特集 PR

照れ屋の勝負師たち TOKYO No.1 SOUL SETインタビュー

照れ屋の勝負師たち TOKYO No.1 SOUL SETインタビュー

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人

2010年にデビュー20周年を迎え、その後もカバーコラボアルバム『全て光』や、オリジナルアルバム『Grinding Sound』と、コンスタントにリリースを続けてきたTOKYO No.1 SOUL SETから、早くも新作『try∴angle』が到着した。砂原良徳がアレンジで参加した話題曲“One day”をはじめとした全11曲は、当然のようにジャンル分け不要な、ソウルセットならではのミクスチャー感覚に溢れたものばかり。大人の遊び心と余裕を、今回もまたこれでもかと見せつけてくれている。『try∴angle』というアルバムタイトルに加え、“Stand Up”や“この世界に、”といった曲タイトルからは、一見すると強いメッセージ性が感じられ、僕は肩肘張って取材現場へと赴いたのだが、そこにいたのはあくまで自然体の三人。しかし、「ここからが勝負なんじゃないかと思う」という渡辺俊美の発言が象徴するように、一人ひとりが内側に秘めた情熱も確かに感じられる取材となった。

僕らの“Stand Up”っていうのは、もうちょっと自分に対してというか、よりミニマムな、身近なもののような気がしますけどね。(渡辺)

―今回の『try∴angle』というアルバムタイトルは、とても象徴的なタイトルだと思いました。「トライアングル」という意味では、20周年イヤーの様々な活動を経て、改めて三人であることを見直したように受け取れるし、「トライ」と「アングル」に分けて考えると、「今こそ新しい視点が必要だ」というメッセージにも受け取れます。実際、このタイトルはどのような想いでつけたのでしょうか?

渡辺(Vo&Gt):これはBIKKEさんが……。

BIKKE(Vo):今おっしゃられた通りです!

渡辺:終わっちゃった(笑)。

BIKKE:まあ、改めて伝えたい強い想いとかはあんまりないんです。「耳に残るタイトルがいいな」っていうのがあったぐらいで。

BIKKE
BIKKE

―でも、すごく2013年の時代感を表していると思って、例えば、THEATRE BROOKの佐藤タイジさんはソウルセットのみなさんと同世代かと思うんですけど、「今こそ行動しなければいけない」という思いを持って、『THE SOLAR BUDOKAN』(太陽発電のみを利用した公演)というイベントをされていますよね。今回のソウルセットのアルバムも、1曲目が“Stand Up”だし、佐藤さんとどこか似たような想いがあるのではないかと思ったのですが。

渡辺:僕個人で言えば、確かに「もうそろそろ立ち上がってもいいんじゃねえの?」っていう気はしますね。一昨年あれ程のことがあったのに、ずっと停滞してるというか、むしろ「また戻っちゃったな」みたいなところもあるので。ただ、それを行動で示すか、内に秘めるかっていうスタンスの違いはあって、僕らの“Stand Up”っていうのは、もうちょっと自分に対してというか、よりミニマムな、身近なもののような気がしますけどね。

渡辺俊美
渡辺俊美

―旗を振って呼びかけるようなことではないと。BIKKEさんはなぜ「Stand Up」という言葉を使われたのですか?

BIKKE:わりと漠然としてるんですよね。基本的には音に合わせて言葉を持ってきてるので、“Stand Up”にしても、まずメロディーがあって、「ここにどんな言葉を入れたらいいのかな?」って考えたときに、「Stand Up」っていう言葉が出てきただけで。今までの人生の中でそんなに大きなことを考えたことはなくて、外に向けて書いてるというよりは、もっと個人的な、自分に向けてるような感じなんじゃないかな。

渡辺:だから、そこまでメッセージ的なものはないですね。三人ともそれぞれいろいろな想いがあると思うんですけど、ソウルセットとしてやる上では、ただ「いいアルバムを作ろう」とかしか考えてないんです。でも、そうやって何らかの意味を受け取ってくれるのは、それはそれで嬉しいですよ(笑)。

Page 1
次へ

イベント情報

『try∴angle』

2013年12月29日(日)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:東京都 恵比寿 LIQUIDROOM
出演:
TOKYO No.1 SOUL SET
and more
料金:4,500円(ドリンク別)

リリース情報

{作品名など}
TOKYO No.1 SOUL SET
『try∴angle』(CD+DVD)}

2013年12月4日発売
価格:3,675円(税込)
AVCD-38862/B

1. Stand Up
2. 砂漠に降る粉雪
4. この世界に、
5. 眠れる街よ
6. 夏の面影
7. あの日の蜃気楼
8. BLENDA
9. Slope up
10. I'm So Crazy!
11. One day
※DVD収録内容は後日発表

TOKYO No.1 SOUL SET<br>
『try∴angle』(CD)
TOKYO No.1 SOUL SET
『try∴angle』(CD)

2013年12月4日発売
価格:2,940円(税込)
AVCD-38863

1. Stand Up
2. 砂漠に降る粉雪
4. この世界に、
5. 眠れる街よ
6. 夏の面影
7. あの日の蜃気楼
8. BLENDA
9. Slope up
10. I'm So Crazy!
11. One day

プロフィール

TOKYO No.1 SOUL SET(とうきょうなんばーわんそうるせっと)

BIKKE(Vo)、渡辺俊美(Vo&Gt)、川辺ヒロシ(DJ)の三人によるトライアングル・ユニット。1990年にコンピレーション・アルバム『TOKYOディスクジョッキーズ・オンリー』収録の「アンモラル」でシーンに登場して以来、既成概念に捕われない独創的なサウンドで幅広い層から支持を集める。2000年から約4年間の活動休止を経て、2005年にはアルバム『OUTSET』で本格的な活動を再開。以降ライブを始め、精力的な活動を展開。2010年にはデビュー20周年記念ベストアルバムとして『BEST SET』リリース。2013年12月に前作より約1年半ぶりとなる待望のニューアルバム「try∴angle」をリリース。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで