特集 PR

高橋幸宏&小山田圭吾が新バンド結成で見つめ直す、バンド論の今

高橋幸宏&小山田圭吾が新バンド結成で見つめ直す、バンド論の今

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:永峰拓也

CORNELIUSが音楽を担当する『攻殻機動隊ARISE border:4 Ghost Stands Alone』のエンディングテーマを、高橋幸宏 & METAFIVE(小山田圭吾 × 砂原良徳 × TOWA TEI × ゴンドウトモヒコ × LEO今井)が担当する。1980年代初頭のYMOおよび高橋のテクノサウンドを、YMOチルドレンを集めて再現するという、コロンブスの卵的な発想によって生まれたこのバンド。今年1月にEX THEATER ROPPONGIで行われた『テクノ・リサイタル』が大きな話題を呼び、『TAICOCLUB』や『WORLD HAPPINESS』にも出演をしているが、オリジナル曲の制作は今回が初めて。日本が世界に誇るSFアニメに、日本が世界に誇るテクノアーティスト(の生まれ変わり)が楽曲を提供するというのは、何とも不思議な縁が感じられる。

その『攻殻機動隊ARISE』完結編の公開を記念して、高橋幸宏と小山田圭吾によるビッグな対談が実現。小山田は高橋と細野晴臣によるSKETCH SHOWや、再始動後のYMOにギタリストとして参加し、今や「第4のYMO」と呼ばれることもあるなど、近年の高橋にとって欠かせないパートナーの一人。METAFIVE結成時のエピソードから、エンディングテーマ“Split Spirit”の制作秘話、さらにはMETAFIVE以外にも様々な活動を展開するそれぞれの現在地についてまで、幅広く語り合ってもらった。

砂原くんは趣味でYMOのコピーをやってて、オケを作ってたので、それが遂にMETAFIVEのライブで日の目を見たんです。(小山田)

―METAFIVEのメンバーが最初に集まったのは、今年の1月に『テクノ・リサイタル』と銘打って六本木のEX THEATERで行われたライブのときでしたよね。あのライブが決まった経緯を教えてください。

高橋:あれはまず日にちだけ決まってて、「幸宏さん、そこで何かやってください」っていう話だったんですよ。EX THEATERのこけら落とし月間で、12月に教授(坂本龍一)と細野(晴臣)さんのライブがあって、それに僕や小山田くんもゲストで出たんだけど、「幸宏さんは幸宏さんでやってください」っていうことで(笑)。その話をもらったのが、高橋幸宏 with In Phaseのツアーが終わったばっかりだったから、「じゃあ、何か違うことを考えよう」って思ったときに、僕のトリビュートにO.S.Tという名義で参加してくれた三人と何かやれたらと思って。

高橋幸宏
高橋幸宏

―小山田さん、砂原さん、テイさんですよね。

高橋:そう。最初から「テクノ・リサイタル」と言ってたわけじゃないんだけど、半分パロディーっぽい感じでやったら面白そうだなって思ってて。O.S.Tの三人に加えて、僕が何かやるときにゴンドウくんは絶対に必要だし、LEOくんはボーカルも演奏もマルチにできるタイプだから、一緒にやりたいなと。なので、最初は1回のライブのために集まったバンドだったんですけど、結構面白かったし、お客さんも盛り上がったので、「また何かやりたいね」っていう話はしてました。とはいえみんな忙しいので、今回の小山田くんの話がなかったら動いてなかったかもしれない。

―昨年のIn Phaseとのアルバム(『LIFE ANEW』)は幸宏さんのルーツの中のロックの部分を見つめ直したものだったので、今回はテクノの部分を見つめ直したのかなとも思ったのですが。

高橋:そういう部分もあったかもしれないけど、METAFIVEの始まりはもうちょっとゆるい感じでしたね。YMOは今でも続いてますけど、やるときは小山田くんも一緒だし、当時をそのまま再現するわけじゃなくて、初期のYMOに近い、生っぽい感じでやってるんです。それに対して、METAFIVEでは『ウィンターライブ』(1981年にYMOが『BGM』『テクノデリック』のリリース後に行った国内ツアー。ビンテージシンセを多用して演奏した)みたいなサウンドでライブをやったらどうかと思って。

―当時のサウンドを再現する上では、やはり砂原さんの存在が大きかったそうですね。

高橋:3年ぐらい前にテイくんから、「自分のソロで“CUE”(YMOの81年作『BGM』に収録)をやりたいから、幸宏さん歌ってくれませんか?」って言われて、「全然いいよ」って言ったんですけど、それっきり話が途絶えてたんです。それで、「そう言えば、あれどうなったの?」って訊いたら、「まりんにオケを頼んだら原曲とそっくりで、幸宏さんが歌っちゃうとそのまんまになっちゃうから、その企画はなくなりました」って言われて(笑)。

―(笑)。

高橋:そこから、「じゃあ、“CUE”のオケはあるってことだよね?」って話になって、「“Ballet”(『BGM』に収録)もあの頃の感じでやれる?」ってまりんに訊いたら、「トラックありますよ」って。もう「何でもあるよ」って状態だった(笑)。

小山田:砂原くんは趣味でYMOのコピーをやってて、オケを作ってたので、それが遂に日の目を見て、幸宏さんご本人に歌ってもらったっていう(笑)。僕と砂原くんとテイさんはさっき言ってた幸宏さんのトリビュートに参加したり、テイさんのイベントで三人でDJをしたりしてたんだけど、一緒にイチから何かを作ったのはこれが初めてですね。

小山田圭吾
小山田圭吾

高橋:テイくんはDeee-Lite(TOWA TEIが参加していた、アメリカのグループ)以降、バンドをやることは二度とないと思ってたみたいなんだけど、「やってみたら結構楽しかった」ってブログに書いてて。それは自分の立ち位置を楽に見つけられたってことだと思うんですよね。みんなそれぞれキャリアも長いので、「どうしたらいいんですか?」って言う人はいないというか。

小山田:バンドとはいえ、そんなにガチガチではないし、それぞれみんな活動があるから「合うところでやる」みたいな。

高橋:自分のイメージを壊してまでやる必要もないしね。ただ、まりんに関しては、METAFIVEのライブではかなりプレイヤーとして演奏しているんです。自分のことをほとんど生でやるっていうのは、彼にとっては史上初のはずなんだけど、間違えない(笑)。

―砂原さんは、YMOの曲はホントに完コピみたいですね(笑)。

高橋:『テクノ・リサイタル』で、“Something In The Air”(高橋幸宏の81年作『NEUROMANTIC』に収録)の最後のほうに、ギターっぽいフレーズで“Pure Jam”(YMOの81年作『テクノデリック』に収録)のメロディーを弾いたんですけど、「これ、82年の幸宏さんのツアーで細野さんが最後のほうにやってたんですよ」って言ってて、そういう解説も面白くて(笑)。

―すごいなあ(笑)。

高橋:この前『カルトQ』(カルトな知識を競う90年代のクイズ番組。YMOがテーマの回に砂原が出場し、見事優勝)の話をしたんですけど、あれには高野(寛)くんやうちのマネージャーも参加してたんですけど、みんな筆記試験で落ちてるんですよ。まりんに、「イントロクイズとか、何であんなすぐわかるの?」って訊いたら、「会場の雰囲気でわかるんです」って(笑)。

Page 1
次へ

イベント情報

『攻殻機動隊ARISE border:4 Ghost Stands Alone』

2014年9月6日(土)から全国で公開
総監督:黄瀬和哉
監督:工藤進
原作:士郎正宗『攻殻機動隊』(講談社)
脚本・シリーズ構成:冲方丁
アニメーション制作:Production I.G
音楽:CORNELIUS
エンディングテーマ:高橋幸宏 & METAFIVE(小山田圭吾 × 砂原良徳 × TOWA TEI × ゴンドウトモヒコ × LEO今井)
“Split Spirit”
声の出演:
坂本真綾
塾一久
松田健一郎
新垣樽助
咲野俊介
中國卓郎
上田燿司
中井和哉
沢城みゆき
茅野愛衣
小野賢章
浅野まゆみ
慶長佑香
久川綾
配給:東宝映像事業部

イベント情報

SPACE SHOWER TV 開局25周年 × 攻殻機動隊25周年×日本科学未来館
『GHOST IN THE SHELL ARISE“border:less experience”sounds curated by CORNELIUS』

2014年11月24日(月・祝)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:東京都 お台場 日本科学未来館
出演者:
青葉市子 with 小山田圭吾 & U-zhaan
salyu × salyu
高橋幸宏 & METAFIVE(小山田圭吾 × 砂原良徳 × TOWA TEI × ゴンドウトモヒコ × LEO今井)
料金:6,800円 特典付7,500円

リリース情報

高橋幸宏 & METAFIVE(小山田圭吾 × 砂原良徳 × TOWA TEI × ゴンドウトモヒコ × LEO今井)
高橋幸宏 & METAFIVE(小山田圭吾 × 砂原良徳 × TOWA TEI × ゴンドウトモヒコ × LEO今井)

2014年9月3日(水)から配信リリース

プロフィール

高橋幸宏(たかはし ゆきひろ)

1972年、Sadistic Mika Bandに参加。1978年、細野晴臣、坂本龍一とともにYellow Magic Ochestra(Y.M.O.)を結成、国内外に大きな影響を残したが、1983年12月をもって「散開」。ソロ活動と併行して鈴木慶一(ムーンライダーズ)とのTHE BEATNIKSとしても活動。2001年には細野晴臣とSKETCH SHOWを結成。2008年、原田知世、高野寛、高田漣、堀江博久、権藤知彦とバンドpupa(ピューパ)を結成。2008年『WORLD HAPPINESS』を東京・夢の島で開催。以降、毎年10数組のアーティストが参加し、好評を博している。ソロとしては1978年の『Saravah!』以降、コンスタントに作品を発表しており、2013年、新バンドIn Phaseとともに創り上げた23枚目のオリジナル・アルバム『LIFE ANEW』をリリース。

CORNELIUS(こーねりあす)

小山田圭吾のソロプロジェクト。1969年東京都生まれ。89年、フリッパーズギターのメンバーとしてデビュー。バンド解散後の93年、CORNELIUS(コーネリアス)として活動開始。現在まで5枚のオリジナルアルバムをリリース。 自身の活動以外にも、国内外多数のアーティストとのコラボレーションやREMIX。プロデュースなど 幅広く活動中。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Suchmos“WIPER”

『日本レコード大賞』最優秀アルバム賞を受賞するなど、まさに「今年の顔」だったSuchmos。のべ2万5千人動員の全国ツアーを揺らしたアッパーチューン“WIPER”のMVには、7月に開催された日比谷野音ライブの映像を使用。カラフルでアーティスティックなアニメーションを加えて、とどまるところを知らない彼らの勢いと躍動感を伝えている。監督は山田健人。(佐伯)

  1. マグリット、ダリ、マン・レイら 横浜美術館のシュルレアリスム作品展 1

    マグリット、ダリ、マン・レイら 横浜美術館のシュルレアリスム作品展

  2. 高校生のサザエにマスオが公開告白 カップヌードル新CM「サザエさん篇」 2

    高校生のサザエにマスオが公開告白 カップヌードル新CM「サザエさん篇」

  3. 石野卓球のCD8枚組100曲超収録のワークス集、石野文敏(16)による楽曲も 3

    石野卓球のCD8枚組100曲超収録のワークス集、石野文敏(16)による楽曲も

  4. 『孤独のグルメ』大晦日に特番放送 松重豊「テレ東はこの時間帯を捨てたな」 4

    『孤独のグルメ』大晦日に特番放送 松重豊「テレ東はこの時間帯を捨てたな」

  5. 堀込泰行×D.A.N.櫻木対談 影響し合う二人による「歌詞」談義 5

    堀込泰行×D.A.N.櫻木対談 影響し合う二人による「歌詞」談義

  6. 広瀬すずがNHK朝ドラのヒロインに 2019年前期放送『夏空 ―なつぞら―』 6

    広瀬すずがNHK朝ドラのヒロインに 2019年前期放送『夏空 ―なつぞら―』

  7. 現代演劇ポスター展に宇野亞喜良、横尾忠則らの約300点 トークにKERAら 7

    現代演劇ポスター展に宇野亞喜良、横尾忠則らの約300点 トークにKERAら

  8. 長瀬智也×ディーン×高橋一生が共演 『空飛ぶタイヤ』特報&ビジュアル 8

    長瀬智也×ディーン×高橋一生が共演 『空飛ぶタイヤ』特報&ビジュアル

  9. KIRINJIからコトリンゴが脱退 12月の大阪公演が現体制ラストライブに 9

    KIRINJIからコトリンゴが脱退 12月の大阪公演が現体制ラストライブに

  10. 『この世界の片隅に』を野外無料上映 今週末に銀座で『ねぶくろシネマ』 10

    『この世界の片隅に』を野外無料上映 今週末に銀座で『ねぶくろシネマ』