インタビュー

ネットで話題の宅録女子、ラブリーサマーちゃんの実態が明らかに

ネットで話題の宅録女子、ラブリーサマーちゃんの実態が明らかに

インタビュー・テキスト
小田部仁

このアルバムは私の生活を見てもらうというような意味合いもあります。

―“私の好きなもの”は掛け合いがあったり、振り付けもあったりして、アイドルソングっぽい作りになっていますね。

ラブサマ:これくらいバカらしい曲を作ってるときの方が振り切れて楽しいです。自分の内面と向き合って曲を書いていると、「語弊がないだろうか」とか「これで嫌な気持ちになる人はいないだろうか」とか、いろいろ考えちゃって苦しいんですけど、こういう曲は単純に作れるので。

―PVもかなり遊んでますよね。

ラブサマ:PVも、私がアイデアをたくさん出していて、「こういう女の子にこういうものを食べてほしい」って細かくディレクションしました。実際できあがったときには、素敵すぎて幻かよ、って思いましたね。

―ボーナストラックには、「串カツラブリーズ」という架空のアイドルユニットのライブ音源が入っていますし、アイドルポップに対する抵抗は特になく?

ラブサマ:ももクロ(ももいろクローバーZ)もAKB48も好きでよく聴いています。だからそういう曲はすぐ出てきますね。「串カツラブリーズ」は、頭に思い浮かべていたのは「TAKENOKO▲」というアイドルユニットなんです。彼女たちが大きくなって東京ドームで解散したら……というストーリーを想像して作りました。私、アイドルに提供曲をすごく作りたくて。自分の曲がファンの方々に愛されるのとか、ウキウキして楽しくなっちゃうし。でも、いい曲ができたら自分で歌いたくなっちゃうかもなあ(笑)。

―『#ラブリーミュージック』を聴いていると、音楽好きな女の子の日常を覗き見しているかのような感覚があって、背徳感すら持っちゃうんですよ。それは、ラブリーサマーちゃんが、日常の中のその時々で「これを書きたい、歌いたい」と思ったものをそのままアウトプットしているからなのかもしれない。

ラブサマ:このアルバムは私の生活を見てもらうというような意味合いもあるので、1曲目の“Intro”にはいろんな生活音を入れました。宮内優里さんの音楽からインスピレーションを受けて、ループものの曲をやってみたいと思って作ったんですけど、咳払いの音とか、椅子が軋む音もあえて入れて、アルバムの世界観、私の生活の中に入り込んでもらえるような内容にできればなって。

―自分の生活に招き入れる感じがありますよね。他に、どういう日常のシーンから歌が生まれたのか、具体的に説明できるものはありますか?

ラブサマ:“おやすみ”は、人と会った後に、「寒っ!」と思って書いた歌詞です。その人と話していた時間が、さようならが惜しくなるくらい楽しくて、その帰り道に電車を待ってたホームで書きあげました。歌詞は、日常のくだらないことをピックアップして書くか、“おやすみ”みたいに、「こういう気持ちなんだ」っていうのではなく、その気持ちを抱いたときの景色や風景を写真みたいに描きたいなと思ってます。

本当は私が早く大人にならなくちゃいけないのかもしれない。いくらラブリーサマーちゃんがいろいろやってくれても、歌詞に私自身がでてきちゃうから。

―言葉を選ぶ上で、自分に影響を与えてきたと実感する人はいますか?

ラブサマ:めちゃくちゃいますね。“ベッドルームの夢”は、スピッツをよく聴いていたときに作ったので、スピッツの世界観に引っ張られていった曲でもあるし、<ガソリンが燃える>という一節は、BLANKEY JET CITYの“ガソリンの揺れかた”を聴いて刺激を受けたもので。“ルミネセンス”の<くしゃみをしたときに一人は嫌だ>というのは、尾崎放哉の俳句の「咳をしても一人」が自分の頭にずっと残っていて、ふと歌詞としてこの言葉が出てきたり。“mis”を作ったときは、オトナモードとか、松任谷由実さんの“中央フリーウェイ”とかを聴いていました。この曲は、真面目な歌詞を書こうと思ったんですけど、なかなか書けなくてかなり苦労したんです。Cメロはどうしても思いつかなかったので、Twitterで「3文字の言葉を募集します」って公募して、送られてきた言葉の中からよさそうな言葉を選んでつなげました。

―そうやって影響を受けるものが多くても、一貫してラブリーサマーちゃんのオリジナリティーがあるのは、自分の生活の実感がちゃんと歌詞に含まれてるからだと思います。アルバムを通して「寂しさ」や「孤独」について歌われていると思うのですが、それはテーマとして意識しているものですか?

ラブサマ:どうなんでしょう……友達がいないことには危機感を感じているんです。普通、1人か2人くらい、いろんなものを共有できる友達がいると思うんですけど……私は、友達がなにかわからないというか、自分の中で「友達」のハードルがとても高いのかも。人と密な会話をするのが苦手なんですよね。一回きりの関係だったらいろいろ話せるんですけど、クラスメイトとかだと難しいなって思っちゃう。大勢の中で1人でいると、どうしたらいいのかわからなくなっちゃって困るんですよね。

―なるほど。そういった想いをラブリーサマーちゃんに託しつつ、ラブリーサマーちゃんがどこまで行ってくれるのか、少し引いたところから眺めてみたい?

ラブサマ:そうなんですけど、本当は私が早く大人にならなくちゃいけないのかもしれない。いくらラブリーサマーちゃんがいろいろやってくれても、歌詞に私自身がでてきちゃうのは避けられないし。人生がイージーモードで続くわけがないと思うので、これから痛い目もたくさん見て、いい曲をいっぱい書きたいと思います。

―来年1月11日にはワンマンライブがあります。このライブはバンドセットで臨むそうですね。

ラブサマ:そうなんです。私が作った曲をバンドメンバーのみんなが練習してきてくれているのが嬉しくて。このワンマンではまたいろいろ面白いことをやろうと思ってるんですよ。お母さんにフードと、あと「ラブリーマザーさん」という名義でクロージングDJもやってもらおうと思ってて。さっき言ってたフレンチポップの新曲とかも、ラブマザさんに音出ししてもらって、私がマイク持ってその前で踊ろうかなって(笑)。

―ちなみにお母さんは、ラブリーサマーちゃんの活動についてはなんて言ってるんですか?

ラブサマ:「あんたが楽しいと思えることがあってよかったね」って言ってくれてます。昔は両親ともとっても厳しかったんですけど、最近は私の活動を許容してくれていて、リリースしたCDもこっそり買ってくれたりしているみたいなので、応援してくれているんだと思います。嬉しいですね。

Page 3
前へ

リリース情報

ラブリーサマーちゃん『#ラブリーミュージック』
ラブリーサマーちゃん
『#ラブリーミュージック』(CD)

2015年11月11日(水)発売
価格:1,620円(税込)
バブリーサマー

1. Intro
2. はじめまして
3. ベッドルームの夢(L.p. edit)
4. 私の好きなもの
5. ルミネセンス
6. 笑い話(piano ver.)
7. mis
8. おやすみ

イベント情報

『新春ワンマン2016 -Band Set-』

2016年1月11日(月・祝)OPEN 17:00 / START 18:00
会場:東京都 渋谷 TSUTAYA O-nest
料金:前売2,800円(ドリンク別)

プロフィール

ラブリーサマーちゃん
ラブリーサマーちゃん

1995年生まれ 都内在住20歳の女子。2013年の夏より自宅での音楽制作を開始し、インターネット上に音源を公開。SoundCloudやTwitterを中心に話題を呼んだ。2015年9月9日には自身の単独名義で初となるCD『ベッドルームの夢e.p.』、11月11日にアルバム『#ラブリーミュージック』を発売。

関連チケット情報

2019年3月25日(月)
泉まくら/ラブリーサマーちゃん
会場:LIQUIDROOM(東京都)
2019年4月30日(火)
ラブリーサマーちゃん
会場:LIQUIDROOM(東京都)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『さよならくちびる』ショート予告

小松菜奈、門脇麦が出演する映画『さよならくちびる』のショート予告が公開された。「ハルレオ」が解散するという事実が冒頭で明かされ、その後の2人の歌唱シーンが余韻を残す。秦基博、あいみょんがそれぞれ作詞作曲、提供した“さよならくちびる”“たちまち嵐”の2曲も、この予告で聴くことが出来、青春×音楽×映画の新たな可能性を予感させる。劇場で「ハルレオ」の歌声を聴けるのが待ち遠しい。(野々村)

  1. NakamuraEmi、6年の大変化。自分の弱さを愛せるようになるまで 1

    NakamuraEmi、6年の大変化。自分の弱さを愛せるようになるまで

  2. 宮崎あおいの初料理本『世界をいただきます』刊行 欧州&中東&アフリカ編 2

    宮崎あおいの初料理本『世界をいただきます』刊行 欧州&中東&アフリカ編

  3. VaVaが語る、音楽家としての2つの転機 弱い自分もラップに変えて 3

    VaVaが語る、音楽家としての2つの転機 弱い自分もラップに変えて

  4. K-POPの日韓混合企画に注目。日本人4人擁するTREASURE13やJYPの新人企画 4

    K-POPの日韓混合企画に注目。日本人4人擁するTREASURE13やJYPの新人企画

  5. 平野紫耀×橋本環奈が恋愛頭脳戦 『かぐや様は告らせたい』実写映画化 5

    平野紫耀×橋本環奈が恋愛頭脳戦 『かぐや様は告らせたい』実写映画化

  6. NHK朝ドラ『なつぞら』主題歌はスピッツの新曲“優しいあの子” 6

    NHK朝ドラ『なつぞら』主題歌はスピッツの新曲“優しいあの子”

  7. 欅坂46・平手友梨奈がANREALAGEのコンセプト映像に出演、音楽は山口一郎ら 7

    欅坂46・平手友梨奈がANREALAGEのコンセプト映像に出演、音楽は山口一郎ら

  8. ベッキーがアンドロイド&麻雀クラブのママの2役 映画『麻雀放浪記2020』 8

    ベッキーがアンドロイド&麻雀クラブのママの2役 映画『麻雀放浪記2020』

  9. ウェブサイト「大杉漣記念館」が2月20日開設、コラムや写真などアーカイブ 9

    ウェブサイト「大杉漣記念館」が2月20日開設、コラムや写真などアーカイブ

  10. 吉岡里帆がNHK『LIFE!』登場、ムロツヨシや中川大志を翻弄&内村と2人芝居 10

    吉岡里帆がNHK『LIFE!』登場、ムロツヨシや中川大志を翻弄&内村と2人芝居