特集 PR

人間国宝・野村萬に聞く、伝統芸能とエンターテイメントの違い

人間国宝・野村萬に聞く、伝統芸能とエンターテイメントの違い

インタビュー・テキスト
浦野芳子
撮影:菱沼勇夫

「能・狂言」の世界は高尚でハードルが高い、「人間国宝」なんていったら、自分とは違う世界の話だと感じる人も多いと思う。が、テレビドラマや現代劇に出演したり、全国の小・中学校に「出張公演」している人間国宝の方もいると知ったら、少しは印象が変わるのではないだろうか。

能楽・和泉流狂言師で人間国宝の野村萬、御年84歳。代々続く野村万蔵家の長男に生まれ、幼少の頃から「家を継ぐ」ことに特別疑問を持つこともなく健やかに成長したと思いきや、大学進学の後は現代劇やテレビドラマなどにも出演。俳優という立場からも、表現における古典と現代の橋渡し役を行った一人。現在も子どもたち向けの公演を始め、古典芸能を初めて体験する人たちに門戸を開く活動を幅広く行っている。

この秋『東京発・伝統WA感動』のプログラムとして上演される、三番の名作狂言を集めた舞台『至高の芸、そして継承者~狂言』では、『舟渡聟(ふなわたしむこ)』で、息子(九世野村万蔵)、甥(野村万禄)とともに演じる野村萬。伝統の継承者として父から受け継いだことを、息子・甥へと継承していく中で、自らの生い立ちと、狂言をどのように捉えているのかを垣間見ることができた貴重なインタビューとなった。

「学ぶ」は「まねぶ」、つまり「真似る」こと。「芸」は身体で得たものが創造性の源になる。まさに「体得」という世界です。

―日本には様々な伝統芸能がありますが、そうした家に生まれると、その家を継ぐのが当たり前ということになると思います。(野村)萬さんもやはり子どもの頃からこの道を意識して生きてこられたのでしょうか。また、そういう家に生まれたことをどのように理解してこられたのでしょうか。

野村:うーん、思い返してみれば「家業を継ぐものと思わされてきた」と言うのが的確かもしれません。家では父と祖父が稽古をしていたり、お弟子さんが出入りしていたり、そういった環境の中で気がついたら私も稽古を始めていて。父からの指導はたいそう厳しいものでしたが……ひとたび舞台に出て拍手をいただくと、それはそれは晴れがましい気分になるんですよ(笑)。その快感を覚えています。

―「飴」と「鞭」ということですね(笑)。

野村:まさにそうです。そうこうしているうちに、狂言には「太郎冠者(たろうかじゃ)」という重要なキャラクターがあるということを知った。私の本名は「太良(たろう)」というのですが、物心ついた頃は「なんと平凡な名前をつけられたことか」なんて思っていましたよ。だって学校の教科書では、太郎さん、花子さんが代名詞として盛んに使われている。しかし、太郎冠者の存在を知ってからは本名と重ね合わせて、ああ自分はそういう定めの下に生まれてきたんだなと、思うようになりました。

野村萬
野村萬

―お父様(六世野村万蔵)の指導は相当厳しかったのですか?

野村:たとえるならば、檻に入れられているのと同じですね。子どもというのは自分の内側で何かを作りだし、自主的に考えて動くものではない。外からの刺激なり何なりを与えられることで動くわけです。「学ぶ」は「まねぶ」、つまり「真似る」こと。父は声と身体を使って、ひたすら私に真似をさせました。「芸」は頭や言葉で理解できるものじゃないんです。身体で得たものが創造性の源になる。まさに「体得」という世界です。

―日常生活なども厳しく指導されたのですか? たとえば姿勢を正しくしなさい、とか。

野村:「技術と人間性が合わさって芸になる」、これが父の口癖でした。舞台に立つ者は、どんな物語、どんな役柄を演じるのであってもそこに「美」を感じさせなくてはいけない。ですから日常の動作の中にこそ、動きの技術の基本がある、ということです。舞台用に応急処置でやってみせているような所作(身体の動き)では人を感動させることはできないのです。ですから、日常の動作をいかに無駄なく美しくするか、ということに常に気を配るようになりましたね。

青春時代が戦争の真っ只中で、反抗心も起ころうはずがなかった。ただ、カッコいいと思われたいとか、女の子にモテたいなんてことは当たり前にありましたけど(笑)。

―家督を継ぐということに対して、若い頃特有の反抗心が頭をもたげたりすることはなかったのでしょうか。

野村:中学校から高校時代にかけて、いわば青春時代が戦争の真っ只中で、勤労動員として工場や農耕地などいろんなところで働きました。世の中全体が飢えていた、そうした時代では反抗心も起ころうはずがなかったのかも知れません。ただ、カッコいいと思われたいとか、女の子にモテたいなんてことは当たり前にありましたけど(笑)。「総領の甚六」と言われる通りで(長男は大切に育てられるため、おっとりした子が多いという意)、私はのんびりしていてあまり欲がなかったのかも知れません。

―長男として「家」を継ぐ立場にある身として、1つ年下の弟・(野村)万作さんのことはどのように見て、感じてこられましたか。

野村:私は父に、弟は祖父に、狂言を教わりました。父と祖父の違い、つまり家督を継いだ者とすでに家督を渡した者との違いは大きいわけです。私は家督を継ぐ者として厳しく教育されました。それこそひっぱたかれることもしょっちゅう。祖父は弟に対してそこまではしませんでした。ですから弟は、ずいぶん大きくなるまで狂言の世界に入ろうとは思っていなかったようです。しかし、狂言の道を進むと決めてからは、私に早く追いつこうと人一倍頑張り、より自由な道を模索していました。

野村万作
野村万作

―自由な弟の姿をうらやましく思うことはなかったのでしょうか。

野村:自分と弟を比べることは無かったですね。私は父が作った道をひたすらに進むしかない。それが自分にとって自然なことだったんです。

Page 1
次へ

インフォメーション

東京文化発信プロジェクトとは

東京文化発信プロジェクトは、「世界的な文化創造都市・東京」の実現に向けて、東京都と東京都歴史文化財団が、芸術文化団体やアートNPO等と協力して実施している事業です。多くの人々が文化に主体的に関わる環境を整えるとともに、フェスティバルをはじめ多彩なプログラムを通じて、新たな東京文化を創造し、世界に発信していきます。

イベント情報

東京発・伝統WA感動『至高の芸、そして継承者~狂言』

2014年10月28日(火)OPEN 18:00 / START 18:30
会場:東京都 半蔵門 国立劇場 大劇場

和泉流『三番叟』(神楽式)
出演:
野村万作
野村萬斎
ほか

狂言 大蔵流『木六駄』
出演:
山本東次郎
山本泰太郎
山本則重
ほか

狂言 和泉流『舟渡聟』
出演:
野村萬
野村万蔵
ほか

料金:1等席6,000円 2等席4,000円 学生2,000円
主催:東京都、アーツカウンシル東京・東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)、東京発・伝統WA感動実行委員会

プロフィール

野村萬(のむら まん)

能楽師狂言和泉流、六世野村万蔵の長男として1930年に生まれる。1950年に四世野村万之丞を襲名。狂言のみならず現代演劇や前衛演劇に出演するほか、『おしん』や『翔ぶが如く』などテレビドラマにも出演。一方で小学校やホールでの公演も重ね、狂言の一般的普及に大きく貢献した。1993年に七世野村万蔵を襲名。1997年に重要無形文化財の各個認定(いわゆる人間国宝)。2000年に初世野村萬を名乗る。現在も多くの舞台で活躍し、後進の育成にも力を注いでいる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)