特集 PR

死にたい自分を説き伏せてきたamazarashiが、外へと向う

死にたい自分を説き伏せてきたamazarashiが、外へと向う

インタビュー・テキスト
金子厚武
2013/11/21

『ねえママ あなたの言うとおり』に続く、今年2枚目となるアルバム『あんたへ』を発表するamazarashi。“まえがき”で始まり、“あとがき”で終わる構成、初回生産限定盤の文庫本ブックレットが、現代におけるライトノベルと音楽の関係性を連想させ、彼らのメディアミックス的な立ち位置を改めて示しているが、それ以上に印象的なのが、より外側へと開かれると同時に、新たな表現領域をも切り開こうとする、秋田ひろむの歌詞世界である。

かつて自分に向けて書いた歌で現状と戦う誰かへと呼びける“あんたへ”、日本語ラップを意識したという長編のポエトリーリーディング“冷凍睡眠”など、本作も聴き所は非常に多い。今回は秋田へのインタビューをもとに、具体的なアーティスト名を出し、比較することによって、amazarashiの独自性をより立体的に浮かび上がらせることを試みた。

「“あんたへ”自体は自分に向けて作った歌だったんですが、今の僕だったら外に向かって歌えるんじゃないかと思いました」

amazarashiにとっての2013年は、これまでになく外側へと開かれた活動を展開した年となった。4月に発表したアルバム『ねえママ あなたの言うとおり』は、オリコンデイリーチャートで5位を記録。アルバムを引っ提げての東名阪ツアーを終えると、8月には秋田が楽曲を提供した中島美嘉のシングル『僕が死のうと思ったのは』が発売。同月には『RISING SUN ROCK FESTIVAL』に出演してフェスデビューを果たすと、9月にはリキッドルームでTK from 凛として時雨との対バンを行った。これまでのamazarashiはワンマンしか行ってこなかったが、その存在がより多くの人へと知れ渡り始めたのだ。

秋田:“僕が死のうと思ったのは”は以前からあった曲です。中島さんへの楽曲提供という話が来た段階で、この曲が絶対合うと思って、聴いてもらいました。その他にも何曲か作ったりしたんですが、曲の作り方としてはいつも通り、amazarashiと変わらない感じで作りました。ライブに関して一番思ったのは、心を強く持つことです。「最悪ブーイングが来ても歌いきる」みたいな、そういう覚悟はあったと思います。あとはいつも通り、今まで積み上げたもので勝負するしかないので、そこを信じてやりました。でも実際はワンマンと違って環境も時間も厳しいし、開き直ってやれたのが良かったと思います。

では、なぜ今年このような開かれた活動に向かったのかといえば、それは2012年に発表したアルバム『ラブソング』と、映像作品『0.7』で、amazarashiの活動がひとつのフェイズを終えたことが大きな要因だろう。秋田いわく「世界への復讐のつもりだった」攻撃的な歌が受け入れられ、またライブを通してオーディエンスと触れ合う中で、曲作りの原動力が怒りやフラストレーションだけではなくなり、単純に音楽が楽しめるようになったということを、秋田は過去のインタビューで語っている。バイトをしながら音楽をやり、それ以外は家に籠っていた頃に書かれたというタイトルトラック“あんたへ”を中心に作られた新作『あんたへ』は、今のamazarashiだからこそ生み出せた作品であることは間違いない。

秋田:“あんたへ”を自分自身がひさびさに聴いて、すごい励まされた感じがして、これはちゃんとアルバムに入れたいなと思ったのが最初です。そこから考え始めて、アルバム全体で何か伝えるということをできないかなと思いました。“あんたへ”自体は自分に向けて作った歌だったんですが、今の僕だったら外に向かって歌えるんじゃないかと思いました。


「死にたい僕を説き伏せる感じで曲を作ってたと思います」

9月のリキッドルームでのライブで“あんたへ”を披露した際、秋田は「自分が言われたい言葉を探していたんじゃないかと最近思うようになりました」と語っている。ここでひとつ疑問に思うのは、「なぜ自分が言われたい言葉を自分で生み出す必要があったのか?」ということだ。例えば、本作には秋田いわく「ラブソング」だという“ドブネズミ”という曲が入っているが、このタイトルからはかねてより秋田がファンを公言しているTHE BLUE HEARTSのあの曲が思い浮かぶ。THE BLUE HERATSの言葉は「自分が言われたい言葉」ではなかったのだろうか?

秋田:今になってTHE BLUE HEARTSの歌詞のすごさは分かるようになったと思うんですけど、当時はそんなこと分からず聴いてました。理屈じゃなかったと思います。「怒る」とか「笑う」とかの延長線上に、「THE BLUE HEARTSを聴く」とか「THE BLUE HERATSをコピーする」とかがあったんだと思います。

「怒る」や「笑う」といった普段の感情の延長線上にあったTHE BLUE HEARTSの言葉。しかし、当時の秋田にとっては、もっともっと自分を鼓舞する言葉が必要だった。

秋田:自分で自分を言い負かすことが必要だったんだと思います。常に死にたいと思ってたし、このままだったらやばいと分かってましたし、死にたい僕を説き伏せる感じで曲を作ってたと思います。

秋田は過去に音楽のために上京するも、挫折を経験して青森に帰郷。それでも音楽を作り続け、必死に食らいついてきたからこそ、今のamazarashiとしての成功がある。生きるか死ぬか、それだけの切迫感と、音楽に対する強い想いが込められているのが“あんたへ”という曲なのであり、だからこそ、この曲はかつての秋田と同じような境遇にいる人を鼓舞することができる曲なのだ。

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『amazarashi LIVE TOUR 2014「あんたへ」』

2014年1月11日(土)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:東京都 Zepp Tokyo

2014年1月18日(土)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:愛知県 名古屋ダイアモンドホール

2014年1月19日(日)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:福岡県 福岡イムズホール

2014年1月25日(土)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:大阪府 Zepp Namba

2014年2月8日(土)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:北海道 札幌PENNY LANE24

2014年2月1日(土)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:東京都 Zepp Divercity Tokyo

料金:各公演 前売4,500円 当日5,500円(共にドリンク別)
※福岡公演はドリンク代なし

リリース情報

amazarashi<br>
『あんたへ』初回生産限定盤(CD+DVD)
amazarashi
『あんたへ』初回生産限定盤(CD+DVD)

2013年11月20日発売
価格:2,100円(税込)
AICL-2603

1. まえがき
2. あんたへ
3. 匿名希望
4. 冷凍睡眠
5. ドブネズミ
6. 終わりで始まり
7. あとがき
[DVD]
1. 匿名希望 2013.09.30 @リキッドルーム
2. MC2013.09.30@リキッドルーム
3. あんたへ 2013.09.30@リキッドルーム
※文庫本型ブックレット付属

amazarashi<br>
『あんたへ』通常盤(CD)
amazarashi
『あんたへ』通常盤(CD)

2013年11月20日発売
価格:1,800円(税込)
AICL-2605

1. まえがき
2. あんたへ
3. 匿名希望
4. 冷凍睡眠
5. ドブネズミ
6. 終わりで始まり
7. あとがき

プロフィール

amazarashi(あまざらし)

amazarashiは秋田ひろむを中心としたバンド。2010年のデビュー以来、一切本人のメディア露出がないながらも、絶望の中から希望を見出すズバ抜けて強烈な詩世界とCGアニメーションを駆使したライブパフォーマンスが口コミになりまたたく間にリリースされた7枚のアルバム全てがロングセールスを続けている。今年4月にリリースされたアルバム「ねえママ あなたの言うとおり」はオリコンデイリーチャートにて5位を記録、また8月には中島美嘉への楽曲提供や初のフェス出演など精力的に活動している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと