GiRL”(シングル『Starry sky』のカップリング曲)って曲が、僕は大好きだったんです。劇団ハイバイの『霊感少女ヒドミ』っていう演劇を快快がカバーしたときにテーマソングとして使っていて、改めてすごくいい曲だなって思って、中田ヤスタカについての認識を新たにしていった。

―では、そのときに佐々木さんから見て中田さんというのはどういう存在だったのでしょうか?

佐々木:J-POP的な音楽史には「オールインワン的なプロデューサー」というのがいるんですよね。つまり作詞、作曲、編曲、録音まですべての面倒を見られるプロデューサーのことを僕は「オールインワン」って呼んでいるんだけど、その流れをはっきりと切り開いたのは、小室哲哉ですよね。そしてそれを、つんく♂さんがちょっと特殊な形で引き継いだ。

―過去に遡ると、さっきおっしゃったピチカート・ファイヴの小西康陽さんもそうでしたね。

佐々木:そうですね。僕は、その最新進化バージョンとして中田ヤスタカを位置づけているんです。単純に音楽性だけじゃなく、ある世界観をどういうふうに提示するか? というプロデュースにおける中田ヤスタカの底力というかポテンシャルをどんどん認識していきました。Perfumeの曲が新しく出るたびにすごく攻めているなと思ったし、きゃりーぱみゅぱみゅのファーストアルバムもCAPSULEとPerfumeでやってきたことを踏まえてこれがあるという感じで、本当によくできていたんですね。

Page 1
次へ

リリース情報

CAPSULE<br>
『CAPS LOCK』初回限定盤(2CD)
CAPSULE
『CAPS LOCK』初回限定盤(2CD)

2013年10月23日発売
価格:3,000円(税込)
WPCL-11582/3

[DISC1]
1. HOME
2. CONTROL
3. DELETE
4. 12345678
5. SHIFT
6. ESC
7. SPACE
8. RETURN
[DISC2]
1. CONTROL (extended mix)
2. DELETE (extended mix)
3. ESC (extended mix)

CAPSULE<br>
『CAPS LOCK』通常盤(CD)
CAPSULE
『CAPS LOCK』通常盤(CD)

2013年10月23日発売
価格:2,520円(税込)
WPCL-11584

1. HOME
2. CONTROL
3. DELETE
4. 12345678
5. SHIFT
6. ESC
7. SPACE
8. RETURN

CAPSULE<br>
『CAPS LOCK』
CAPSULE
『CAPS LOCK』

2013年10月23日からiTunes storeで配信リリース
価格:1,800円(税込)

1. HOME
2. CONTROL
3. DELETE
4. 12345678
5. SHIFT
6. ESC
7. SPACE
8. RETURN
9. 12345678(extended mix)

プロフィール

佐々木敦(ささき あつし)

1964年生まれ。批評家。HEADZ主宰。雑誌『エクス・ポ』編集発行人。『批評時空間』『未知との遭遇』『即興の解体/懐胎』『「批評」とは何か?』『ニッポンの思想』『絶対安全文芸批評』『テクノイズ・マテリアリズム』など著書多数。2013年度より早稲田大学文学学術院教授。新著『シチュエーションズ 「以後」をめぐって』(文藝春秋)が12月中旬に刊行。

CAPSULE(かぷせる)

Perfume、きゃりーぱみゅぱみゅのプロデュースをはじめ、『LIAR GAME』シリーズのサウンドトラックや映画『スター・トレック イントゥ・ダークネス』の挿入楽曲ほか国内外数々の音楽制作を手がける中田ヤスタカ自身のメインの活動の場となるユニット。1997年にボーカルのこしじまとしこと共に結成。2001年にCDデビュー。作詞・作曲・編曲はもちろん、演奏・エンジニアリングなどすべてを中田ヤスタカ自らが手がけるオールインワンなスタイルから繰り出される自由奔放かつ刺激的な楽曲群に、音楽界のみならず、服飾や美容、映像などクリエイティビティーを共有するシーンからも熱い支持を得ている。ワールドワイドの大型フェスにも多数出演し、音響・映像・照明まで徹底的に構築したパフォーマンスでオーディンスを熱狂させている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Mime“Driftin”MV

5人組バンドMimeによる“Driftin”MVが公開。シャムキャッツやJJJのMVも手掛けた芳賀陽平がディレクションを務めており、逆光やボケをあえて取り入れる演奏シーンが新鮮。突き動かされるようなサウンドと伸びやかな声の相性が抜群で、閉じ込めた気持ちと解放感のせめぎ合いを感じる歌詞もエロい。(井戸沼)

  1. 星野源×マーク・ロンソンのツーマンライブ 12月に幕張メッセで一夜限り 1

    星野源×マーク・ロンソンのツーマンライブ 12月に幕張メッセで一夜限り

  2. アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉 2

    アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉

  3. 新垣結衣×松田龍平 野木亜紀子脚本ドラマ『獣になれない私たち』10月放送 3

    新垣結衣×松田龍平 野木亜紀子脚本ドラマ『獣になれない私たち』10月放送

  4. 岡田准一×黒木華×小松菜奈×松たか子×妻夫木聡が共演 ホラー映画『来る』 4

    岡田准一×黒木華×小松菜奈×松たか子×妻夫木聡が共演 ホラー映画『来る』

  5. 映画『銀魂2』原作者・空知英秋によるモザイク入り直筆メッセージ到着 5

    映画『銀魂2』原作者・空知英秋によるモザイク入り直筆メッセージ到着

  6. 究極のジョジョファン像「ジョジョサピエンス」公開 ファンの情報を平均化 6

    究極のジョジョファン像「ジョジョサピエンス」公開 ファンの情報を平均化

  7. オールナイト上映『夏だ!ゾンビだ!人喰いだ! 真夏のホラー名作選』に3作 7

    オールナイト上映『夏だ!ゾンビだ!人喰いだ! 真夏のホラー名作選』に3作

  8. 植本一子が現存するフェルメール全作品を取材した作品集 刊行記念展も 8

    植本一子が現存するフェルメール全作品を取材した作品集 刊行記念展も

  9. 少年ナイフがテレ東『YOUは何しに日本へ?』次週放送内で紹介 9

    少年ナイフがテレ東『YOUは何しに日本へ?』次週放送内で紹介

  10. D・リンチ特集上映に『イレイザーヘッド』『エレファント・マン』など8作品 10

    D・リンチ特集上映に『イレイザーヘッド』『エレファント・マン』など8作品