特集 PR

ホームレスと日雇労働者の街が生んだ、おじさんたちのアート

ホームレスと日雇労働者の街が生んだ、おじさんたちのアート

インタビュー・テキスト
友川綾子
撮影:高見知香

8月1日に開幕した『ヨコハマトリエンナーレ2014』の出展作家で、ひと際異彩を放っているのが「釜ヶ崎芸術大学」だ。地上300メートル、日本一の超高層ビル「あべのハルカス」のすぐふもと。大阪市西成区にある釜ヶ崎(あいりん地区)は、『あしたのジョー』の舞台である東京・山谷と肩を並べる日本最大のドヤ街。元日雇い労働者やホームレス、生活保護受給者が約2万人暮らしていると言われ、日本社会が抱える様々な問題が集積する街だ。

その釜ヶ崎を活動の場とするNPO法人「こえとことばとこころの部屋(ココルーム)」が2012年にスタートしたのが、あらゆる人を対象に、哲学、書道、詩、芸術、天文学等の講義やワークショップを行う「釜ヶ崎芸術大学」。その活動が、国際美術展である『ヨコハマトリエンナーレ2014』で紹介される意図とは? ココルーム代表で詩人の上田假奈代に、活動の歴史をふりかえりつつ、今回の『ヨコトリ』参加への想いを語ってもらった。

釜ヶ崎芸術大学に来て、受講しているおじさんたちの面白さに励まされ、涙ぐむ方もいるんです。

―『ヨコハマトリエンナーレ2014』アーティスティック・ディレクターの森村泰昌さんが、「釜ヶ崎芸術大学」を参加アーティストに選ばれたことには、非常に驚いたのと同時に面白いと感じました。釜ヶ崎は「あいりん地区」とも呼ばれ、日本最大のドヤ街であり、多くの路上生活者が集まる街です。そこで活動されている「釜ヶ崎芸術大学」とは何なのか? というところからお伺いしたいのですが。

上田:もともと私たちは、アートNPO法人「こえとことばとこころの部屋(ココルーム)」を2003年から新世界で立ち上げていて、2008年からは大阪市西成区の釜ヶ崎に移り、小さな喫茶店を経営しながら、表現に関わる活動をしています。「釜ヶ崎芸術大学」は2012年に開校しました。日雇い労働者の街としての歴史を持ち、今も多くの「元日雇い」の高齢者が暮らす釜ヶ崎であちこちの施設を会場とし、誰でも参加してもらえる哲学、書道、詩、芸術、天文学などの多彩なテーマによる講義やワークショップを行っています。

釜ヶ崎芸術大学
釜ヶ崎芸術大学

―受講生にはどういった方が多いのですか? やはり元日雇い労働者や生活保護受給者の方々なのでしょうか?

上田:はい。メインとなるのは「おじさん」たちですが、外部からも旅行者や興味のある方など、いろんな人が来てくれて混ざり合っています。釜ヶ崎には本当に多種多様なおじさんがいます。私たちの仕事場であるココルームカフェの店先に伊藤若冲(江戸時代中期に活躍した奇想の画家と称される絵師)を模写した強烈な看板を掲げているせいか、それがどうもフィルターになっているみたいで、より強烈な個性のおじさんがいらっしゃるんです(笑)。

―釜ヶ崎の中でも選りすぐりのおじさんたち(笑)。

上田:だからどうしてもトラブるんですよね。釜ヶ崎のおじさんたちの中にはアルコールの問題や孤立など、いろんなしんどい問題を抱えていらっしゃる方がいます。私たちだって、嫌なことを言われたり暴力を振るわれたら、文句も言うし喧嘩もします。でも、そうやって関係を作っていくとだんだん慣れてくれて、「こんなのどう?」ってワークショップに誘うと、ふと参加してくれたりする。さすがに何回も誘って顔を突き合わせていると不思議なもので、今ではちゃぶ台を囲んで、夕ご飯を一緒に食べたりしています(笑)。

ココルーム
ココルーム

―ココルームは、釜ヶ崎のおじさんたちや、いろんな人が集まる小さな喫茶店でもあり、その活動が「釜ヶ崎芸術大学」につながっていくわけですね。

上田:2008年にココルームは釜ヶ崎に移ってきたのですが、ちょうど最後の暴動が起こった年(釜ヶ崎では日雇い労働者による暴動が過去24回起きている)でした。以降は労働者の高齢化が進み、アルコールやギャンブル、引きこもりや失業といった問題もさらに増えていったんです。2010年頃には、道を歩く方が少なくなったことを感じました。そうすると、ココルームが釜ヶ崎の隅でドアを空けて待っていても、なかなか足を運んでもらえない。そこで月に1度、釜ヶ崎の真ん中に出張し、ダンス、表現、詩のワークショップなどを始めたのが「釜ヶ崎芸術大学」の下地になっています。

―受講者の反応はいかがですか?

上田:平日昼間に開講している講座が多いので、地域外から参加するのは難しいと思うのですが、それでも来てくれた方は受講しているおじさんたちの面白さ、たくましさに励まされるらしく、涙ぐむ方もいらっしゃるんです。普段大学で教えている先生は、よっぽど気合いを入れないと釜芸では務まらないと張り切ってくれて、おじさんたちもいろんな人との交流に刺激を感じてくれています。ココルームのスタッフにとっても、おじさんたちといつも一緒では関係性が硬直してしまいがち。表現する機会や、いろんな人が混ざり合うと動きが出るんです。それは、ココルームにいろんな人がお茶を飲みに来てくれて、おじさんたちがほぐれてくるのと一緒なんですね。だから、釜ヶ崎芸術大学はココルームでもあり、ココルームは釜ヶ崎芸術大学でもあって。この企画で新しいことを始めたというよりも、これまでずっとやってきたことに名前をつけたという感じです。

上田假奈代(ココルーム代表)
上田假奈代(ココルーム代表)

―『ヨコハマトリエンナーレ2014』アーティスティック・ディレクターである森村泰昌さんとも、釜ヶ崎で出会われたとか。

上田:2007年に森村さんが釜ヶ崎で『なにものかへのレクイエム(人間は悲しいくらいにむなしい 1920.5.5-2007.3.2)』という、レーニンに扮した映像作品を制作されたのですが、そのサポートをしたのがご縁です。おじさんたちにエキストラ出演してもらったり、撮影場所を探すロケハンを手伝ったり。完成した作品は『ヴェネチアビエンナーレ』などで上映されて、その後、釜ヶ崎での上映会をお願いしました。釜ヶ崎芸術大学でもそうなんですが、おじさんたちは本当に鋭い質問を繰り出すんですよ。「芸術もいいけど、自分たちは貧しい人のために畑を耕して、ジャガイモを作っているんだ」とか、ここで聞くか!? っていう質問がいきなり出てくる(笑)。森村さんはそうした質問にも「ジャガイモを作ることも尊い。だけど、自分にできることは表現なんです」と、とても真摯に誠実に対応してくださった。私はその姿を強く覚えていて、釜ヶ崎芸術大学の先生としてお招きしたいとお声がけしたところ、「じつは今、考えていることがあって……」と、『ヨコハマトリエンナーレ2014』参加のお話をいただいたんですね。

Page 1
次へ

イベント情報

『ヨコハマトリエンナーレ2014「華氏451の芸術:世界の中心には忘却の海がある」』

2014年8月1日(金)~11月3日(月・祝)
会場:神奈川県 横浜 横浜美術館、新港ピア(新港ふ頭展示施設)
時間:10:00~18:00(入場は閉場の30分前まで、8月9日、9月13日、10月11日、11月1日は20:00まで開場)
アーティスティックディレクター:森村泰昌
参加作家・イベント:
バス・ヤン・アデル
エリック・ボードレール
カルメロ・ベルメホ
アリギエロ・ボエッティ
マルセル・ブロータース
スタンリー・ブラウン
ジョン・ケージ
ヴィヤ・セルミンス
ジョゼフ・コーネル
ヴィム・デルボア
福岡アジア美術トリエンナーレ
福岡道雄
ドラ・ガルシア
イザ・ゲンツケン
ギムホンソック
ジャック・ゴールドスタイン
フェリックス・ゴンザレス=トレス
イライアス・ハンセン
日埜直彦
釜ヶ崎芸術大学
笠原恵実子
葛西絵里香
エドワード&ナンシー・キーンホルツ
キム・ヨンイク
木村浩
マイケル・ランディ
ルネ・マグリット
カジミール・マレーヴィチ
アグネス・マーティン
松井智恵
松本竣介
松澤宥
アナ・メンディエータ
三嶋安住+三嶋りつ恵
Moe Nai Ko To Ba
毛利悠子
ピエール・モリニエ
メルヴィン・モティ
村上友晴
中平卓馬
奈良原一高
大竹伸朗
大谷芳久コレクション
ブリンキー・パレルモ
マイケル・ラコウィッツ
坂上チユキ
札幌国際芸術祭2014
グレゴール・シュナイダー
ダリン・サイモン
ジョシュ・スミス
サイモン・スターリング
アリーナ・シャポツニコフ
高山明 / Port B
Temporary Foundation
殿敷侃
トヨダヒトシ
土田ヒロミ
ヤン・ヴォー
和田昌宏
アンディ・ウォーホル
イアン・ウィルソン
やなぎみわ
吉村益信
アクラム・ザタリ
張恩利(ザン・エンリ)
休場日:第1・3木曜
料金:
当日 連携セット券 一般2,400円 大・専門学生1,800円 高校生1,400円
当日 単体券 一般1,800円 大・専門学生1,200円 高校生800円
※連携セット券は『ヨコハマトリエンナーレ2014』と『創造界隈拠点連携プログラム』の『BankART Life IV』および『黄金町バザール2014』に入場可
※中学生以下、障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料

プロフィール

釜ヶ崎芸術大学(かまがさきげいじゅつだいがく)

2012年、大阪市で開校。日雇い労働者の町としての歴史をもち、今も多くの元日雇いの高齢者が暮らす大阪市西成区の釜ヶ崎と呼ばれる地域を拠点に、あらゆる人を対象として哲学、書道、詩、芸術、天文学等の多彩なテーマによる講義やワークショップを行っている。『ヨコハマトリエンナーレ2014』では、成果発表展示のほか、オープンキャンパスとして出張講義や公演等を行う予定。現在『ヨコハマトリエンナーレ2014』に参加するための旅費を、クラウドファンディングで募集中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及 1

    ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及

  2. 佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画 2

    佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画

  3. 記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着 3

    記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着

  4. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 4

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  5. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 5

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  6. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 6

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  7. ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン 7

    ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン

  8. 青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント 8

    青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント

  9. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 9

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  10. ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る 10

    ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る